投稿する 投稿を見る 「アルバム掲示板」のダウンロード

I N Q U E S T - B B S


() が付いている項目は必ず記入してください。
画像ファイル 画像を選んでください
半角英数字 6-8 文字
パスワード ()
画像の題名
お名前 () お名前・メール等を保存
メール クッキーを削除
URL  
タイトル
メッセージ ()



各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

[438]
お名前:success 2019/5/26/(Sun) 08:09
つるりんどう さん

いつも更新楽しみにしています(^^)/
更新された『一夏の友情』の感想を書きます!

女子も含めて友達と遊びに行ったりするなど裕輔(勝)も
東京での人生がスタートしてるのですね!
(勝)の性格は性に積極的な肉食系ですし今や小倉裕輔の顔や身体が
ありますから、その気になりさえすれば女子にはもてそうですね!
((裕輔)ほどではないですが副作用の影響もありますしブレーキ
がかかって若干大人しくはなりそうですね(笑))

当方の体調についてお気遣いいただきありがとうございますm(__)m
去年の秋ごろから仕事が大変な状況ですが、「インクエスト」は土日祝日
毎回チェックさせていただき、更新された小説を楽しみに拝読させて
いただいております(^^)/

つるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!
[432] 『曰く付きのマイルーム』42話43話
お名前:あまがさ 2019/5/19/(Sun) 18:33
『曰く付きのマイルーム』42話43話

42話では、五か月半後の海斗のタイムリープに、故意に巻き込まれるかどうかの話題の続き。
友達をつれていくかどうかって、これ、人数を増やせば増やすほど難しいでしょ、色々と。
因果律もそうだけど、誰がどこにいるのかは、海音になった琉夏しかわからないですしね。
海音はどこにいるのでしょう?
問題は山積みですね。
まあ、まだ時間はあるし、何をどこまでやるのか楽しみにしています。

>「だって、海斗君があたしをあたしに戻してくれたんだよ?
>これくらいは当然だって!」

萌が海斗に感謝していることはわかっていましたけど、
あらためてはっきり言葉にされて、その感謝が大きいことはよくわかりました。
言葉だけでなく、戻れなかった場合の将来の話だとか、長年の親友のように接していましたし、なんだか今回のやりとりはいいですね。

43話
まず、西田健太の話題で思ったこと。
北海道では農家だったって、東京から北海道への引越しって、親が北海道出身で、里帰りでもしたってことなのかな?
何度か話題で書きましたが、萌から西田健太になって北海道へ、そして今回萌にもどって沖縄へ、
六年の時差とか、日本の北の端から南の端への移動とそこでの生活とか、本当にめまぐるしいですね。

>「萌は………西田さんに、心残りある?」

この質問での萌の答えも、偽らざる本音だろうし興味深かったです。

>もう男として就職することとか、彼女作ることとか、結婚することまで考えてたのに、今更女子中学生に戻っちゃうとはねー、本当に想定外だったな

やっぱり六年の積み重ねは大きかったみたいですね。
未練も思いいれも残っているし、向こうに西田健太として残してきた家族、友人、場合によっては彼女、なんてのもいたでしょうしね。
でも、改めて落ち着いて、じゃあ今一度どっちが良いって聞かれて、選択させられたら、萌はどうするのでしょう?
迷いや未練を感じながらも、萌に戻る選択を選んだ様な気はします。

そして、自分が西田健太として萌に会いに来た結果、

>あたしのせいで、このペンション周りの人たちがみんな別人になっちゃっているんでしょう?
>あたし……別に西田健太のままでも生きていけたのに……あたしの我儘な気持ちのせいで、こんなに多くの人たちに迷惑をかけちゃうなんて思わなかった

海斗が萌に色々状況を教えたために、萌はその事に気づいてしまった。
その事実はやっぱり重かったんだなとは思います。

>「萌、ダメ、そんな風に考えないで!!
>萌は悪くない、何も悪くないよっ!
>だって、悪いのは全て影の男性、アイツが悪いんだから!
>萌は何も気にしなくていいのよっ!!」

>あたしの胸の中で、萌が号泣する。
>そんな(背はあたしより高いけれど)小さく見える萌を見て、あたしは思った。
>萌があたしを支えてくれたように、あたしはあたしで萌を支えなきゃいけないってそう思ったんだ。

色々きつい展開でしたが、これは必要な話だったのだなとは思います。
萌も海斗もここを通過するからこそ、次にいけるのだろうとは思います。


『曰く付きのマイルーム』番外編1 7話

前回の優輝(星美空)から優菜(優輝)へのメッセージのやりとりはゾクゾクしました。
なので次の続きの話がどうなるのか、すごく楽しみでした。

>トイレットペーパーに書かれたメッセージはもちろん変わっていない。
>何だか、目を離した隙に、因果律とやらで、メッセージが消え失せているじゃないかってそんな気が少ししていたから、思わずホッとしてしまう。

君の名は。だと、ご丁寧に重要な文章やメッセージ、消えちゃうんですよねえ。
あそこまで強力でなくて良かった。(と言っておこうw)

>「星美空さんか、どんな子なんだろう?」

私、気になるんです!
冗談はともかく、近いうちに星美空さん(の器)も登場するでしょうし、楽しみにしています。
優菜(優輝)の返信を読んで、優輝(星美空)さんはどう思うでしょうね?
妹の中身がお兄さん、しかも今の自分の器の人だものねw


SS投稿用のシェアワールド掲示板に、南海での器選びIFの続き
南海での恋の告白、その裏で、リメイク版、投稿してみました。

向こうでも書きましたが、実際に沖縄の方言ってSSを書くとなるとなんか難しいですね。
ここから先は、琉夏はどんどん口調が方言になっていきますからね。
海斗とは、ものの考え方とか感じ方が違う話を書いてみたいけど、実際に書くとなると難しいですね。

あと、南海での恋の告白、その裏で、リメイク版を書くにあたって、やっぱり海、砂浜、その周りの環境が実際にどうなのか?
わからないので、想像で埋めていかないといけないからちょっと悩んだりしています。
沖縄に海の家ってあるのだろうか? なんてしょうもないこととかですね。
(あるらしいけど、本土の海の家と同じか違うか、どうなんだろう?)
ペンション以外の施設はどう設定されているのでしょう?
検索してみたら、恩納村だけでもいくつも砂浜があるみたいだし、ペンション以外はホテルもあるみたいだし。

リメイクのほうは、作中のあとがきでも書きましたが、元々器選びに巻き込まれなかった二人の視点で違和感を書く予定でしたが、
実際に巻き込まれた人たちの話が書いてみたくなったので、ちょっと手直しして書いてみました。
次回以降、少なくとも由香さんの話は書くつもりです。
由香さんに、いったい何があったのでしょうねw

それでは、今回はこれにて失礼します。
[437]  Re: 『曰く付きのマイルーム』42話43話
お名前: つるりんどう 2019/5/25/(Sat) 19:01
こんばんは、つるりんどうです。
先週末出張業務で潰れてしまいお待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m
二週間ほど変則更新となりそうです。。

>あまがささん
いつもご丁寧にご感想頂きまして本当にありがとうございますっ!!
シェアワールド掲示板へのご投稿も大感謝ですよっ!!(^^)/

> 『曰く付きのマイルーム』42話43話
> 42話では、五か月半後の海斗のタイムリープに、故意に巻き込まれるかどうかの話題の続き。
> 友達をつれていくかどうかって、これ、人数を増やせば増やすほど難しいでしょ、色々と。
> 因果律もそうだけど、誰がどこにいるのかは、海音になった琉夏しかわからないですしね。
> 海音はどこにいるのでしょう?
> 問題は山積みですね。
> まあ、まだ時間はあるし、何をどこまでやるのか楽しみにしています。

本編へのご感想、ご丁寧に書き込み頂きましてどうもありがとうございますっ!(^^)/
そうですね、人数を増やせるかという意味では、海音(琉夏)くらいが限界でしょうか?
誰になっているか分かりませんが、内地出身者になってしまっている可能性が高い(海音)は連れて行くのは……まず困難でしょうね。

さて、どこまで過酷な運命に対して抗えるでしょうか?(^^;

> 萌が海斗に感謝していることはわかっていましたけど、
> あらためてはっきり言葉にされて、その感謝が大きいことはよくわかりました。
> 言葉だけでなく、戻れなかった場合の将来の話だとか、長年の親友のように接していましたし、なんだか今回のやりとりはいいですね。

何せ、萌=自分自身にもなっていた(海斗)ですからね。
色々分かってくれている(海斗)に対してはあまり他人という感じがしないのもあって、普通の友達以上の存在には思ってくれていそうですね。(^^

> 43話
> まず、西田健太の話題で思ったこと。
> 北海道では農家だったって、東京から北海道への引越しって、親が北海道出身で、里帰りでもしたってことなのかな?
> 何度か話題で書きましたが、萌から西田健太になって北海道へ、そして今回萌にもどって沖縄へ、
> 六年の時差とか、日本の北の端から南の端への移動とそこでの生活とか、本当にめまぐるしいですね。

43話へもご感想頂きましてとっても感謝ですっ!!(^^)/
ご分析の通り、健太の父親が北海道出身で……いわゆる後継者問題というので、結局後を継ぐことにしたみたいですね。
北海道から沖縄へ移るとか、生活環境激変という感じになりそうです、、、
また六年間も北海道で男子中学生、男子高校生、大学生をやっていたというのは……人格の内面にも色々影響が残り続けることになりそうですね、、、

> この質問での萌の答えも、偽らざる本音だろうし興味深かったです。
> やっぱり六年の積み重ねは大きかったみたいですね。
> 未練も思いいれも残っているし、向こうに西田健太として残してきた家族、友人、場合によっては彼女、なんてのもいたでしょうしね。
> でも、改めて落ち着いて、じゃあ今一度どっちが良いって聞かれて、選択させられたら、萌はどうするのでしょう?
> 迷いや未練を感じながらも、萌に戻る選択を選んだ様な気はします。

色々ご考察いただきましてどうもありがとうございます
彼女はいなかったようですが、未練も思い入れも残っているのは間違いないでしょうね。
もちろん、萌にとって、萌としての人生の方がまだ倍ほど長いですし、ご分析の通り、萌を捨てるというのはなかったのでしょうが。(^^;

> そして、自分が西田健太として萌に会いに来た結果、
> 海斗が萌に色々状況を教えたために、萌はその事に気づいてしまった。
> その事実はやっぱり重かったんだなとは思います。

そうですね。
萌にとっては思い切って萌の存在を確かめに沖縄に来たおかげで元に戻れた訳ですが、周囲の人たちは萌が来なければ、『器選び』に巻き込まれることもなかった訳ですからね。

(裏事情が分かっていない以上)萌に対してどうこう言う人はいないでしょうが、萌が何も感じずにいるという訳には(彼女の性格的にも)いきませんよね。(−−;

> 色々きつい展開でしたが、これは必要な話だったのだなとは思います。
> 萌も海斗もここを通過するからこそ、次にいけるのだろうとは思います。

ええ、琉夏(海斗)が何も言わなかったとしても、萌が真実にたどり着く可能性はありましたし、いずれ向き合わないといけないことであれば、今向き合っておくのがベストでしょうね。

>『曰く付きのマイルーム』番外編1 7話

番外編へもご感想頂きとっても感謝ですっ!!m(_ _)m

> 前回の優輝(星美空)から優菜(優輝)へのメッセージのやりとりはゾクゾクしました。
> なので次の続きの話がどうなるのか、すごく楽しみでした。

改めましてどうもありがとうございますっ!
優輝はまだ挨拶程度のことしか書いていませんので、ストーリーが大きく動かずすみません、、、

> 君の名は。だと、ご丁寧に重要な文章やメッセージ、消えちゃうんですよねえ。
> あそこまで強力でなくて良かった。(と言っておこうw)

ありましたね。(^^;
まあ、影の男性は、物理的な事象については干渉していないようなので……多分大丈夫なのでしょう?(汗

>>「星美空さんか、どんな子なんだろう?」
> 私、気になるんです!
> 冗談はともかく、近いうちに星美空さん(の器)も登場するでしょうし、楽しみにしています。
> 優菜(優輝)の返信を読んで、優輝(星美空)さんはどう思うでしょうね?
> 妹の中身がお兄さん、しかも今の自分の器の人だものねw

千反田えるですか! いいですね。
(愛莉あいりも何とかせねば……)

さすがの美空も自分の入った器の人とは予想外でしょうね、、、
自分が器を奪ってしまったような形になって、申し訳なく思ってしまうのかもしれません、、、
さて、美空の器、どんな子なのでしょうね?

いずれ出てきますので、またどうぞお楽しみに!

> SS投稿用のシェアワールド掲示板に、南海での器選びIFの続き
> 南海での恋の告白、その裏で、リメイク版、投稿してみました。

シェアワールド掲示板への書き込み、本当にありがとうございますっ!!
感謝感激ですよっ!(^^)/

琉夏についても、色々ドキドキな展開でいいですね!(*^^*)
やはり胸は邪魔になってきますよね、彼女・パートナーとしてはいいかもしれませんが……自分のものとなると(笑
体、性別はもちろんですが、方言も結構ツボだったりします(なので、色々の地方の話を書くのは楽しいです)
なお身長はそれくらいですよ。(^^

> 向こうでも書きましたが、実際に沖縄の方言ってSSを書くとなるとなんか難しいですね。
> ここから先は、琉夏はどんどん口調が方言になっていきますからね。
> 海斗とは、ものの考え方とか感じ方が違う話を書いてみたいけど、実際に書くとなると難しいですね。

若い世代は結構標準語に近づきつつあるのでしょうが、それでも方言混じったうちなーやまとぐちも結構あって、やはり難しいですね、、、
おばあは登場させると会話関係かなりきついです(苦笑

方言で書くなら、一番楽なのは関西弁ですからね(当然)
まあ、神戸の方の関西弁なので、微妙な違いはあります(しとぅ、やっとぅ)。

そういえば、番外編で福島の子を登場させましたが、本当はもう少し北の方の方言をやってみたかったりもします。

> あと、南海での恋の告白、その裏で、リメイク版を書くにあたって、やっぱり海、砂浜、その周りの環境が実際にどうなのか?
> わからないので、想像で埋めていかないといけないからちょっと悩んだりしています。
> 沖縄に海の家ってあるのだろうか? なんてしょうもないこととかですね。
>(あるらしいけど、本土の海の家と同じか違うか、どうなんだろう?)

私はビーチに面した沖縄の民宿に二度ほど泊まったことがありますが、ほぼ地元住民と民宿の客独占のプライベートビーチだったので、海の家という感じのものはありませんでした。
まあ、民宿の食事処で……それっぽいのを食べられるという感じで。

もう少し観光地的なところだと、違うのでしょうが……そういうところは逆に行ったことがなかったりで……ちょっと分からないですね、、、(^^;

まあ、ただプライベートビーチ的なところは静かでいいです。
観光客も、民宿に泊まっている観光客だけですしね。

> ペンション以外の施設はどう設定されているのでしょう?
> 検索してみたら、恩納村だけでもいくつも砂浜があるみたいだし、ペンション以外はホテルもあるみたいだし。

設定としては、ホテルがいくつか並んでいるエリアからは外れている感じですかね。

海沿いの二車線道路に、ペンション、民宿がいくつか、民家はそこそこ。
観光客向けのカフェとコンビニ程度は道路沿いにあるけれど、大きい商業施設やホテルは近くにない感じです。
作中、架空の中学校を設定していましたが、その名前にある通り、恩納村の南の方ですので、地図からも雰囲気が分かるかなと。
(ただ、南の方は街中を除いてコンビニがほぼないので、設定と狂いが出るのですが、架空の話なので、その辺はご容赦を)

恩納村、一度だけ高速バスで那覇から行ったことがありますが、大きいホテルならともかく……泊まるところがバス停からかなり距離があって、大変でした。

> リメイクのほうは、作中のあとがきでも書きましたが、元々器選びに巻き込まれなかった二人の視点で違和感を書く予定でしたが、
> 実際に巻き込まれた人たちの話が書いてみたくなったので、ちょっと手直しして書いてみました。
> 次回以降、少なくとも由香さんの話は書くつもりです。
> 由香さんに、いったい何があったのでしょうねw

こちらもとってもよかったです!!(*^^*)
器選びに巻き込まれたメンバーが色々見えてきて、ドキドキしますねっ!
幼馴染の健太郎、まさか君は……という感じで、続きを楽しみにしております。
まあ、器の中身を考えると、人間関係が更にややこしいことになってきそうです。

影の男性的には大歓迎なことなのでしょうけれど(滝汗

由香さんのお話、楽しみにしておりますね!(^^)/

> それでは、今回はこれにて失礼します。

どうもありがとうございますっ!!
二週間ほど暫く変則更新になりそうですが、急遽予定変更になる可能性もありそうですので、ご了承頂けますと幸いですよ。

それでは、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!
[431] 『曰く付きのマイルーム』42&43話&番外編1 7話
お名前:りゅうじん https://twitter.com/mint_rin2019/5/18/(Sat) 22:08
今回も本編と番外編の一挙更新お疲れ様でした!

42話では、萌が萌としてどういった人生を送るつもりなのかが見えてきました。大学生になったら親元を離れて東京に出るのも萌らしい選択に思えます。
その前に、5ヶ月後に本当に東京に行くかはその頃に元海斗君がまだ海斗に戻るつもりがあるのかが1つのポイントでしょうか。今の調子で琉夏に同調を続けていたら、5ヶ月も経つ頃にはすっかり戻る気がなくなっている可能性も。そうなると、高校卒業後は萌と東京でルームシェアをする可能性も高いんじゃないでしょうか。ただ、今の琉夏は元に戻るのか諦めるのか、で手一杯になってそうです。この辺りの決断をするのはまだまだ時間がかかりそうです。

43話では、西田健太だった萌にスポットが当てられました。萌自身があまり気にしていないように思えましたが、実際には6年という月日は萌が西田健太に染まり切るのに十分な時間だったのでしょうか。萌としては本来の自分に戻れたので悪くない選択ではあったと思いますが、それでも西田健太としての心残りがしばらく彼女を悩ませるのでしょう。
さらに、自分が沖縄に来たせいで影の男性が顕現した可能性にも気づいてしまいました。影の男性が全ての元凶であることは確かだとしても、結局は一介の女子中学生である萌にとっては重い現実であるように感じます。
元海斗君改め琉夏と萌、同じ沖縄の女子中学生になった2人の関係は切っても切れない物になっていく気がします。そもそも、こんなことを相談出来る相手がお互い以外にいませんから……


番外編では優輝と優奈のやり取りがいよいよ本格化していきそうです。しかし、優輝と優奈以外、本当の本庄家や星家の家族と連絡を取るのはやはり厳しい状況であると思います。今の本庄家の両親がトイレットペーパーを見てなんらかのアクションをする可能性はあるかもしれませんが、どこに行ってしまったのか検討のつかない本当の家族にメッセージを伝えることは、偶然出会って因果律の縛りを回避してやり取りをする、くらいの幸運が無いと難しいのではないでしょうか。まずは兄妹2人でどうにかやり取りを行い、そこから本当の家族を探す。残された時間がほとんど無い中で、2人がどういった行動を取るのか楽しみです。
[436]  Re: 『曰く付きのマイルーム』42&43話&番外編1 7話
お名前: つるりんどう 2019/5/25/(Sat) 19:01
こんばんは、つるりんどうです。
先週末は仕事で潰れ、お待たせしてしまってごめんなさい、、、m(_ _;m

>りゅうじんさん
いつもご丁寧にご感想頂きまして本当にありがとうございますっ!!(^^)/
スケジュールが少し厳しくなってきていますが、おかげさまで執筆パワーをしっかり充填させて頂いておりますよっ!

> 今回も本編と番外編の一挙更新お疲れ様でした!

こちらこそ、本編・番外編ともご感想頂きうれしい限りですっ!!
とっても感謝ですよっ!

> 42話では、萌が萌としてどういった人生を送るつもりなのかが見えてきました。大学生になったら親元を離れて東京に出るのも萌らしい選択に思えます。
> その前に、5ヶ月後に本当に東京に行くかはその頃に元海斗君がまだ海斗に戻るつもりがあるのかが1つのポイントでしょうか。今の調子で琉夏に同調を続けていたら、5ヶ月も経つ頃にはすっかり戻る気がなくなっている可能性も。そうなると、高校卒業後は萌と東京でルームシェアをする可能性も高いんじゃないでしょうか。ただ、今の琉夏は元に戻るのか諦めるのか、で手一杯になってそうです。この辺りの決断をするのはまだまだ時間がかかりそうです。

海斗よりもしっかりしていて頭もいい萌ですから、やはりそういう拘りはあるでしょうね。

五か月後は……ご指摘の通り、琉夏との同調の影響に加えて、リスクの高さもあって、迷いも大きくなってきていそうです、、、
元に戻れなければ、ルームシェアするという未来はかなり高い確率でありそうですが……さてどうなりますでしょうか?(^^;

> 43話では、西田健太だった萌にスポットが当てられました。萌自身があまり気にしていないように思えましたが、実際には6年という月日は萌が西田健太に染まり切るのに十分な時間だったのでしょうか。萌としては本来の自分に戻れたので悪くない選択ではあったと思いますが、それでも西田健太としての心残りがしばらく彼女を悩ませるのでしょう。

影の男性に元に戻れる選択肢を示されたときは、元の自分への未練や勢いもあって、そのまま萌の器に入ってしまいましたが、やはり冷静になってみると西田健太としての自分が元にとってもとても大きいものになっていたのに気が付かされてしまったのでしょうね。
記憶はそのままにされている訳ですし、ご指摘の通り、暫くは西田健太だったときのことを夢見たりして、悩まされそうです、、、(−−;

> さらに、自分が沖縄に来たせいで影の男性が顕現した可能性にも気づいてしまいました。影の男性が全ての元凶であることは確かだとしても、結局は一介の女子中学生である萌にとっては重い現実であるように感じます。

ええ、人格的には、大学生程度には成長もしているのでしょうが、あまりにも他人の人生に与えた影響が大き過ぎますからね、、、
もちろん、周囲で『器選び』に巻き込まれた人たちは、萌のことを(西田健太になった)一人を除いて知らないのですけど。。

> 元海斗君改め琉夏と萌、同じ沖縄の女子中学生になった2人の関係は切っても切れない物になっていく気がします。そもそも、こんなことを相談出来る相手がお互い以外にいませんから……

そうですね!(^^
萌も元に戻ったといっても、六年間の男性としての記憶は消えていない訳ですし、他人の人生も抱えた経験もあるという特殊過ぎる事情を深く理解してくれるのは、一人だけな訳ですからね。
おそらく一生続く関係になりそうです。

> 番外編では優輝と優奈のやり取りがいよいよ本格化していきそうです。しかし、優輝と優奈以外、本当の本庄家や星家の家族と連絡を取るのはやはり厳しい状況であると思います。今の本庄家の両親がトイレットペーパーを見てなんらかのアクションをする可能性はあるかもしれませんが、どこに行ってしまったのか検討のつかない本当の家族にメッセージを伝えることは、偶然出会って因果律の縛りを回避してやり取りをする、くらいの幸運が無いと難しいのではないでしょうか。まずは兄妹2人でどうにかやり取りを行い、そこから本当の家族を探す。残された時間がほとんど無い中で、2人がどういった行動を取るのか楽しみです。

番外編につきましてご感想頂きましてどうもありがとうございますっ!!m(_ _)m

ご指摘の通り、二人とも自分の本来の家族と連絡を取るのは相当厳しいでしょうね。
はたして、(美空)が何かいい方法を見つけ出してくれたりするのでしょうか?
因果律の縛りがある以上、意図的に接触はできない訳ですし……(直接的な方法で)互いに相手が誰か確かめることが不可能な以上、本当に難しいことだと思います。

まずは、(美空)と(優輝)がどうしていくかですが、そこもしっかり書いていきたいと思います。

二週間ほど、出張移動が週末に入ったりするなどで変則的な更新となりそうですが、どうぞよろしくお願い致しますねっ!m(_ _)m
[430]
お名前:success 2019/5/18/(Sat) 21:22
つるりんどう さん

いつも更新楽しみにしています(^^)/
更新された『一夏の友情』や様々な小説を
楽しみに拝読させていただいております。

当方、仕事が忙しくまた体調を崩し気味で
今回のような簡単な感想となりますが、
毎回、土日祝日には「インクエスト」を楽しみに
チェックさせていただいております(^^)/

つるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってくださいね!
[435]  Re:
お名前: つるりんどう 2019/5/25/(Sat) 19:00
こんばんは、つるりんどうです。
先週末は出張業務がありましたもので遅くなりましてごめんなさい、、、m(_ _;m
移動日と振替休日の関係で暫く変則的更新になりそうです。。

>successさん
お仕事でお忙しい中、書き込み頂きまして大変感謝ですっ!!(^^)/

> いつも更新楽しみにしています(^^)/
> 更新された『一夏の友情』や様々な小説を
> 楽しみに拝読させていただいております。

どうもありがとうございますっ!!m(_ _)m
『一夏の友情』の更新がやや停滞気味になっておりまして申し訳ないです、、、
他シリーズとのバランスを何とか保たなければとは思っているのですが……また少しペースは戻していくつもりですので、少しお待ち下さいませね。

> 当方、仕事が忙しくまた体調を崩し気味で
> 今回のような簡単な感想となりますが、
> 毎回、土日祝日には「インクエスト」を楽しみに
> チェックさせていただいております(^^)/

体調を崩されているとのこと、心配です!
どうぞご無理はなさいませんよう、ご自愛下さいませね!!
更新で少しでもストレス解消に役立てましたなら幸いですよ。

> つるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってくださいね!

はい、いつも応援頂きましてとっても感謝ですっ!
今回の更新では『一夏の友情』の続編もありますので、どうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[426] 『曰く付きのマイルーム』IFを書いてみました
お名前:あまがさ 2019/5/12/(Sun) 13:02
つるりんどうさん、こんにちはあまがさです。

今回は『曰く付きのマイルーム』シリーズの舞台や設定を使ったIF話を書いてみました。
SS投稿用のシェアワールド掲示板に投稿してみたので、良かったら読んでみてください。

わりと原作の引用や(堂々と言えないがコピペ)なども使ってますので、あまり誇れる内容ではないですけどね。
でも、ちょこちょこっと、ここを変えてみたらどうなるんだろう?
なんて思ったりしたことを形にしてみたので、書いていて結構面白かったです。
他人が見て面白いと思うかどうかは、また別ですけどね。
もし不快におもわれたのならごめんなさいです。

曰く付きのマイルームの原作では、海斗が影の男に、琉夏か海音の二人のうちどちらかを選ばなければ、二人とも男子大学生が中に入る。
みたいな感じなことを言われていた(誘導されていた)ので、それに逆らったらどうあっていたんだろう?
みたいな発想から、IFを思い立ちました。
もちろん、つるりんどうさん本人が、巨乳好きの大学生などを設定しているだろうから、それとは別キャラなんですけどね。
いずれ、つるりんどうさん版の、大学生キャラも見てみたいですね。
それでは今回はこれにて失礼します。
[428]  Re: 『曰く付きのマイルーム』IFを書いてみました
お名前: つるりんどう 2019/5/12/(Sun) 19:39
こんばんは、つるりんどう@関東です。

>あまがささん
> つるりんどうさん、こんにちはあまがさです。

いつも書き込み頂きまして大変感謝ですっ!!m(_ _)m

> 今回は『曰く付きのマイルーム』シリーズの舞台や設定を使ったIF話を書いてみました。
> SS投稿用のシェアワールド掲示板に投稿してみたので、良かったら読んでみてください。

おおおっ、『曰く付きのマイルーム』の舞台、設定をご活用頂き、二次創作頂きまして本当にうれしく思いますっ!
作者冥利に尽きる思いですよっ!!(^^)/

> わりと原作の引用や(堂々と言えないがコピペ)なども使ってますので、あまり誇れる内容ではないですけどね。
> でも、ちょこちょこっと、ここを変えてみたらどうなるんだろう?
> なんて思ったりしたことを形にしてみたので、書いていて結構面白かったです。
> 他人が見て面白いと思うかどうかは、また別ですけどね。
> もし不快におもわれたのならごめんなさいです。

いえいえ、影の男性は、結構癖のある言動ですし、よくキャラクターを掴んで頂いているかと思いますよっ!!
そして、本編でも少し触れましたが、影の男性は色々な分岐をシミュレートしているようなところもありますので、今回書いて頂いた内容(男子大学生→琉夏)は、影の男性がシミュレートしたものという感じで、とてもしっくりきました。(^^
(海斗)は、影の男性によって(男性)意識を少し取り戻していましたが、まだまだ萌の影響も大きく、やはりいきなり男性から琉夏の女子の器に入ってしまったケースの方が、(男性)としてはおいしい展開でしょうね!(*^^*)

また、優一と久美の二人は、番外編としてしっかり楽しめました!
こちらは『器選び』回避組ですので、影の男性のシミュレートとは関係なく、お話が展開できますね。
巻き込まれた仲間内では色々起きているようですが……回避組の二人は、それに気付くことができるのでしょうか?(^^;

> 曰く付きのマイルームの原作では、海斗が影の男に、琉夏か海音の二人のうちどちらかを選ばなければ、二人とも男子大学生が中に入る。
> みたいな感じなことを言われていた(誘導されていた)ので、それに逆らったらどうあっていたんだろう?
> みたいな発想から、IFを思い立ちました。

本当にどうもありがとうございます!!
時空を操る影の男性ですから、(上にも書きましたが)あまがささんが書かれたような展開もシミュレート済みだったのでしょうね。
まさにばっちりな展開でした!(^^)/

> もちろん、つるりんどうさん本人が、巨乳好きの大学生などを設定しているだろうから、それとは別キャラなんですけどね。
> いずれ、つるりんどうさん版の、大学生キャラも見てみたいですね。
> それでは今回はこれにて失礼します。

ご配慮とっても感謝ですっ!
番外編で男子大学生も書く予定ですので、また余裕ができ次第書いていければと思いますっ!
また、もしあまがささんのIFを思い浮かべられましたら、ご投稿頂けますと幸いです!(^^)>

それでは、今晩も本編、番外編とも更新していければと思いますので、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!m(_ _)m
[425] 『曰く付きのマイルーム』41話&番外編1 6話
お名前:りゅうじん https://twitter.com/mint_rin2019/5/10/(Fri) 19:36
GWの更新お疲れ様でした!

本編と番外編の更新がありましたが、今回のお話はどちらも『器選び』の核心に迫ってきましたね!

まずは本編の方で。
さすが、本来の器に戻った萌は元々の聡明さを取り戻していますね。まあ、その過程で元海斗君が萌の身体でオナニーをしていたことなども思い出してしまったようですが、その辺は萌本人が気にしていないので良しとしておきます。

それにしても、5ヶ月後の時空、本来の海斗君がいた部屋に行ってわざと影の男性の顕現に巻き込まれるとは、大胆な作戦です。しかし、影の男性があの部屋でやっていたサンプリングのことを考えると、萌の言っていたとおりかなりリスキーな行為な気がします。元の海斗の魂と一緒に、今の琉夏の魂がタイムリープしてしまった場合はどうなるんでしょうか。萌の身体は1つしか無いので、最悪の場合影の男性が作品中でも発言していたように、「あなたはこの世界から消え失せることになるのです」なんてことも。あとは海斗の身体に入ったであろう、未来の人物の魂も飛んできてしまうことを考えると、更に事態は複雑に。あとは影の男性が琉夏の器選びを許さない可能性すらありそうです。そもそも他人の器に入らなければいけない、というルール自体が影の男性が面白がってやっているように見えますし。
元海斗君な琉夏は、そして萌はどのような決断をするのでしょうか。一読者としては、余計なことをして影の男性がより迷惑なことをしてきそうなので何もしないで琉夏としての人生を全うした方が幸せなんじゃないかな、と思います。


そして番外編。現優輝君な元星美空さんの機転により、物語が一気に動きました!味方を探していた優奈にとっては願ってもない事態でしょう。一人きりの場での独り言が許されるなら、一人きりで星美空になりきって書いた文章も許される。元美空さん、よく思いつきましたね。とはいえ作中でも確かに部屋の落書きとして最初から提示されていました。これは読者としては盲点でした。
元美空さんからのメッセージを受け取った元優輝君。本人も驚いていましたが、同い年の2人なんですね。そういえば、『器選び』の主人公君も、元海斗君も、性別はともかく年齢の近い器を志望していました。性別と年齢は、自分の新しい人生を決めるにあたって重要な要素、ということでしょう。もっとも、影の男性の誘導により必ずしも希望通りとはいかないようですが。

本物の優輝と美空の間で、なんとか意思の疎通が出来そうな感じになっていますが、まさか毎回トイレットペーパーを使うわけにもいかないでしょう。家に帰った後は、日記帳などを使うことも出来るのでしょうか。ただ、優奈が日記を書いた場合優輝にそれを見せるなんてことはまず無いでしょうから、因果律のルールを回避できるのかは微妙です。

ところで、この因果律に縛られるというルールも捉えようによってはまだまだ奥が深そうです。例えば、影の男性も「新生本庄優奈さん」といった発言をしています。今の優奈が優奈としての自分自身を完全に受け入れたら、それはもはや完璧に優奈である、と言ってもいい気がします。自分自身が優奈になったのだから、これからの優奈としての行動は自分で決めることも出来そうです。それこそ、「優奈として優輝のように振る舞う(ものまね?演技?どちらでも良さそうです)」ことにより今の優輝と直接コミュニケーションが出来る可能性も。
元優輝君と、元美空さんのやり取りについては今後の番外編で語られていくようなので、これ以上の考察は控えますが2人がどのようにやり取りをしていくのか楽しみです。

ところで、美空さんが中学生ということを考えると、星家も本庄家と同じく家族旅行だったんでしょうか。優奈達だけでなく、ここにもバラバラになってしまった家族がいるとは。あまがささんの感想の中でも触れられていましたが、今の美空の中にはどうやら今まで出てきた人物が入っているようで。どちらが入っていたとしても、年齢が近い同性ということで、本庄兄妹や琉夏と違って順応するのも早そうです。

それにしても、今回の器選びは666フィートと範囲が広いだけあって被害者(?)の人数もかなり多いですね。本物の萌が沖縄に来なければこんなことには(笑)
例の女子大生になったであろう男性もおりますし、『器選び』シリーズは色々なシチュエーションが楽しめますね!

さて、物語の核心に迫っていたら長くなってしまいました。次回の本編、番外編の更新ともに楽しみにしています。
[427]  Re: 『曰く付きのマイルーム』41話&番外編1 6話
お名前: つるりんどう 2019/5/12/(Sun) 19:21
こんばんは、つるりんどう@関東です。
お待たせしてしまいごめんなさいっ!m(_ _;m

>りゅうじんさん
> GWの更新お疲れ様でした!

いえいえ、こちらこそいつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝ですよっ!!(^^)/
おかげさまで出張中も何とかペースを維持できておりますっ!

> 本編と番外編の更新がありましたが、今回のお話はどちらも『器選び』の核心に迫ってきましたね!

そうですね。
作者側としても書きたくてうずうずしていた展開ですので、ようやく書けたという感じです。(^^

> まずは本編の方で。
> さすが、本来の器に戻った萌は元々の聡明さを取り戻していますね。まあ、その過程で元海斗君が萌の身体でオナニーをしていたことなども思い出してしまったようですが、その辺は萌本人が気にしていないので良しとしておきます。

本編のご感想どうもありがとうございますっ!m(_ _)m
そうですね。同調することで、西田健太化していた人格からだいぶ萌側に戻ってきているようです(少なくとも表面上は)。
オ○ニーについても、本人自身が(男)の性欲を知ってしまっていますから……まあ、普通の(女の子)のように海斗に対して毛嫌いすることもないのでしょうね、、、(^^;

> それにしても、5ヶ月後の時空、本来の海斗君がいた部屋に行ってわざと影の男性の顕現に巻き込まれるとは、大胆な作戦です。しかし、影の男性があの部屋でやっていたサンプリングのことを考えると、萌の言っていたとおりかなりリスキーな行為な気がします。元の海斗の魂と一緒に、今の琉夏の魂がタイムリープしてしまった場合はどうなるんでしょうか。萌の身体は1つしか無いので、最悪の場合影の男性が作品中でも発言していたように、「あなたはこの世界から消え失せることになるのです」なんてことも。あとは海斗の身体に入ったであろう、未来の人物の魂も飛んできてしまうことを考えると、更に事態は複雑に。あとは影の男性が琉夏の器選びを許さない可能性すらありそうです。そもそも他人の器に入らなければいけない、というルール自体が影の男性が面白がってやっているように見えますし。

ご考察頂きましてうれしく思いますっ!
そうですね。うまく魂が飛ばされたとして、その後、どうなるかがまるで読めません。
サンプリングした影の男性は、(海斗)をタイムリープさせていた訳ですが、もしそこに琉夏(海斗)がいた場合どうなるのか?
ご指摘のように、一緒にタイムリープされてしまった場合は、器に入れなくて、消滅の危機に晒されてしまう可能性も高いのですよね、、、

また、海音(琉夏)や誰かさん(海音)も一緒にいた場合、一体どんなことになるのでしょう?
少なくとも影の男性がすんなりと全員を元に戻すとは思えないですし……リスクはかなりのものだと思います(滝汗

> 元海斗君な琉夏は、そして萌はどのような決断をするのでしょうか。一読者としては、余計なことをして影の男性がより迷惑なことをしてきそうなので何もしないで琉夏としての人生を全うした方が幸せなんじゃないかな、と思います。

ですね。
影の男性のことを考えると、それが一番無難なことではあると思います。
ただ、(海斗)君は諦めきれないのでしょうね、、、(−−;
何せ元の身体だったのは、まだ一日と少し前のことですし……。


> そして番外編。現優輝君な元星美空さんの機転により、物語が一気に動きました!味方を探していた優奈にとっては願ってもない事態でしょう。一人きりの場での独り言が許されるなら、一人きりで星美空になりきって書いた文章も許される。元美空さん、よく思いつきましたね。とはいえ作中でも確かに部屋の落書きとして最初から提示されていました。これは読者としては盲点でした。

番外編へもご感想頂きましてとっても感謝ですっ!!(^^)/
本当に(美空)は『できる子』ですね!
ただ因果律に縛られるがまま、今の自分らしく生きていくというのが今の彼らにとって一番楽なのでしょうが、やはり、家族とバラバラになってそんな風に生きていくなんて、真面目な彼女には考えられないのでしょうね。
トイレットペーパーにメッセージを書いて、優奈に協力を求めてきた訳ですが、さて二人は事態を変えていくことができるのでしょうか!?

> 元美空さんからのメッセージを受け取った元優輝君。本人も驚いていましたが、同い年の2人なんですね。そういえば、『器選び』の主人公君も、元海斗君も、性別はともかく年齢の近い器を志望していました。性別と年齢は、自分の新しい人生を決めるにあたって重要な要素、ということでしょう。もっとも、影の男性の誘導により必ずしも希望通りとはいかないようですが。

やはり、中学生、高校生たちからすると年齢が少しでも違うというのは大きいのかもしれません。
進学や就職のこともありますし、大事な青春時代の長さも変わってしまう訳ですからね。

小学生くらいだとお兄さんお姉さんに純粋に憧れたりもするのでしょうが、中高生はもう少し現実的なのかもしれません。
まあ、高三くらいだとやり直したいという思いにかられる人も出てきそうですが……。

あと、ご指摘の通り、影の男性の誘導もだいぶ効いていそうですね。
(優輝)は優奈の危機を伝えられなければ、年下の(妹である)優奈になろうとは思わなかったでしょうし、、、(^^;

> 本物の優輝と美空の間で、なんとか意思の疎通が出来そうな感じになっていますが、まさか毎回トイレットペーパーを使うわけにもいかないでしょう。家に帰った後は、日記帳などを使うことも出来るのでしょうか。ただ、優奈が日記を書いた場合優輝にそれを見せるなんてことはまず無いでしょうから、因果律のルールを回避できるのかは微妙です。

難しいところですね。
ご指摘の通り、日記帳は……元々兄妹で交換日記でもしていたのなら可能かもしれませんが、あの兄妹関係で、そんなことはあり得ませんし……色々方法を考え直さないといけないのかもしれません、、、(−−;

> ところで、この因果律に縛られるというルールも捉えようによってはまだまだ奥が深そうです。例えば、影の男性も「新生本庄優奈さん」といった発言をしています。今の優奈が優奈としての自分自身を完全に受け入れたら、それはもはや完璧に優奈である、と言ってもいい気がします。自分自身が優奈になったのだから、これからの優奈としての行動は自分で決めることも出来そうです。それこそ、「優奈として優輝のように振る舞う(ものまね?演技?どちらでも良さそうです)」ことにより今の優輝と直接コミュニケーションが出来る可能性も。

色々ご分析頂きましてありがたいです!(^^)/
そうですね。
優奈としての因果律に縛られたまま、暫く過ごすことで、新生優奈として行動を起こしていくこともいずれ可能にはなりそうですが、問題はそれまでの自分とあまりにも変わり過ぎることはできなさそうですので、少しずつ何らかの布石を打っておく必要はあるのでしょうね!(^^

> 元優輝君と、元美空さんのやり取りについては今後の番外編で語られていくようなので、これ以上の考察は控えますが2人がどのようにやり取りをしていくのか楽しみです。

はい! どうもありがとうございますっ!
また、海水浴もありますから、少しばかりメッセージのやり取りを本格的に始めるまでに時間がかかりそうですが、しっかり二人のやり取りを書いていきたいと思います!

> ところで、美空さんが中学生ということを考えると、星家も本庄家と同じく家族旅行だったんでしょうか。優奈達だけでなく、ここにもバラバラになってしまった家族がいるとは。あまがささんの感想の中でも触れられていましたが、今の美空の中にはどうやら今まで出てきた人物が入っているようで。どちらが入っていたとしても、年齢が近い同性ということで、本庄兄妹や琉夏と違って順応するのも早そうです。

はい、またもバラバラになってしまった家族が出てしまいました。
もっとも優輝(美空)は、それを甘んじて受け入れるつもりはないようですね!

あと、年齢が近く、同性というのは大きいでしょうね。(^^
あとは生活環境の違いが気になってくるところぐらいでしょうか?

> それにしても、今回の器選びは666フィートと範囲が広いだけあって被害者(?)の人数もかなり多いですね。本物の萌が沖縄に来なければこんなことには(笑)

影の男性が顕現するきっかけを作ってしまったという意味では、まさにその通りなのですが、そもそも影の男性が面白がってこういう事態を引き起こしていますからね、、、
やはり、悪いのは影の男性でしょうね、、、

> 例の女子大生になったであろう男性もおりますし、『器選び』シリーズは色々なシチュエーションが楽しめますね!

はい!
(以前から何回か話にあがっていますが)不運にも巻き込まれて、『器選び』を受け入れがたく思っている人たちにはたまったものではないでしょうけれどね、、、

> さて、物語の核心に迫っていたら長くなってしまいました。次回の本編、番外編の更新ともに楽しみにしています。

いえいえ、色々ご考察頂けて本当にうれしかったですよ!(^^)/
何とか本日も更新できればと思いますので、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!!m(_ _)m
[423] 『曰く付きのマイルーム』番外編1 6話
お名前:あまがさ 2019/5/6/(Mon) 16:36
『曰く付きのマイルーム』番外編1 6話

最近は本編の更新が優先されていて、番外編は久しぶりの更新でした。
そして今回の更新は、ある意味画期的な、すごく注目の展開のあった話でした。
もう回りくどいやりとりなしでぶっちゃけて答えを言うと、トイレで一人きりになって、トイレットペーパーに落書きする感じでならメッセージを残せた、ということですね。
そうきましたか、まさにトイレの落書きですね。ちょっと冗談ですが。

それはともかく、残されたメッセージでわかったこと。
優輝の中に入っているのは、星美空という名前の福島県出身の中学一年生、十三歳の女ということ。
今までの因果律の縛りの描写からは、ここまで具体的なことを伝えられるなんて思っていなかったので、すごくびっくりです。
そして読者だけでなく、作中の優奈(優輝)もびっくりしているようでしたね。そりゃそうでしょうね。
ひとまず優奈(優輝)も、同じ手を使って優輝(星美空)にメッセージを残すようですが、どんな内容の文を残すのか、どう伝わるのか、今からすごく楽しみです。

さて、今回の話を読んで、色々思った事があったので、ちょっと脇道的なことも書いていきます。
まず星美空さんの名前は、星 美空でしょうか、それとも星美 空でしょうか?
普通に考えたら、星 美空(ほし みそら)なんでしょうが、ほしみ そら、もありえない名前ではないので少し悩みました。
今は素直に、星さんの所の美空さん、だと認識することにします。
そして、以前の感想から書いていたように、私は今の優輝の中身は年上の女性だと思っていたので、同じ年の女の子だった事には意表をつかれました。

>まさかまさか、僕と同い歳の女子が僕の器に入っていたなんて!!
>福島出身の中一女子!
>文面からすると、結構しっかりしている子のようにも感じる。

作中で優奈(優輝)も感じていますが、美空さんはかなりできる子のようですね。
優奈(優輝)との短いやり取りで、因果律の縛りの穴を見つけてから、どうすれば思いを伝えられるのか、色々試していましたし、そしてこの方法をみつけた。
素直にすごいと思いました。なんだかこの後も、色々と試してみたり、色々とやってくれそうですね。

ところで、同い年の女の子、という所に若干引っかかりを覚えたので、第一話を読み返してみました。

>どうせなら、同い歳くらいの男子がいいんだけど……同い歳の男子はいないというし

引っかかり解消、確かに同い年の男子、ではなかったですね。でも実は同い年の女子はいたんですね。
ここで更に思った事、もし器選びのときに、優輝の器候補の絞り方が違っていたら、同い年の美空さんを選んでいた可能性もあったのかな?
そうなっていた場合、優輝と美空がそっくりそのまま、入れ替わっていた可能性もあったのかもしれませんね。
ただその場合、優輝は優輝になった美空と出会うことはなく、こういうやりとりもなかっただろうから、今のところはこれで良かったのかもしれませんね。

あと最後にもう一つ思った事、
ということで、今の美空さんの中には、誰が入っているのでしょう?
展開予想的になってしまいますが、私が考えたのは二通りです。
1、妹の優奈
2、海音さん
それ以外の別人の可能性もあるのだろうけど、あの例の男はわりとその辺は調整しているイメージがあるので、可能性は高いかなと思っています。
(他にどんな人が、どのくらいの人数巻き込まれているのかわからないから、どうしても想像には限界がありますし)

さらっと書くつもりが、今回も長くなってしまいました。それでは、今回はこれにて失礼します。

[424]  Re: 『曰く付きのマイルーム』番外編1 6話
お名前: つるりんどう 2019/5/7/(Tue) 00:33
こんばんは、つるりんどうです。

>あまがささん
『曰く付きのマイルーム』に早速ご感想頂きまして大変感謝です!!(^^)/
おかげさまで、連休中、結構お話を進めることができましたっ!

> 最近は本編の更新が優先されていて、番外編は久しぶりの更新でした。
> そして今回の更新は、ある意味画期的な、すごく注目の展開のあった話でした。
> もう回りくどいやりとりなしでぶっちゃけて答えを言うと、トイレで一人きりになって、トイレットペーパーに落書きする感じでならメッセージを残せた、ということですね。
> そうきましたか、まさにトイレの落書きですね。ちょっと冗談ですが。

番外編の執筆が少し止まってしまいましてごめんなさい、、、
一時的に本編の方に勢いが付いてしまっていたので、そちらを優先してしまいました(汗

久々の更新となりましたが、色々ご注目頂けたようで恐縮な限りですっ!
はい、トイレの落書き、まさにその通りですね。
本編は最初壁紙への落書きでしたが、トイレットペーパーとなりました。。(^^;

> それはともかく、残されたメッセージでわかったこと。
> 優輝の中に入っているのは、星美空という名前の福島県出身の中学一年生、十三歳の女ということ。
> 今までの因果律の縛りの描写からは、ここまで具体的なことを伝えられるなんて思っていなかったので、すごくびっくりです。
> そして読者だけでなく、作中の優奈(優輝)もびっくりしているようでしたね。そりゃそうでしょうね。
> ひとまず優奈(優輝)も、同じ手を使って優輝(星美空)にメッセージを残すようですが、どんな内容の文を残すのか、どう伝わるのか、今からすごく楽しみです。

どうもありがとうございますっ!(^^)/
『器選び』でもそうでしたが、一人きりでいるときはそれなりに自由もあったりするのですよね。
(もちろん、一人きりでも因果律に縛られようと思えば、できるので、Mな人はそっちに走ってしまうかもしれませんが、、、)

まあ、星美空さんもここまで書けたことに驚いたことでしょう。
直前は色々試して失敗していた訳ですしね。
今後は二人のやり取りも始まるので、色々書いていければと思います!

> さて、今回の話を読んで、色々思った事があったので、ちょっと脇道的なことも書いていきます。
> まず星美空さんの名前は、星 美空でしょうか、それとも星美 空でしょうか?
> 普通に考えたら、星 美空(ほし みそら)なんでしょうが、ほしみ そら、もありえない名前ではないので少し悩みました。
> 今は素直に、星さんの所の美空さん、だと認識することにします。
> そして、以前の感想から書いていたように、私は今の優輝の中身は年上の女性だと思っていたので、同じ年の女の子だった事には意表をつかれました。

星美空さんですが、福島県は他県よりも『星』という苗字の人が多いようです。
……という情報をもとに、『星』さんに決定しました!
それで、女の子で、苗字に合わせた名前で『美空』って付ける親もいそうだな……という感じで『星美空』になった訳ですね、、、

年上の女性をご想像されていたというのは、やはり女子大生をビーチのシーンで出していたのもありますでしょうか?
確かに本編の描写を考えるとミスリード気味だったかもしれませんね。

> 作中で優奈(優輝)も感じていますが、美空さんはかなりできる子のようですね。
> 優奈(優輝)との短いやり取りで、因果律の縛りの穴を見つけてから、どうすれば思い> を伝えられるのか、色々試していましたし、そしてこの方法をみつけた。
> 素直にすごいと思いました。なんだかこの後も、色々と試してみたり、色々とやってくれそうですね。

うれしいお言葉、感謝です!!
はい、星美空さんは萌に続き『できる子』として登場してもらいました。
まあ、『できる子』が出てきてくれないとなかなか因果律に対抗してもらえないというのもあるのですけれど、、、(^^;

ご期待通り、星美空さん色々情報収集しつつ、やってくれそうです。

> ところで、同い年の女の子、という所に若干引っかかりを覚えたので、第一話を読み返してみました。
> >どうせなら、同い歳くらいの男子がいいんだけど……同い歳の男子はいないというし
> 引っかかり解消、確かに同い年の男子、ではなかったですね。でも実は同い年の女子はいたんですね。
> ここで更に思った事、もし器選びのときに、優輝の器候補の絞り方が違っていたら、同い年の美空さんを選んでいた可能性もあったのかな?
> そうなっていた場合、優輝と美空がそっくりそのまま、入れ替わっていた可能性もあったのかもしれませんね。
> ただその場合、優輝は優輝になった美空と出会うことはなく、こういうやりとりもなかっただろうから、今のところはこれで良かったのかもしれませんね。

細かいところまで気にして頂けてありがたい限りです!
そこはしっかり設定にそって書いていましたので、優輝が美空の器に入る可能性はつぶしていました。

美空の方は、動揺していたのか、性別指定なしの同い歳ということで優輝になってしまいましたが、優輝は性別指定していたのですよね、、、
ご指摘の通り、優輝も性別指定をしていなければ、美空になっていたと思います。

そうなっていれば、この出会いはありませんでしたから、確かにこれはこれでよかったのでしょう。(^^;/

> あと最後にもう一つ思った事、
> ということで、今の美空さんの中には、誰が入っているのでしょう?
> 展開予想的になってしまいますが、私が考えたのは二通りです。
>1、妹の優奈
>2、海音さん
> それ以外の別人の可能性もあるのだろうけど、あの例の男はわりとその辺は調整しているイメージがあるので、可能性は高いかなと思っています。
> (他にどんな人が、どのくらいの人数巻き込まれているのかわからないから、どうしても想像には限界がありますし)

そちらも気にして頂けてうれしいです。
はい、答えはネタバレになるので言えませんが、どちらかは正解です!(^^)/

さすがにこれ以上『器選び』でややこしくはしたくないのと、読者様も混乱しそうですので、優奈か、海音のどちらかは美空になってもらっています。

> さらっと書くつもりが、今回も長くなってしまいました。それでは、今回はこれにて失礼します。

いえいえ、いつもご感想拝読させて頂きつつ、たくさん執筆パワーを頂いておりますよ!!
またどうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[420] 『曰く付きのマイルーム』41話
お名前:あまがさ 2019/5/4/(Sat) 22:23
『曰く付きのマイルーム』41話

ひとまず萌の両親の無事がわかってホッとした後、次は海斗の話題へ、……海斗が萌になっていた間の事がばれて、色々あってぶっちゃけトークになっちゃいましたね。

>というか、一人エッチじゃなくて、オナニー、オナニー言ってるの、西田さんのが残ってるでしょ!
>話していて、すっかり萌を取り戻したみたいに思っていたけど、萌、まだまだ西田さん成分残してるんだなー。
(中略)
>萌、乙女の羞恥心がぶっ壊れちゃってませんか?
>夏休み明けには、転校もあるのに心配だよー。

夏休み明けには一ヶ月くらいあるし、元々萌で女の子だったんだし、それまでに猫をかぶるくらいは出来るようになっているでしょう。
真面目な話、萌は最終的に、どの程度西田さんを残すことになるのでしょうか?
萌にとって西田さんだった六年間のことは、黒歴史でも忌避して否定することでもなく、それはそれで血肉になっているのでしょうね。
純粋なままの萌だったら、海斗に元の自分の体を好き勝手にされて、そのうえオナニーまでされて、そうと知ったら許せなかったかも知れません。
でも今の萌は、西田さんとして過ごした六年で、年頃の男子のことも理解してしまっているのでしょうね。
海斗が萌になっていた間のあれこれを、恥ずかしいとは感じても、結局海斗を許せているのは、男子を理解しちゃっているからだと思います。
だから最終的には、内側に適度に男子の西田さんを残しながら、表面的には女の子の萌らしく振舞うようになるのかなと想像しています。
男子への理解が高くなって、元々スペックが高いのに、より男子にモテるようになったりして。

>「萌がさ、五か月半後、東京に飛んで、あの家に行けば……アイツの顕現に故意に巻き込まれるっていうのもありじゃないかなって思って」

ここの萌の発言の人名、萌じゃなくて琉夏(海斗)では?
それはともかく、萌のこの発想、面白いとは思いました。
ただしこの後の会話や、海斗の想像にもあるように、リスクはありますし、成功しても元に戻れる可能性があるのは海斗だけ、元に戻れない人のほうが多い。
下手をすれば、琉夏(海斗)という不確定要素が割り込むことで、余計にややこしいことになるかもしれません。
その辺をどう考えるのか、それでも試してみようとするのか、続きが楽しみです。
[421]  青い果ものと赤い果もの
お名前: あまがさ 2019/5/4/(Sat) 23:16
青い果ものと赤い果もの

前からこのこの過去作のコメントしたいとは思いつつ、その機会がなかったから放置していたのですが、
今は時期がゴールデンウィークですし、さらっとやっちゃいますw

このSSは、投稿された日付が、2006/05/07
もう13年前のSSだったんですね。
SSでの店の奥にある映りの悪いテレビ、地デジ化前のアナログなんだろうな、などとどうでもよい事を気にしたりw
多分その当時に、このSSの感想コメントをしているだろうとは思いますが、何をどうコメントしたかなどすっかり忘れているし、まあいいかと思いつつ、改めてコメントします。

早い話がこの話は、八百屋の看板娘の真菜の前に、三年前に転校していなくなっていた、同級生の男子がたずねてきた。そういう話ですね。
ただ、作者がつるりんどうさんなので、普通の男女がただ普通に再会しただけではなく、過去に二人の間に何かがあったのでしょうね。
何があったのか、まだ書かれていないけど、(わかりきっているけどw)
訊ねて来た男子の桜田くんが、女の子、真菜のお父ちゃん、に何かセンチな反応をしたり、そういう所に想像をかきたてられます。
このSSにかぎらず、私は何度か感想掲示板でそのての話題を出していますが、転校生の戻れなかった二人のその後、みたいな設定の話は結構好きなんです。
つるりんどうさんの作だと、三年経って……、もそういう話ですし、たしか大学生になった二人が再会する話も他所にあったかなと。

この二人はこの後、ひと時の再会で、積もる話もあるのでしょうが、一通り話をした後、また別れてそれぞれ今の自分の生活に帰っていくのでしょうね。
いつか二人の間に何があったのか、ちらっとでも見てみたいな、そんな風に思っています。

でも、今書いている話を優先させてほしいので、ちらっとだけコメントを書いて見ました。

[422]  Re: 『曰く付きのマイルーム』41話
お名前: つるりんどう 2019/5/6/(Mon) 02:50
こんばんは、つるりんどうです。
仕事のメールが入ったりしまして、レスアンド更新が遅くなりましてごめんなさい、、、m(_ _;m
5/5中に更新する予定がすっかり日付も変わってしまいました、、、

>あまがささん
今回も早速ご感想頂きまして感謝感激ですよっ!!(^^)/
ご丁寧なご感想、大変うれしく思いますっ!

> 『曰く付きのマイルーム』41話
> ひとまず萌の両親の無事がわかってホッとした後、次は海斗の話題へ、……海斗が萌になっていた間の事がばれて、色々あってぶっちゃけトークになっちゃいましたね。

はい、萌が記憶を取り戻していく中でいずれバレることではありましたが、琉夏(海斗)自身が自分の言葉で萌に思い出させてしまったようですね、、、
まあ、早めにバレて、さっさと謝ってしまうが吉かもしれません。(^^;

> 夏休み明けには一ヶ月くらいあるし、元々萌で女の子だったんだし、それまでに猫をかぶるくらいは出来るようになっているでしょう。

そうでしょうね。
ただ、同調し過ぎで女性寄りになっている今の(海斗)的には、不安を感じてしまうものではあったようです、、、
何せ、今朝まで(海斗)が萌をやっていた訳ですしね。

> 真面目な話、萌は最終的に、どの程度西田さんを残すことになるのでしょうか?
> 萌にとって西田さんだった六年間のことは、黒歴史でも忌避して否定することでもなく、それはそれで血肉になっているのでしょうね。
> 純粋なままの萌だったら、海斗に元の自分の体を好き勝手にされて、そのうえオナニーまでされて、そうと知ったら許せなかったかも知れません。
> でも今の萌は、西田さんとして過ごした六年で、年頃の男子のことも理解してしまっているのでしょうね。
> 海斗が萌になっていた間のあれこれを、恥ずかしいとは感じても、結局海斗を許せているのは、男子を理解しちゃっているからだと思います。
> だから最終的には、内側に適度に男子の西田さんを残しながら、表面的には女の子の萌らしく振舞うようになるのかなと想像しています。

ご分析頂きましてどうもありがとうございますっ!(^^)/
ええ、血肉になっているというのはまさに正しい表現かと思います。
何せ、萌にとっては、もはやなかったことにはできない、思春期から大人になるまでの六年分の自分ですからね。
性的な面で男子のことを完全に理解してしまっているがゆえに、(海斗)の気持ちもよく分かるでしょうし、これからも色々女子としては困ってしまうこともありそうです、、、

最終的には……そうですね。
そのような感じになるかとは思いますが、タイムリープ前の萌からすると受け入れがたい人格になってしまっているような気もします。。

> 男子への理解が高くなって、元々スペックが高いのに、より男子にモテるようになったりして。
> ここの萌の発言の人名、萌じゃなくて琉夏(海斗)では?

すみません、ご指摘頂きましてとっても感謝です!
校正する余裕がなく、ミスっておりました。
後で修正しておきますねっ!(^^;>

> それはともかく、萌のこの発想、面白いとは思いました。
> ただしこの後の会話や、海斗の想像にもあるように、リスクはありますし、成功しても元に戻れる可能性があるのは海斗だけ、元に戻れない人のほうが多い。
> 下手をすれば、琉夏(海斗)という不確定要素が割り込むことで、余計にややこしいことになるかもしれません。
> その辺をどう考えるのか、それでも試してみようとするのか、続きが楽しみです。

はい、萌自身、タイムパラドクスを避けて、自分の記憶にない沖縄引っ越し後の自分に会いに来たからこそから元に戻れた訳ですが……(海斗)も、タイムパラドクスを避けられるぎりぎりのタイミングで、タイムリープが起きるタイミングの自分にコンタクトできれば、可能性はあるのですよね。
ただ、よく考えると結構複雑で微妙な要素が多いので、不安でいっぱいになりそうですが、、、

> 青い果ものと赤い果もの
> 前からこのこの過去作のコメントしたいとは思いつつ、その機会がなかったから放置していたのですが、
> 今は時期がゴールデンウィークですし、さらっとやっちゃいますw

続きまして過去作品へのご感想も頂きまして恐縮な限りですっ!!m(_ _)m
本当にありがたく思いますよっ!

> このSSは、投稿された日付が、2006/05/07
> もう13年前のSSだったんですね。
> SSでの店の奥にある映りの悪いテレビ、地デジ化前のアナログなんだろうな、などとどうでもよい事を気にしたりw
> 多分その当時に、このSSの感想コメントをしているだろうとは思いますが、何をどうコメントしたかなどすっかり忘れているし、まあいいかと思いつつ、改めてコメントします。

そうですね、随分と昔になってしまいました、、、
アナログテレビがまだ余裕で店頭販売されていた時期ですからね。
液晶テレビなくせにアナログチューナーのみというテレビまでありました(懐

改めましてご感想頂き、どうもありがとうございますっ!!

> 早い話がこの話は、八百屋の看板娘の真菜の前に、三年前に転校していなくなっていた、同級生の男子がたずねてきた。そういう話ですね。
> ただ、作者がつるりんどうさんなので、普通の男女がただ普通に再会しただけではなく、過去に二人の間に何かがあったのでしょうね。
> 何があったのか、まだ書かれていないけど、(わかりきっているけどw)

はい、まー、そういうことがあったということですね、、、(^^;
やはり入れ替わりものはこうでなくては!

> 訊ねて来た男子の桜田くんが、女の子、真菜のお父ちゃん、に何かセンチな反応をしたり、そういう所に想像をかきたてられます。
> このSSにかぎらず、私は何度か感想掲示板でそのての話題を出していますが、転校生の戻れなかった二人のその後、みたいな設定の話は結構好きなんです。
> つるりんどうさんの作だと、三年経って……、もそういう話ですし、たしか大学生になった二人が再会する話も他所にあったかなと。

うれしいご感想、大変感謝です!!
元の自分と離れ離れになって、自分の手に届かなくなった懐かしいものに心を揺すぶられる、入れ替わりものなにではですよね。

まだまだこれからも書いていきたいものです!!(^^)/

> この二人はこの後、ひと時の再会で、積もる話もあるのでしょうが、一通り話をした後、また別れてそれぞれ今の自分の生活に帰っていくのでしょうね。

ええ、この何とも言えない切なさが元に戻れなかった系入れ替わりの醍醐味ですね。
普段の生活に戻れば、またなかなか思い出す余裕もなくなっていくのでしょうが、それでも、たまに夜一人きりでいるときふと思い出したりして、物思いに耽ったりもするのでしょう!

> いつか二人の間に何があったのか、ちらっとでも見てみたいな、そんな風に思っています。
> でも、今書いている話を優先させてほしいので、ちらっとだけコメントを書いて見ました。

はい!
色々番外編やら続編を書きたいものがありますが、これからもがんばって続けていきますので、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!m(_ _)m
[417] 『曰く付きのマイルーム』39話&40話
お名前:りゅうじん https://twitter.com/mint_rin2019/5/3/(Fri) 19:13
今回も2話更新お疲れ様でした!物語がどんどん盛り上がっているように感じます。

まず、萌の両親は無事である可能性が高いようで一安心です。萌もペンションが影の男性の顕現の範囲に含まれていたことには気付いていなかったようですが、両親がでかけていたことから巻き込まれていた可能性は低いと考えたのでしょうか。

しかし、琉夏と萌の会話を聞いていると、完全に女子のやり取りですね。その一方で、元海斗君も琉夏として一生を過ごす覚悟が決まっているように見えたものの萌に突っ込まれるとまだまだ海斗としての未練が残っていたようで。

> ああ、どうしよう。
> せっかく女子の気持ちも分かる、ちょっとできた男子になれるはずだったのに。
> もう、あたしは、ただの一人の女子になっちゃうしかないんだ。

これが元海斗君が萌に言われるまでは意識しないようにしていた本音でしょうか。そういえば、『器選び』における莉子も1ヶ月ほどで女子として生きることへの抵抗が薄れていました。影の男性からほとんど情報を与えられていなかった莉子と比べると、元海斗君は早々に琉夏として生きる覚悟が決まっていたように感じます。しかし、意識的か無意識か、心の奥底に抑えこんでいた海斗に戻りたいという気持ちを萌によって掘り起こされた形でしょうか。因果律に縛られるしか無かった莉子とは違い、元の自我を取り戻せる元海斗君にとっては戻りたい気持ちを忘れてしまったほうがいいのか、あくまで海斗としての意識を残しながら琉夏として生きる方が良いのか、琉夏としての元海斗君を一生悩ませる問題になりそうです。
[419]  Re: 『曰く付きのマイルーム』39話&40話
お名前: つるりんどう 2019/5/4/(Sat) 00:10
こんばんは、つるりんどうです。

>りゅうじんさん
いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝です!!(^^)/
おかげさまで、執筆パワーを充填させて頂いておりますよっ!

> 今回も2話更新お疲れ様でした!物語がどんどん盛り上がっているように感じます。

いえいえ、何とか今夜からサービスを再開してまいれればと思いますっ!(^^;>

> まず、萌の両親は無事である可能性が高いようで一安心です。萌もペンションが影の男性の顕現の範囲に含まれていたことには気付いていなかったようですが、両親がでかけていたことから巻き込まれていた可能性は低いと考えたのでしょうか。

萌の両親については本当によかったですね。
さすがに萌の両親も器選びに巻き込まれていて、萌が本当の両親に会えないままになってしまいますと、何とも寝覚めが悪いですし、、、(滝汗

なお、萌は結構受け取れている情報に琉夏と結構差が付いていまして、色々分かっていなかったりします、、、

> しかし、琉夏と萌の会話を聞いていると、完全に女子のやり取りですね。その一方で、元海斗君も琉夏として一生を過ごす覚悟が決まっているように見えたものの萌に突っ込まれるとまだまだ海斗としての未練が残っていたようで。

はい、まあ西田さん=萌と会ったときも『元に戻る』つもりではありましたからね。
影の男性にああ言われてしまって、心も折れかけているかもしれませんが……さあ、どうなりますでしょうか?(^^;

> これが元海斗君が萌に言われるまでは意識しないようにしていた本音でしょうか。そういえば、『器選び』における莉子も1ヶ月ほどで女子として生きることへの抵抗が薄れていました。影の男性からほとんど情報を与えられていなかった莉子と比べると、元海斗君は早々に琉夏として生きる覚悟が決まっていたように感じます。しかし、意識的か無意識か、心の奥底に抑えこんでいた海斗に戻りたいという気持ちを萌によって掘り起こされた形でしょうか。因果律に縛られるしか無かった莉子とは違い、元の自我を取り戻せる元海斗君にとっては戻りたい気持ちを忘れてしまったほうがいいのか、あくまで海斗としての意識を残しながら琉夏として生きる方が良いのか、琉夏としての元海斗君を一生悩ませる問題になりそうです。

ええ、そうですね。
同調し過ぎて色々おかしくなってしまっている海斗ですが、さすがに萌にここまで言われると隠れかけていた自分の本音も出てこられたようです。
とはいえ、相手は、神様か悪魔レベルの相手、到底立ち向かえないという意識があったからこそ、諦めかけていた訳ですが……さて、萌と会い、話をしていく中でその意識は変わっていくのでしょうか?(^^;

まだこのお話にはちょっとした仕込みがありますので、今夜更新予定の41話もどうぞよろしくお願い致しますねっ!
まあ、ハッピーエンドになるとは限りませんが、、、

またサービスを再開していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致しますね!!(^^)>


各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

このページのトップへ

-- Album BBS v1.2 rp --