投稿する 投稿を見る 「アルバム掲示板」のダウンロード

I N Q U E S T - B B S


() が付いている項目は必ず記入してください。
画像ファイル 画像を選んでください
半角英数字 6-8 文字
パスワード ()
画像の題名
お名前 () お名前・メール等を保存
メール クッキーを削除
URL  
タイトル
メッセージ ()



各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

[1027] 『animi et corporis』番外編1・10話など感想
お名前:あまがさ 2021/11/23/(Tue) 23:58
あまがさです。今回まで更新のSSの感想です。

『animi et corporis』番外編1・10話

>つーか、長田=匠(七海)の野郎、歩くのがちっと速ぇな。
>デートのときは歩く速度を女子側に合わせよってのは至言だってのがよーく分かるぜ!
>トイレでも見ちまった通り、他人からすりゃ、長田七海本人にしか見えないんだろうが、中身の俺からすりゃ、女装は女装だ。
>恥ずかしいもんは恥ずかしい!

ひとまずトイレなどのイベントも終わり、帰宅のために生徒玄関に向かって校内を歩く長田(葉多)くん、色々考えたり感じたりしていますね。
歩く早さの違いを実感する所など、お約束っぽくて良いですね。

>「んん? ちょっと待て!」
(中略)
>長田の親父さんとはその風邪の診察のときに一度顔を合わせたことがあるが、それ以外の家族とは顔を合わせたこともないし、どう呼んでいいかも分からない。
>あれ……?
>「これ……情報交換できてなさ過ぎじゃないか!?」

今までの葉多くんの反応から見て、彼(今は彼女)は真面目な性格で臨機応変な対応とか、アドリブが得意そうでないように見受けられましたし、
細かいことを気にしたりこだわりそうでもありますし、おまけにこの状況だから余計に細かいことを気にしそうですね。
想定外の状況で、長田さんの家に長田さんとして帰ることになって、その家族に長田さんらしく振舞うには情報が少なすぎる、というのもわかります。

>うーん、葉多君の言うこともごもっともなんだけどね。
>わたしも葉多君も家でお昼ご飯食べる予定で、あまりじっくり情報交換もしていられないでしょう?」

>「それにね、こういうのはあまり情報交換せずにぶっつけ本番でやった方が楽しいと思うのよね?
>映画でもそういうものでしょう?」

>うーん……そういえば、寝てる最中に男女が入れ替わるアニメ映画があったなあ。
>つーか、あれは起きたら、相手の身体になってたんだっけか?
>まあ、情報交換なしの方がドキドキ度は高いかもしれないが、長田はそれでいいのか?

それに対して、長田さんのほうは、今の状況をぶっつけ本番で楽しもうという気で満々ですね。
さらに葉多くんに聞かれるまで、この件を放置していたあたり、葉多くんにもその状況を楽しんでもらおう、という心遣いが心憎いですw
でも、細かいことを気にする当の長田(葉多)くんとしては、そういうわけにもいかないようでw

真面目な話、いつもと違う娘の反応や行動に、両親が心配することになっても構わない、というか心配くらいしろ、とでも思っていそうですね。
ただ、長田さんの情報からの推測ですが、長田(葉多)くんが、よほど奇抜な行動でもしないかぎり、娘の変化に気付きそうに無さそうですね。

>「高熱隧道、ふーん、最近読み出したの?」
>黒部ダムのトンネル工事のノンフィクション小説なんだが、これくらいの時代の小説は結構好きなんだ。

この話題って、葉多くんが読書家であることと、トンネルの工事現場に女性禁制の話題を出したかったから入れたのかな、と思いました。
そのうえで、ちょっと話は横道に逸れますが、黒部ダムのトンネル工事のノンフィクション、という点で、真っ先に黒部の太陽を連想しちゃいました。
一応地元(と言うには、結構遠いですが)の話題ですしね。
今は亡き私の父は、仕事柄(関西電力)完成した後のあちらのトンネルには、何度も行った事があったようです。
あと、紅白歌合戦で、中島みゆきが黒四ダムで地上の星を歌っていたのはびっくりしたなあ。トンネルが完成した後は、女性でも行っても良かったってことかな?

さて、長田(葉多)くん、いよいよ長田さんの家に帰ることになりそうですが、元の自分の家と長田さんの家の違いをどう感じるのか、この後どうなるのか、続きが楽しみですね。


『一夏の友情』day10 24話

>いつものようにタンスの引き出しから恵美(勝)が穿き古したショーツとハーフトップを取り出しながら、恵美(裕輔)は思う。
(中略)
>ソレらを身に着けるようになった(裕輔)は、ソウシタ(勝)の生きてきた『時間』・(思い)をもまた背負おうとシていると言えるのだろう。
(色々中略)
>『廿日山中学校の女子生徒』だった『過去』と『越川の男子生徒』だった『過去』の『取り替えっこ』の完了。
>今姿見に見えているコノ『姿』で、セーラー服を着て、身に纏わりつくショーツとハーフトップの(感覚)を常に覚えながら、廿日山中学校で『女子生徒』としてイヤイヤやってきた(勝)の『過去』は、今(裕輔)の『過去』となったのだ。

中略、とか書きつつ、これじゃ今回の話をほとんど引用だなあ(苦笑)
今回の話、外から見たら恵美(裕輔)が、単に女物の服や下着を着た、というだけの話です。
裕輔が恵美と入れ替わってから、女物の服や下着に着替えることは、これまで何度もしてきたことです。
ただ今回の話では、恵美(裕輔)は、少量の三度飲みの影響や、夢の影響などでだろうか、改めて自分が恵美の人生を引き受けさせられてしまったことを、意識してしまったんですね。
これまで恵美が何度も身につけていた、下着、そしてセーラー服を身につけることが、恵美の過去を引き継ぐ儀式のようになっちゃっているように感じられました。

>「はあ、何ゾクゾクシてんだ、オレ……」
>(裕輔)がどんなにイイヤツであろうとも、本来は歩み切れなかったであろうはずの(勝)の『過去』、ソレによる(傷)すら、今や(裕輔)の一部になっている。
>『三度飲み』による(記憶の融合)に似た、激しい(倒錯感)
>『蜜』が充分に出ていなくとも、恵美(裕輔)は(興奮)を抑えるコトができなくなっていた。

本来裕輔本人は、恵美に、女になることを望んでいなかったはずなのに、恵美に、女になる倒錯感に興奮している、嫌なはずなのにドキドキしている、恵美になることを受け入れ始めている、今回の話では、裕輔は恵美への変身を、どこか楽しんでいるようにも感じられました。
あと、僕はすっかり忘れていましたが、つるりんどうさんのあとがきや、:successさんの感想に、スカートの下にハーフパンツを穿くのを忘れたとありますが、……まあ恵美(裕輔)本人が平気なら、大丈夫でしょう……多分(苦笑)
ともかく、セーラー服に着替えた恵美(裕輔)が、この後どう行動するのか、続きが楽しみです。
[1026]
お名前:success 2021/11/23/(Tue) 01:05
つるりんどうさん

更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね!
(本当に簡単ですみません(汗))

「学校に行くため」にセーラー服を着る恵美(裕輔)のシーンですね!
時期的に夏服ですね!「学校に行っていた過去を取り替えっこ」
してしまったと想像して恵美(裕輔)がドキドキしているのは
読んでいて楽しかったです!
こういう女性用制服(ユニフォーム)って恵美の今後の人生で着る
機会は他にもありそうですけど、それは今後の展開を楽しみに
しております(^o^)

今回ハーフパンツを下に履くのを忘れてしまった恵美(裕輔)です
どうなるのか?楽しみですね(^o^)

それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!
[1022] 『animi et corporis』番外編1・9話、感想など
お名前:あまがさ 2021/11/14/(Sun) 16:03
あまがさです。結構出遅れましたが、今回までの更新SSの感想です。

『animi et corporis』番外編1・9話

>はあ、マジで俺は女物の下着をフル装備した変態体験をしちまってるんだなあとつくづく思っちまうぜ。

それを言ったら、今は長田さんの姿で女装(?)して歩いている訳で、前回の感想でもちらっと書きましたが、葉多くんは真面目な性格なせいか、細かいことでくよくよ考えすぎなようですね。
そんな彼女(?)の様子を見て、長田さんは、おもしろがっているようですね。

>クソ、女物の下着気にしまくってたのを感付かれたかと思っちまって、ビクッとしちまった。
>って、トイレ体験がすごかったって何だ!?

読者的に見たら、どっちに見られたとしても恥ずかしいと思うが、当人からしたら照れ隠し的に、トイレ体験であたふたしているように見られたほうが良かったのかな?
この場合、長田さん視点的には、長田(葉多)くんが、直前のトイレ体験のせいであたふたしているように思ってもしょうがないか。

>「ぷぷっ、葉多君の入ってるアタシ、ホントに面白い!
>そういうかわいげのある子だったら、アタシももっとモテたのかもね」
>「いやいやいや、絶対葉多君の入ってる長田七海の方がモテると思うよ?」

この長田さんの意見には同意ですね。
このSSの今まで表現から見て、優等生タイプの長田さんて、普段はクールで表面的には隙がないタイプなんだと思いました。
それが、中身が葉多くんに変わった途端、(慣れていないこともあって)急に隙だらけになって、普段はクールだった表情が、今は戸惑いまくってくるくる表情が変わっていると想像します。
そのギャップが良いのでしょうし、その戸惑った様子が可愛く見えるのだろうな、とは思いました。

>まあ、中に入ってるのが俺のせいで、普段のクールで余裕たっぷりな長田様の雰囲気をぶち壊してるのは自覚してるが。

葉多くんも、自分が中身の長田さんの雰囲気を壊している自覚はあるようですが、それが可愛く見えるとは思いたくないようですね。
あと、帰り支度に関しては、長田さん、荷物の件でもスマホの件でも、さすがに判断が早いし合理的ですね。
まあ、前もって今の状況をシミュレートしていて、最初からそうするつもりだったのでしょうけどね。

>「あ、そっか。一つだけ言い忘れてたんだ」
>それってね、その最初に入れ替わったペアでされるんだけど、入れ替わった期間が合計一月以上になると、少しずつ相手の記憶を読めるようになっちゃうらしいの」
>「うん、こまめに入れ替わっても、ずっと入れ替わったままでも、合計一月以上経つと、相手との同化が始まっちゃうんだって」
>「最初はね、好きなものとか、興味があるものとか相手と同じになっていっちゃうらしいのよね。
>だから、趣味嗜好もどんどん同化していくから、隠し事自体、無意味になるって訳」

個人的には、ここがすごく気になる新情報でした。
一ヶ月以上の長期入れ替わりって、三日で次の人にバトンタッチが基本なのに、どうやって検証したんだ?
と思いかけて、あ、そういえば、戻らないで次の人に石を渡すって事もできるし、入れ替わったり戻ったりもできるんだから、そういうカップルもいたんだな、と思い直しました。

その上でこの設定で長期入れ替わりした場合、同化や変化でどうなるのか、で思い浮かんだのは、番外編の二人よりも、本編の木幡くんと今野さんの二人でした。
まあ、あの二人は三日で戻るつもりのようですので、あくまであの二人が長期入れ替わりした場合の、仮定の話ですけどねw
仮に本編の二人が長期の入れ替わりを選択した場合どうなるのか?
今野さんな木幡くんは、家庭科部で活動とかの一環で、最初は仕方なしに今野さんらしく演じて、形式上デコるとかするけど、やっているうちに興味が出てきて自分の趣味のように感じて熱心にデコるようになるとか?
木幡くんな今野さんも、最初は木幡くんのミニチュア模型に触らないようにしているだろうけど、そのうちになぜだかミニチュアに興味が出てきて、弄りたくなって弄るようになるとか?
なんとなくそんな展開も、『可能性としてありえるのかな?』とか思っちゃいましたw
まあ、本編もまだまだこの先の話なので、これ以上予想は控えますが。

>いや、長田のヤツ、何気に俺と何度も入れ替わったりする気あったり、するのか?
>まあ、長田が今の自分に不満があるってのは知っちまった訳だが……俺が、何度も長田七海になる?
>いやいやいや、それはないよな?

葉多くんは不安がっていますが、さて長田さんはどうなんでしょうね?
個人的には、長田さんは、何度も入れ替わるなんて面倒なことをしないで、最初の一回目(以下省略w)

げほげほ、ちょっと余計な展開予測までしちゃったかな?
切り替えて次に行きます。


『一夏の友情』day10 22話

>「ああ、どうしよう……オレ、『勝の身体』が、『自分の身体』にしか見えなくなってきちまってんのか!?」

少し前から恵美=自身みたいな表現になってきていましたけど、鏡で今の自分の顔を見て、改めて自覚させられて、ショックが大きそうですね。
なんだかお風呂に入って、今の自分の性器を見ても、性的興奮を感じなくなってもいるみたいで、これまたショックが大きいようですね。
彼、いや彼女の今後はどうなるのでしょうか?

『はらぼて大祭』、『はらぼて祭り』、『安産祭り』うーん、SS内での話や、successさんのコメントなど、興味深く読ませてもらいました。
正直、こういう祭りがあることは知りませんでした。
でも子孫繁栄を願うために、こういう性的な要素が入った祭りは、程度の差こそあれ、昔からあちこちでいろいろな形であったのでしょうね。
(この後、色々書こうと思ったけど、一旦パスします)

『一夏の友情』day10 23話

>「マジ、ヤッベェな……下手シちまうと、オレ、(西条)みてぇになっちまう可能性あるってコトかよ?」
>以前の『西条朱莉』(朱莉)は(オトコ女)側であったのに、(不本意)ながら(妥協)シて、今や(女)側に移りつつあるコトを考えると、今の『小池恵美』(裕輔)だって(他人事)とは言っていられないだろう。

この先、恵美(裕輔)がどう変化するかはわかりませんが、勝(恵美)だったら断固拒否だったでしょうけど、今の恵美は裕輔の性格のほうが色濃く残れば、妥協を重ねてそうなる可能性は、結構高そうだなとは思いました。


>今思い浮かぶのは、越川の裕輔(裕輔)が通っていた中学校で一学期の終業式を終えたアノ日の(イメージ)
>コノ辺り……『取り替えっこ』よりかなり前の(記憶)については、まだ『小倉裕輔』の(モノ)が(裕輔)がハッキリと残っているらしい。

ここ最近の話をみていると、少量の三度飲みのせいもあってか、裕輔の記憶が薄れて、恵美の記憶が強くなった印象を受けますが、まだ今の生活に直結しない記憶は、裕輔の記憶のほうが優勢なのですね。
それでも、恵美の学校へ行ったら、どうなるやら。
それでは、続きを楽しみにしています。
[1024]  Re: 『animi et corporis』番外編1・9話、感想など
お名前: つるりんどう 2021/11/20/(Sat) 15:30
こんにちは、つるりんどう@関東です。
出張業務でなかなか週末休めず、お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>あまがささん
> あまがさです。結構出遅れましたが、今回までの更新SSの感想です。

いえいえ、いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝ですよっ!!(^^)/
おかげさまで今日も更新できそうですっ!

>『animi et corporis』番外編1・9話

番外編へのご感想、どうもありがとうございますっ!!

> それを言ったら、今は長田さんの姿で女装(?)して歩いている訳で、前回の感想でもちらっと書きましたが、葉多くんは真面目な性格なせいか、細かいことでくよくよ考えすぎなようですね。
> そんな彼女(?)の様子を見て、長田さんは、おもしろがっているようですね。

まあ、色々感じやすいというのはあるかもしれませんが、初めて『異性』になった思春期男子としては致し方のないことなのかなと思います、、、(^^;
特に(葉多)君は、男女交際もまだ体験したことがないみたいですしね。
長田さんの身体はさぞ刺激が強いことでしょう(笑

> 読者的に見たら、どっちに見られたとしても恥ずかしいと思うが、当人からしたら照れ隠し的に、トイレ体験であたふたしているように見られたほうが良かったのかな?
> この場合、長田さん視点的には、長田(葉多)くんが、直前のトイレ体験のせいであたふたしているように思ってもしょうがないか。

そうですね。
(葉多)君的には、今のところ、敢えて考えないようしてしまうほど、強烈な体験であったことは間違いなさそうですが……(長田)さんが傍にいることもあって、これでもかなり抑制的に動いているつもりなのでしょうね。(^^;

> この長田さんの意見には同意ですね。
> このSSの今まで表現から見て、優等生タイプの長田さんて、普段はクールで表面的には隙がないタイプなんだと思いました。
> それが、中身が葉多くんに変わった途端、(慣れていないこともあって)急に隙だらけになって、普段はクールだった表情が、今は戸惑いまくってくるくる表情が変わっていると想像します。
> そのギャップが良いのでしょうし、その戸惑った様子が可愛く見えるのだろうな、とは思いました。

ご考察頂きましてどうもありがとうございますっ!
ご分析頂いた通りかと思います!
優等生で普段からそうそう動じない長田さんがあたふたしている様は、さぞかし隙のあるかわいい女の子に見えてしまうのでしょうね。(^^;

> 葉多くんも、自分が中身の長田さんの雰囲気を壊している自覚はあるようですが、それが可愛く見えるとは思いたくないようですね。
> あと、帰り支度に関しては、長田さん、荷物の件でもスマホの件でも、さすがに判断が早いし合理的ですね。
> まあ、前もって今の状況をシミュレートしていて、最初からそうするつもりだったのでしょうけどね。

まあ、(長田)さんが葉多君になるのにはかなり計画的に動いていたようですからね。
上にも書きました通り、今更動じるような要素もないのでしょうね。
さすがです!(^^

> 個人的には、ここがすごく気になる新情報でした。
> 一ヶ月以上の長期入れ替わりって、三日で次の人にバトンタッチが基本なのに、どうやって検証したんだ?
> と思いかけて、あ、そういえば、戻らないで次の人に石を渡すって事もできるし、入れ替わったり戻ったりもできるんだから、そういうカップルもいたんだな、と思い直しました。

葉多君の分析通り、サバトで使うような代物だったとすれば、実際一生入れ替わったままのようなケースがあってもおかしくはないでしょうね。
または、サバトの度に入れ替わりをするような登録済みカップルもいたのかもしれません。

まあ、定期的に入れ替わり、相手の趣味嗜好も把握し、記憶も読めるというところまで来ると、お互い相手を他人とは思えないところまでいくのでしょうね。

> その上でこの設定で長期入れ替わりした場合、同化や変化でどうなるのか、で思い浮かんだのは、番外編の二人よりも、本編の木幡くんと今野さんの二人でした。
> まあ、あの二人は三日で戻るつもりのようですので、あくまであの二人が長期入れ替わりした場合の、仮定の話ですけどねw
> 仮に本編の二人が長期の入れ替わりを選択した場合どうなるのか?
> 今野さんな木幡くんは、家庭科部で活動とかの一環で、最初は仕方なしに今野さんらしく演じて、形式上デコるとかするけど、やっているうちに興味が出てきて自分の趣味のように感じて熱心にデコるようになるとか?
> 木幡くんな今野さんも、最初は木幡くんのミニチュア模型に触らないようにしているだろうけど、そのうちになぜだかミニチュアに興味が出てきて、弄りたくなって弄るようになるとか?
> なんとなくそんな展開も、『可能性としてありえるのかな?』とか思っちゃいましたw
> まあ、本編もまだまだこの先の話なので、これ以上予想は控えますが。

こちらもご分析頂きまして大変感謝ですっ!!(^^)/
そうなんですよね、この辺りの設定、本編の二人にとっても他人事ではない訳で……本編ではまだ情報としてあがってはいませんが、あのままだとそんな感じになっていってしまいそうなんですよね、、、

さて、どうなってしまうのでしょうか?(汗
本編もなるべく早く再開していきたいと思います。(^^;>

> 葉多くんは不安がっていますが、さて長田さんはどうなんでしょうね?
> 個人的には、長田さんは、何度も入れ替わるなんて面倒なことをしないで、最初の一回目(以下省略w)

……ええっと、そうですね(笑

> げほげほ、ちょっと余計な展開予測までしちゃったかな?
> 切り替えて次に行きます。

いえいえ、(長田)さんの言動からはそれとなく感じられるものもありますしね。
まあ、あり得る展開と言えるでしょう(笑

本日更新予定ですが、またどうぞよろしくお願いしますねっ!m(_ _)m

>『一夏の友情』day10 22話

こちらもご感想頂きましてとっても感謝ですっ!!(^^)/

> 少し前から恵美=自身みたいな表現になってきていましたけど、鏡で今の自分の顔を見て、改めて自覚させられて、ショックが大きそうですね。
> なんだかお風呂に入って、今の自分の性器を見ても、性的興奮を感じなくなってもいるみたいで、これまたショックが大きいようですね。
> 彼、いや彼女の今後はどうなるのでしょうか?

『取り替えっこ』を画策した(勝)にとっては、願った通りの状況ではあるのでしょうけれどね。
元の自分の身体に入った(裕輔)が喜んでいるだけでは、同じ目に遭わせたいという(願望)が叶うこともない訳ですから。

とはいえ、(勝)も一生そのままとか、酷いことを(裕輔)にしたいという訳ではなく、二週間だけでも……という程度のものだったのですけれどね。
まさか、(裕輔)にとって、ずっと続くものになるとは思ってもみなかったでしょうね。

さて、(裕輔)もまだ暫く元の(裕輔)と(勝)の狭間を行き来する状況が続くことになりそうですが、はたしてどうなりますでしょうかね?(汗

> 『はらぼて大祭』、『はらぼて祭り』、『安産祭り』うーん、SS内での話や、successさんのコメントなど、興味深く読ませてもらいました。
> 正直、こういう祭りがあることは知りませんでした。
> でも子孫繁栄を願うために、こういう性的な要素が入った祭りは、程度の差こそあれ、昔からあちこちでいろいろな形であったのでしょうね。
> (この後、色々書こうと思ったけど、一旦パスします)

どうもありがとうございますっ!
(裕輔)にとっては、本来大人の『異性』のためのお祭りがまさか自分にも関わるものになってくるとは……という感じでしょうか。
特に(都会っ子)の(裕輔)にとっては、こういうお祭りは刺激が強そうですよね。

こういう特殊なお祭り、奇祭は、地方色も濃く出てくるところでしょうし、自分が異なる文化圏にいるというのを強く感じるところかもしれません。

> 『一夏の友情』day10 23話

こちらもご感想頂き感謝感激ですよっ!!m(_ _)m

> この先、恵美(裕輔)がどう変化するかはわかりませんが、勝(恵美)だったら断固拒否だったでしょうけど、今の恵美は裕輔の性格のほうが色濃く残れば、妥協を重ねてそうなる可能性は、結構高そうだなとは思いました。

そうですよね。
U字ワイヤーブラにしろ、浴衣試着にしろ、本来の(勝)であれば、絶対に拒否したであろうことですし、恵美(裕輔)が本来の(勝)より妥協してしまいやすい性格であるのは明らかでしょうね。(^^;

> ここ最近の話をみていると、少量の三度飲みのせいもあってか、裕輔の記憶が薄れて、恵美の記憶が強くなった印象を受けますが、まだ今の生活に直結しない記憶は、裕輔の記憶のほうが優勢なのですね。

まあ、他人の(記憶)を得たという体験が強烈過ぎて、繰り返し思い出しつつ、その(記憶)が強化されつつある(裕輔)ですが、それ以外はまだ裕輔(裕輔)としての(エピソード記憶)がそっくりそのまま残っている訳ですからね。(^^;

> それでも、恵美の学校へ行ったら、どうなるやら。
> それでは、続きを楽しみにしています。

はい、いつも応援頂きまして本当にありがとうございますっ!!
何とか本日更新できればと思いますので、またどうぞよろしくお願いしますねっ!(^^)>
[1021]
お名前:success 2021/11/13/(Sat) 12:34
つるりんどうさん

更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね!
(本当に簡単ですみません(汗)でもつるりんどうさんのSSでたくさんの元気をもらってます!!あまがささん、ご感想で触れていただき、ありがとうございますm(_ _)m)

自分の「女度」について考えだした恵美(裕輔)
いずれどうなるのか楽しみにしてます!
ちなみに裕輔(裕輔)の憧れだった『春日玲奈』、ボーイッシュな『西条朱莉』、裕輔のマンションの階下に住みバレエをしている『森亜由菜』…
この辺りの人物が裕輔(勝)とどう絡むのか楽しみです(裕輔は眉目秀麗なイケメン設定もありますし(さらに心もイケメンですし)周りの女の子達も憎からず思っていたのかもしれないですね(笑))

そして(恵美)に関して。
(裕輔)の『西条朱莉』の記憶や「もし(勝)が女の子だったら」という(裕輔)の妄想などをベースに作られている人物ですけど、裏を返せば(恵美)は(裕輔)の記憶を知っている?また(勝)の記憶も知っている?
(作中の(マサル)は(裕輔)の記憶は知らないし、覗けないですよね)
この辺りのことは作中どうなるのか楽しみにしています!

次はセーラー服を着て学校なんですね!
どうなるのかワクワクしながら待っています(^o^)

それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!
[1023]  Re:
お名前: つるりんどう 2021/11/20/(Sat) 15:03
こんにちは、つるりんどう@関東です。
先週末は仕事が入ってしまったものでお待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>successさん
> 更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
> 「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね!
> (本当に簡単ですみません(汗)でもつるりんどうさんのSSでたくさんの元気をもらってます!!あまがささん、ご感想で触れていただき、ありがとうございますm(_ _)m)

いつも早速ご感想頂きまして大変感謝ですっ!!m(_ _)m
こちらこそ執筆パワーをたくさん頂きまして本当にうれしく思いますよっ!

> 自分の「女度」について考えだした恵美(裕輔)
> いずれどうなるのか楽しみにしてます!
> ちなみに裕輔(裕輔)の憧れだった『春日玲奈』、ボーイッシュな『西条朱莉』、裕輔のマンションの階下に住みバレエをしている『森亜由菜』…
> この辺りの人物が裕輔(勝)とどう絡むのか楽しみです(裕輔は眉目秀麗なイケメン設定もありますし(さらに心もイケメンですし)周りの女の子達も憎からず思っていたのかもしれないですね(笑))

どうもありがとうございますっ!(^^)/
春日玲奈や森亜由奈はともかく、西条朱莉には(勝)も何か思うところはありそうですね。
もちろん、今の朱莉は表向き(女)寄りになっているのですけれど、以前の朱莉のことを知れば、今の自分の境遇を再度見詰め直すことになるのかもしれません。

まあ、何にせよ裕輔(勝)がかなりモテるのは間違いないでしょう(笑

> そして(恵美)に関して。
>(裕輔)の『西条朱莉』の記憶や「もし(勝)が女の子だったら」という(裕輔)の妄想などをベースに作られている人物ですけど、裏を返せば(恵美)は(裕輔)の記憶を知っている?また(勝)の記憶も知っている?
> (作中の(マサル)は(裕輔)の記憶は知らないし、覗けないですよね)
> この辺りのことは作中どうなるのか楽しみにしています!

そうですね。
また、(夢)の中で出てきてくれそうですので、その辺り、(裕輔)も色々分析してくれそうですかね。(^^;

(マサル)については、今のところ、『取り替えっこ』前の(裕輔)とは(記憶)を共有していないようですが、恵美でいる(裕輔)の(記憶)は読んでいるようです。

> 次はセーラー服を着て学校なんですね!
> どうなるのかワクワクしながら待っています(^o^)

ありがたいお言葉、とっても感謝ですっ!
すんなりそのまま着るとはいかなさそうですね、、、
どうなりますでしょうか?(汗

> それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!

いつも応援頂きまして本当にありがとうございますっ!!
何とか振替休日も取りつつ活動していきたいと思いますので、またどうぞよろしくお願いしますね!!
大分寒くになってきていますので、successさんもどうぞご無理はなさらないようにして
下さいね!!(^^)>
[1018]
お名前:success 2021/11/5/(Fri) 20:55
つるりんどうさん

更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね!

「はらぼて大祭」について。
モチーフとなった祭りは山中諏訪神社の例大祭「安産祭り」ですね。
山中諏訪神社の公式HPに過去20年分の動画と写真
(お話の設定年である2010年のものまで!)が
アップロードされているのでイメージがしやすいです(^o^)/
『夜祭の神輿を担いだ氏子の女性には安産が約束される』と
公式HPの説明文にありますが、「一夏の友情」ではどうなるのか
楽しみにしてますね!

そしていよいよ恵美(裕輔)がセーラー服を着て外出するのですね。
近いうちに新しい中学校に実際に通うことになるので、その予行練習と
いうことですね。(今の恵美(裕輔)の心境としては、文字通り
『転校生』ですね(笑))

恵美(裕輔)の学校生活の描写は非常に楽しみです。
山梨の中学校という作中の新たなステージで、新たな人達と関わる中で
恵美(裕輔)がどうなるのか期待してますね!

それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!
[1019]  Re:
お名前: つるりんどう 2021/11/7/(Sun) 14:10
こんにちは、つるりんどう@関東です。
何とか週明けに振替休日が取れそうです。(^^;>

>successさん
いつも早速ご感想頂きましてとっても感謝ですっ!!
本当にうれしく思いますよっ!m(_ _)m

> 更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
> 「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね!

ご感想だけでなく色々お調べ頂いたようでどうもありがとうございますっ!(^^)/

> 「はらぼて大祭」について。
> モチーフとなった祭りは山中諏訪神社の例大祭「安産祭り」ですね。
> 山中諏訪神社の公式HPに過去20年分の動画と写真
> (お話の設定年である2010年のものまで!)が
> アップロードされているのでイメージがしやすいです(^o^)/
> 『夜祭の神輿を担いだ氏子の女性には安産が約束される』と
> 公式HPの説明文にありますが、「一夏の友情」ではどうなるのか
> 楽しみにしてますね!

はい、まさしくモチーフはそれです!
生まれ付き『女性』だった里奈にとっては、安産祈願というのは自然なものかもしれませんが、(裕輔)にとっては(ソレに参加するというのは)生む『女性』側になってしまったコトを突き付けるお祭りですものね。
なかなかキツイものがあるでしょう。

なお、お話で出したご神体はフィクションです。
他の似たような奇祭とミックスしました。(^^;

> そしていよいよ恵美(裕輔)がセーラー服を着て外出するのですね。
> 近いうちに新しい中学校に実際に通うことになるので、その予行練習と
> いうことですね。(今の恵美(裕輔)の心境としては、文字通り
> 『転校生』ですね(笑))

そうですね!
(エピソード記憶)を入れ替えてしまえば別ですが、現状ごく僅かな(記憶)に留まっている以上、実質的に『転校』になりますよね。
まあ、周囲の人間からすれば、以前からいる恵美(勝)と同一人物なのですが。

> 恵美(裕輔)の学校生活の描写は非常に楽しみです。
> 山梨の中学校という作中の新たなステージで、新たな人達と関わる中で
> 恵美(裕輔)がどうなるのか期待してますね!

はい、まだ二学期が始まるまで少し時間がかかりますが、少しずつスピードアップしていきたいと思いますので、もう暫くお待ち下さいませね!(^^)>

> それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!

いつも応援頂きまして大感謝ですっ!
何とか今日も更新していきたいと思いますっ。
気温も下がってきていますし、successさんもどうぞご無理はなさらないで下さいね!

それでは、またどうぞよろしくお願いしますっ!!m(_ _)m
[1014] 『animi et corporis』番外編1・8話など感想
お名前:あまがさ 2021/10/31/(Sun) 15:38
あまがさです。今回の更新SSの感想です。

『animi et corporis』番外編1・8話

葉多くん、とりあえず、長田さんの体でのオシッコは、無事に済ませたようですね。
もっともその後、色々くよくよ考えすぎているようですが、こういう性格だからしかたないか。
(というか、つるりんどうさんのSSの主人公の傾向として、入れ替わりの直後に、開き直って楽しむタイプってあまり見ない気がする。脇役には結構いるんですけどね)

で、長田さんのことを、LGBTQとか、LGBTQ+とか、色々考察したりもしていますね。これも性格だなあ。
そして、TSモノとか用語とか、私はわりとわかっているほうだとは思っていましたが、今回のLGBTQとか、LGBTQ+とかは、まったく知りませんでしたw
読んでいて、どういうことなのか、ニュアンスとしてはわかりましたけどね。
後で検索をして、作中での用語の意味なども、改めて理解しなおしました。なるほど、と。
最近はジェンダーフリー、とか言って、性別の区別を曖昧化しようという動きがあるのは認識していましたが、こういう区分や考え方があるとは、不勉強で知りませんでした。

>多分、長田の性自認は、Q=クエスチョニングに該当するんじゃないか?

それを踏まえて、長田さんというキャラは、今までつるりんどうさんのSSに登場したキャラの中では、特殊なんだな、とは思いました。
(私の中では、長田さんは、男になりたいわけではないが、女にこだわっているわけではない、くらいの中立キャラだったので、それより深いんだなと。)

葉多くん、作中での考察で、
>むしろ、俺の身体を経験することで、クエスチョニング状態からトランスジェンダー側に傾くってことがあってもおかしくなかったり、しまいか?
>「はあ……考え過ぎか」

などと、不安を打ち消すように「考え過ぎ」としていますが、男と女の両方の性を体験した後に、長田さんがどう感じてどう考えるのか、読者的にはちょっと怪しいな、とは思っています。
まあ、本格的に体験するのは、まだこれからですから、今から必要以上に不安を感じてもしょうがないですけどね。

>ううむ、本当に俺、大丈夫なのか?
>三日間も、長田の身体で過ごさなければならないという現実を前に、煩悩まみれの俺は、軽く不安を覚えちまうのだった。

そっちの不安はともかく、読者的には、これから長田さんの体で過ごす葉多くんの、三日の体験がどうなるのか、というのは楽しみですね。

>「ふふっ、葉多君のこと信頼してるから、そう言ってるんだよ?
>アタシも葉多君のチンチン大事に扱うから、葉多君も心配しないで自分のものだと思って楽しんでね!」
>「なあっ!??」
>俺は思わず声を張り上げ、己の敗北を悟ったのだった。

この番外編を読んでいて、最初の話の頃からわかっていましたが、長田さんのほうが役者が上ですね。
とりあえずトイレイベントが終わり、体に合わせてお互いの家に帰ることになりそうですが、この後どうなるのか楽しみです。


『一夏の友情』day10 21話

>「うーん、そりゃ、西条の顔よりかは……マシだって思うけど」

この後の表記のニュアンスからして、西条さんの容姿のほうが、女の子っぽい容姿だということですねw
読者的には、こっちのほうが面白そうって気はしますが(苦笑)

>ソウイウ意味では、『取り替えっこ』シた相手が『小池恵美』でまだ救われていたとも言えなくはない。

もっとも、(今更ながら)恵美がそういう容姿だったから、裕輔は入れ替わるまでそれに気付かなかった。騙された。とも言えると思いますけどね。

ポニーテールやサイドテールなどの髪型の話題は、successさんがしているので、今回はスルーするとして、(なんか感想が無駄に長くなっていますし)

>(うぅっ、元のオレのはずなのに、すげぇイイ男って思えてきちまう!)

なんだか元の自分が他人のように感じて、それに憧れを感じはじめているという、倒錯感がなんともいえません。

>『小倉裕輔』(裕輔)の忙しい日々も知っているだけに、
>「うぅ、やっぱ、裕輔として生きていける気がシねぇ……」
>今の自分(裕輔)がソノ生活を送るコトができるという自信を持てず、(勝)ほどの『取り替えっこ』(願望)を抱けていないコトも自覚スるのだ。
>(裕輔の全部が欲しいっつー前の(勝)の(気持ち)は分かるけど、今のオレじゃ、全部手に入れても、元の生活に戻れっこねーんだよなあ)

元の自分の生活なのに、元に戻ってもそれをこなせる自信が持てないなんて、なんかこの辺は読んでいて苦笑してました。
この辺は、二度飲み、少量の三度飲み、の影響もあるのでしょうが、元に戻ることができたなら、時間はかかってもなんとかなる気はします。
(戻れないから問題なんだろうけどね)
あと、裕輔になった恵美は、そういう裕輔の現実を知って最初はうんざりすることもあるかもしれませんが、その辺は二度飲みの効果と、何よりも憧れの男子になれたモチベーションで、時間がかかっても乗り越えそうな気はします。

>「はあ、コンナド田舎、何がヨかったんだっけ?」

無意識に出た独り言に、価値観の変化が出ちゃってるみたいですね。
マジレスすると、都会生活で、裕輔が普段触れない生活だから、田舎に憧れることができたんだとは思います。
もし何かの事情で、裕輔のままここで生活することになったとしたら、それはそれで、ここでの生活にいつかうんざりしていたんじゃないかな?

>今のトコロ、(勝)の学校に関する(エピソード記憶)が特に戻っていない以上、一度は学校を下見に行く必要はあるだろう。

もうちょっと先の話題になるのだとは思いますが、学校の下見イベントがどうなるのか楽しみですね。

あと里奈と恵美との会話、全部書いていたらきりがないので、思った感想を完結に。
里奈の視点から見たら、色々だらしない従妹の恵美へのお小言になっちゃってますね(苦笑)
そして恵美(裕輔)、里奈に女の子扱いされて、地味にダメージを受けていましたが、今更な気はしましたが、
でもこれからも、こういう機会があるごとに、こういうダメージを受けることになるのでしょうね。

それでは今回はこの辺で、続きを楽しみにしています。
[1016]  Re: 『animi et corporis』番外編1・8話など感想
お名前: つるりんどう 2021/11/1/(Mon) 00:10
こんばんは、つるりんどう@関東です。
相変わらず出張業務で立て込みまして、お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>あまがささん
> あまがさです。今回の更新SSの感想です。

いつもご丁寧にご感想頂きとっても感謝ですっ!!
本当にありがたく思いますよっ!(^^)/

>『animi et corporis』番外編1・8話
> 葉多くん、とりあえず、長田さんの体でのオシッコは、無事に済ませたようですね。
> もっともその後、色々くよくよ考えすぎているようですが、こういう性格だからしかたないか。
> (というか、つるりんどうさんのSSの主人公の傾向として、入れ替わりの直後に、開き直って楽しむタイプってあまり見ない気がする。脇役には結構いるんですけどね)

ご感想、ご分析頂きましてどうもありがとうございますっ!!m(_ _)m
まあ、主人公があまり暴走し過ぎると、葛藤とかを書けなくなってしまいますからね。
やはり、ある程度は、自制してくれる方が好みですね(笑

> で、長田さんのことを、LGBTQとか、LGBTQ+とか、色々考察したりもしていますね。これも性格だなあ。
> そして、TSモノとか用語とか、私はわりとわかっているほうだとは思っていましたが、今回のLGBTQとか、LGBTQ+とかは、まったく知りませんでしたw
> 読んでいて、どういうことなのか、ニュアンスとしてはわかりましたけどね。

私の場合、お話で書けるように、あるときからその手の新聞記事を収集するようになりまして、ストックがあるので、設定時期にあわせて書ける感じです。
最近のティーエイジャーで、意識高い子は結構知っているのかもしれませんね。

葉多君の場合は、本や新聞をしっかり読み込む子なので、しっかり知っています!(^^

> 後で検索をして、作中での用語の意味なども、改めて理解しなおしました。なるほど、と。
> 最近はジェンダーフリー、とか言って、性別の区別を曖昧化しようという動きがあるのは認識していましたが、こういう区分や考え方があるとは、不勉強で知りませんでした。

まだまだそこまで頻繁に、大きく話題になるような記事内容でもありませんので、当事者や身近にそういう人がいるような人たちでないと、なかなか意識して読まないでしょうし、一般的にはそんなものかもしれませんね。

今は新聞記事もキーワード検索できるので、作者サイドの情報収集は大分しやすくなりました。(^^;

>>多分、長田の性自認は、Q=クエスチョニングに該当するんじゃないか?
>
> それを踏まえて、長田さんというキャラは、今までつるりんどうさんのSSに登場したキャラの中では、特殊なんだな、とは思いました。
> (私の中では、長田さんは、男になりたいわけではないが、女にこだわっているわけではない、くらいの中立キャラだったので、それより深いんだなと。)

恐縮な限りです、、、
Qキャラは以前から出してみたく思っていたので、今回の番外編で書いてみることにしました。

> 葉多くん、作中での考察で、
>>むしろ、俺の身体を経験することで、クエスチョニング状態からトランスジェンダー側に傾くってことがあってもおかしくなかったり、しまいか?
>>「はあ……考え過ぎか」
>
> などと、不安を打ち消すように「考え過ぎ」としていますが、男と女の両方の性を体験した後に、長田さんがどう感じてどう考えるのか、読者的にはちょっと怪しいな、とは思っています。
> まあ、本格的に体験するのは、まだこれからですから、今から必要以上に不安を感じてもしょうがないですけどね。

まあ、長田さん的には、葉多君の身体・立場は、色々な意味で理想的でありそうですからね。
両親も応援してくれ、性別的にも活躍しやすくなるということで、メリットは大きいでしょうし、、、

さて、どうなりますでしょうか?(滝汗

> そっちの不安はともかく、読者的には、これから長田さんの体で過ごす葉多くんの、三日の体験がどうなるのか、というのは楽しみですね。

どうもありがとうございますっ!!
本編とも合わせて、何とかいいところまで早めにもっていきたいと思いますっ!(^^)>

> この番外編を読んでいて、最初の話の頃からわかっていましたが、長田さんのほうが役者が上ですね。
> とりあえずトイレイベントが終わり、体に合わせてお互いの家に帰ることになりそうですが、この後どうなるのか楽しみです。

そうですね。
成績も上ですし、異性ともこうして気軽に話せるような性格ですし、やはり長田さんの方が格上という感じですかね。
まあ、葉多君もそれなりに頭はいいんですが、長田さんと比較してしまうと(笑

次の週末辺りに振替休日をくっ付けたいとか考えていますので、またどうぞよろしくお願いしますね!(^^)>


> 『一夏の友情』day10 21話

こちらもたくさんご感想頂きまして大感謝ですっ!!(^^)/

>>「うーん、そりゃ、西条の顔よりかは……マシだって思うけど」
>
> この後の表記のニュアンスからして、西条さんの容姿のほうが、女の子っぽい容姿だということですねw
> 読者的には、こっちのほうが面白そうって気はしますが(苦笑)

まあ、最初から普通にかわいらしい、『女の子』らしい容姿になるというのは、TSFの定番のお話ですからね。
『一夏の友情』は、性同一性障害の立場を押し付けられて、今後の人生を模索していくところにありますから、ご理解頂けますと幸いです。(^^;>

> もっとも、(今更ながら)恵美がそういう容姿だったから、裕輔は入れ替わるまでそれに気付かなかった。騙された。とも言えると思いますけどね。

騙されていなかったなら、入れ替わってなかったでしょうしね。
真面目君だった元の(裕輔)のままでは、『女の子』と分かっている相手と入れ替わるのはハードルが高かったでしょうし、そもそも二人の関係もそこまで深まらなかったでしょう。(^^;

> ポニーテールやサイドテールなどの髪型の話題は、successさんがしているので、今回はスルーするとして、(なんか感想が無駄に長くなっていますし)
> なんだか元の自分が他人のように感じて、それに憧れを感じはじめているという、倒錯感がなんともいえません。

どうもありがとうございますっ!!(^^)/
本来の『自分の身体』を『自分の身体』と思えなくなり、興味を持ったり、憧れを持ったりするというのは、まさしく(勝)と立場が逆転したという感じでドキドキします(爆

> 元の自分の生活なのに、元に戻ってもそれをこなせる自信が持てないなんて、なんかこの辺は読んでいて苦笑してました。
> この辺は、二度飲み、少量の三度飲み、の影響もあるのでしょうが、元に戻ることができたなら、時間はかかってもなんとかなる気はします。
> (戻れないから問題なんだろうけどね)
> あと、裕輔になった恵美は、そういう裕輔の現実を知って最初はうんざりすることもあるかもしれませんが、その辺は二度飲みの効果と、何よりも憧れの男子になれたモチベーションで、時間がかかっても乗り越えそうな気はします。

もし元に戻ることができ、なおかつその際に『二度飲みの作用』を発現させられるのであれば、今の(裕輔)も徐々に元の調子に戻っていけそうですよね。
それでも、恵美(裕輔)でいた間の後遺症みたいなものが長く残りそうですが(苦笑

(勝)の方は、最初は理想の『男』になれた高揚感で、うんざりする余裕もなさそうですし、『二度飲みの作用』で徐々に対応していけるようになりそうですから、何とかうまくやっていけるのではないかと思います。
まあ、やる気はあっても、小テストボロボロとかやらかしている訳ですが、、、(^^;

> 無意識に出た独り言に、価値観の変化が出ちゃってるみたいですね。
> マジレスすると、都会生活で、裕輔が普段触れない生活だから、田舎に憧れることができたんだとは思います。
> もし何かの事情で、裕輔のままここで生活することになったとしたら、それはそれで、ここでの生活にいつかうんざりしていたんじゃないかな?

ご考察頂きましてとっても感謝ですっ!!
そうですね、元の裕輔(裕輔)のままでも、行き付けのファストフード店がなかったり、PCパーツショップがなかったり、今までどおりの生活ができなくなることで早い内に(不満)をもつにいたったのではないかと思います。(^^;

> もうちょっと先の話題になるのだとは思いますが、学校の下見イベントがどうなるのか楽しみですね。

どうもありがとうございますっ!
2話ほど先に着替えて、学校に向けて出発するかなと思いますので、もう少しお待ち下さいませね!(^^)>

> あと里奈と恵美との会話、全部書いていたらきりがないので、思った感想を完結に。
> 里奈の視点から見たら、色々だらしない従妹の恵美へのお小言になっちゃってますね(苦笑)
> そして恵美(裕輔)、里奈に女の子扱いされて、地味にダメージを受けていましたが、今更な気はしましたが、
> でもこれからも、こういう機会があるごとに、こういうダメージを受けることになるのでしょうね。

ええ、最初は『他人事』で済ますことができましたが、元に戻れないことも判明し、(マサル裕輔)化も進むことで、ダメージを受けやすくなっていきそうですよね。
その辺りの内面の動きも描いていきたいと思います!

> それでは今回はこの辺で、続きを楽しみにしています。

はい、いつも応援頂きまして大変感謝ですっ!!
何とか振替休日等で執筆を続けていきたいと思いますので、またどうぞよろしくお願いしますねっ!(^^)>
[1013]
お名前:success 2021/10/26/(Tue) 21:51
つるりんどうさん

更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね(^o^)

「黒髪ストレートロング」、「サイドテール」、「ポニーテール」の三種類の髪型について。
女の子らしい髪型ですけど、その髪型をしている自分の姿の写真を恵美(裕輔)が見てしまっていたら夢の中の(恵美)の姿も鮮明なものになっていた(パワーアップしていた?)でしょうね。恵美(裕輔)の「女としての自分のイメージ」を投影、具現化した存在が(恵美)ですから。

こういう、かつての(勝)ですら体験したことがないレベルの、本当の女の子らしい体験って、恵美(裕輔)を(女の子)にしたい(恵美)としては願ってもない展開ですけど、(オトコ女)にしたい(マサル)としては面白くないかもしれませんね。

(マサル)としてはかつての(勝)が味わっていた体験(オトコ女としての苦しみ)を同じように恵美(裕輔)にもさせて、二度飲みの効果で(オトコ女)にしたいのかなと思いますし、(勝)ですら未知である女の子らしい新体験を恵美(裕輔)がすることは「あの裕輔に女の子の格好をさせている」とサティステックな楽しみはできるかもしれませんけど、(恵美)が現れてしまった以上、ウェルカムではないかもしれないです(里奈の古着の試着イベントは(恵美)としては期待しているし、嬉しい展開ですね)

(恵美)は(マサル)のように「小池恵美」の身体を完全にコントロール下におけるほど強くはないですけど、(マサル)のストッパーになってくれそう。
ただ(恵美)のルーツに関しては、現時点ではかなり謎ですね。
(恵美)は(マサル)を認識しているみたいですし、まだ妙薬には秘密がありそうです。(単純に全く妙薬とは関係ない(裕輔)の想像の産物かもです)

髪型の話に戻しますと、実際にこういう三種類の髪型にする展開はあるかもしれませんが、その上、黒髪を茶髪に染めて垢抜けさせたりしたら、さらに小池恵美の外見上のイメージは変わりそう。でもまだまだ先の話ですね。(そもそも少年のように日焼けしている肌が元の肌色に戻るだけでも相当イメージが変わりそうです。(裕輔)目線では見たことがない自分の姿なわけですから)

次は本番さながらにセーラー服を着て学校に行くわけですね!
恵美(裕輔)にどんなことが待ち受けているのか楽しみにしてますね!!
新展開、本当に楽しみです!!(^o^)

それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!!
[1015]  Re:
お名前: つるりんどう 2021/10/31/(Sun) 23:38
こんばんは、つるりんどう@関東です。
相変わらず出張業務で立て込みまして、お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>successさん
> 更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
> 「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね(^o^)

お早いご感想いつもどうもありがとうございますっ!!(^^)/
本当にうれしく思いますよっ!

> 「黒髪ストレートロング」、「サイドテール」、「ポニーテール」の三種類の髪型について。
> 女の子らしい髪型ですけど、その髪型をしている自分の姿の写真を恵美(裕輔)が見てしまっていたら夢の中の(恵美)の姿も鮮明なものになっていた(パワーアップしていた?)でしょうね。恵美(裕輔)の「女としての自分のイメージ」を投影、具現化した存在が(恵美)ですから。

そうですね!
真後ろに里奈が立って頭の位置を合わせていた状況ですから、写真を撮ってもらわない限り恵美(裕輔)には見ようがなかった訳ですが、(裕輔)のダメージを考えると見られなくてよかったのかもしれません、少なくとも現時点では。(^^;

> こういう、かつての(勝)ですら体験したことがないレベルの、本当の女の子らしい体験って、恵美(裕輔)を(女の子)にしたい(恵美)としては願ってもない展開ですけど、(オトコ女)にしたい(マサル)としては面白くないかもしれませんね。

(マサル)としても、ある程度までは、(裕輔)に『女の子』の体験してもらいたいという(思い)はあるものの、(恵美)のしようとしているところは想定外と言えるでしょうね。
あくまで、(勝)が体験した、もしくは体験するはずだったことを体験してもらいたいという程度でしたからね。

> (マサル)としてはかつての(勝)が味わっていた体験(オトコ女としての苦しみ)を同じように恵美(裕輔)にもさせて、二度飲みの効果で(オトコ女)にしたいのかなと思いますし、(勝)ですら未知である女の子らしい新体験を恵美(裕輔)がすることは「あの裕輔に女の子の格好をさせている」とサティステックな楽しみはできるかもしれませんけど、(恵美)が現れてしまった以上、ウェルカムではないかもしれないです(里奈の古着の試着イベントは(恵美)としては期待しているし、嬉しい展開ですね)

まさしくそうですね。
もし恵美が恵美(恵美)だったなら、里奈の古着試着はうれしいイベントだったでしょうし、万が一にも、(裕輔)が(恵美)化することがあれば、(オトコ女)として嫌がって欲しいことを嬉々としてやってしまいかねないですからね。
(マサル)としては、望まない展開でしょう。(^^;

> (恵美)は(マサル)のように「小池恵美」の身体を完全にコントロール下におけるほど強くはないですけど、(マサル)のストッパーになってくれそう。
> ただ(恵美)のルーツに関しては、現時点ではかなり謎ですね。
> (恵美)は(マサル)を認識しているみたいですし、まだ妙薬には秘密がありそうです。(単純に全く妙薬とは関係ない(裕輔)の想像の産物かもです)

(恵美)は、(女の子)に妥協しつつあるように見えた(朱莉)と恵美の合体したものではあるのでしょうが、『二度飲みの作用』で現れた(マサル)を突き飛ばしていることから、何らかの(仮想人格)化が起きている可能性もありますね。(^^
その辺りは、今後のお話で書いていければと思います。

> 髪型の話に戻しますと、実際にこういう三種類の髪型にする展開はあるかもしれませんが、その上、黒髪を茶髪に染めて垢抜けさせたりしたら、さらに小池恵美の外見上のイメージは変わりそう。でもまだまだ先の話ですね。(そもそも少年のように日焼けしている肌が元の肌色に戻るだけでも相当イメージが変わりそうです。(裕輔)目線では見たことがない自分の姿なわけですから)

実際、ポニー、サイドテールは似合うでしょうから、そうできるようになるのが作者サイドとしましても楽しみですね!
それで、ポニー、サイドテールにできるほど伸ばしているなら、お風呂に入る際などに髪を下ろすタイミングが出てきますから、(裕輔)自身は一日に何度かそんな自分の姿を見ることになりそうです。

> 次は本番さながらにセーラー服を着て学校に行くわけですね!
> 恵美(裕輔)にどんなことが待ち受けているのか楽しみにしてますね!!
> 新展開、本当に楽しみです!!(^o^)

どうもありがとうございますっ!
まだ、次のお話は、シャワーを浴びるところまでですが、それ以降でセーラー服姿になってくれるかと思います。(^^;>

> それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!!

いつも応援頂きまして大変感謝ですっ!!
何とか振替休日なども利用しながら更新していきたいと思いますので、また今後ともよろしくお願いしますねっ!!m(_ _)m
[1002] 『animi et corporis』番外編1・7話など感想
お名前:あまがさ 2021/10/3/(Sun) 22:00
あまがさです。今回の更新SSの感想です。

とその前に、前回の感想で、身長のコメントで、少し耳の痛い意見を言っていてすみません。
でも、後で該当部分を読み直したら、葉多くんの身長が175センチに修正されていて、手直しさせて申し訳ないと思いつつ、意見をお聞きいただきありがとうございます。

>(充分背が高いと言い張っているのは、見栄もある設定です)

あ、でもなるほど、葉多くんが身長に関して見栄を張っているとすれば、そう言うのもわかります。
でも、蒸し返すようで申し訳ないですが、ついわざわざ意見を行っちゃった私の感覚だと、170ちょいの身長は、平均かそれよりちょい高いかもしれませんが、(自分より身長の低い男子もいますが)クラスでも高いほう、という意識はもてなかったです。
だって、高校で身長が高いっていえば、クラスに180超え、190近くの背の高い者も複数人いるわけで、決して人数が多いわけではないですが、(私の場合)背の高いの基準が、そっちになっちゃってたんですよ。
これについては、人によって感覚がちがうかもしれませんが、こういう意見もあるということでお願いします。
身長が175センチあれば、私の感覚でも、背が高め、と強弁できますねw
(このほんの数センチの差が、結構感覚的に違う気がします)


『animi et corporis』番外編1・7話

>長田と入れ替わって、鏡で自分の姿を確かめたのはこれが初めて……だ。
>ヤバイ、マジで美人でかわいいんですけど!

余裕が無い中で、鏡で今の自分の姿を初確認。
余裕が無いからすぐにその場を離れましたけど、美人でかわいいと感じたり、もう少し長田の顔を眺めてみたいと思うなど、けっこうぐっと来たようで、後で余裕ができた時が楽しみですね。

>そう……さっき、長田に潔癖症と言われた通り、俺は少し潔癖症側かなと思うことがある。
>トイレのサンダルに履き替えるのは正直好きになれない行為だ。

この辺の表現を見ると、一夏の裕輔に通じる所がありますね。
もっとも、女子が履いたサンダルだと思えば、男子のそれよりイヤでないっていうのは、今の所は男の勝手なサガってことで良いと思いますよ。
将来的に、感じ方がどう変わるのか、分かりませんけどね。

>「ちょっ、いかん、マジ漏れるぞっ!??」

この後も、色々戸惑いつつも、(スカートとかショーツとか漏れそうとか)ぎりぎり間に合ったようで、ひとまずは良かったのかな?
ふと思った、……もし間に合わなくて、お漏らしをしていたら、この後どうなっていたやら?
私だったら、長田さんに申し訳なさを感じたり、後始末に四苦八苦したり、着替えて(この場合ジャージ?)帰る羽目になったりする話しにしていたかもね。

そういう妄想はともかく、無事にトイレを済ませた後の、続きを楽しみにしています。


『一夏の友情』day10 20話

>「はあ、はあ、ゅ、夢……だったのか?」

今度はしっかり夢と認識できたようですね。
そして、夢に出てきた女バージョンの恵美、裕輔の昔の知り合いの子がモデルだと、認識できたみたいですね。
というか、まだそっちの記憶がしっかりしていたことは、読者的にはちょっとびっくりです。
もっとも、こういう事態(妙薬で恵美と体を入れ替えられた)でもなければ、昔の知り合いのボーイッシュな子、西条朱莉のことを、思い出すことはなかったのでしょうけどね。
裕輔の記憶の中の西条朱莉は、余裕がなさそうで、やっぱり以前の感想で予測したように、イヤイヤながら無理に女らしく振舞っていたっぽいですね。

>「つーか、オレ、西条にまで裕輔の身体、狙われちまってたってコトなのかよぉ」

作中でも書かれていますが、西条さん、そうする手段が無かったから、(理想の男子として)裕輔に憧れることはあっても、それ以上は何もできなかったのでしょうね。、
西条さんも、恵美みたく妙薬を手に入れたとか、秘石とか、あるいはそれ以外のアイテムでも手に入れていたら、一時的に、あるいは場合によっては永久的に、裕輔との入れ替わりを狙ったかもしれませんね。

>「やっぱ……オレ、兄ちゃんより、『女』っぽい顔、シてんのかなあ?」
(中略)
>ソウ……ソレは、(裕輔)≒(マサル裕輔)の(魂)の『顔』が『恵美の顔』になり始めている証。
>しかし、(裕輔)は気付かないまま、『恵美の顔』=『自分の顔』を見詰め続けてしまうのだった。

本来なら、裕輔の顔が元の自分の顔のはずなのに、恵美の顔が兄より女っぽいことを気にしたりしていて、確かに無自覚に認識しはじめたようですね。
遅かれ早かれこうなっていたでしょうけど、そうなるのが少し早いようで、なんだかまずそうですね。
いや、TS物的には、良い兆候なのでしょうかw

それでは、こちらも続きを楽しみにしています。
[1004]  Re: 『animi et corporis』番外編1・7話など感想
お名前: つるりんどう 2021/10/18/(Mon) 00:37
こんばんは、つるりんどう@関東です。
コロナが落ち着いてきたのにあわせ、出張業務も激増しまして、お待たせしてしまい本当にごめんなさい、、、m(_ _;m
(先日の10月から失われた祝日のタイミングで、週末+振替休日の三連休化も狙っていましたが、三連休どころか、週末出勤でした、、、)

>あまがささん
> あまがさです。今回の更新SSの感想です。

いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝ですっ!!m(_ _)m
本当にうれしく思いますよっ!
遅レス、本当に失礼致しました、、、

> とその前に、前回の感想で、身長のコメントで、少し耳の痛い意見を言っていてすみません。
> でも、後で該当部分を読み直したら、葉多くんの身長が175センチに修正されていて、手直しさせて申し訳ないと思いつつ、意見をお聞きいただきありがとうございます。

いえいえ、見栄を張っているとはいえ、加減に悩んでいたところでもありましたら、ありがたいご指摘でしたですよっ!(^^)>
あと、以前ご指摘頂きました名前の間違いも修正しておきました。

> あ、でもなるほど、葉多くんが身長に関して見栄を張っているとすれば、そう言うのもわかります。
> でも、蒸し返すようで申し訳ないですが、ついわざわざ意見を行っちゃった私の感覚だと、170ちょいの身長は、平均かそれよりちょい高いかもしれませんが、(自分より身長の低い男子もいますが)クラスでも高いほう、という意識はもてなかったです。
> だって、高校で身長が高いっていえば、クラスに180超え、190近くの背の高い者も複数人いるわけで、決して人数が多いわけではないですが、(私の場合)背の高いの基準が、そっちになっちゃってたんですよ。
> これについては、人によって感覚がちがうかもしれませんが、こういう意見もあるということでお願いします。
> 身長が175センチあれば、私の感覚でも、背が高め、と強弁できますねw
> (このほんの数センチの差が、結構感覚的に違う気がします)

なるほど、確かにクラスに190近い同性の同級生がいれば、そんな感覚にもなりそうですね。
私の高校時代のクラスでは、三年間ほぼ持ち上がりでクラス替えがなく、クラスに190近い同級生はいませんでした。
スポーツ推薦が受けるような子がいた他クラスではいたことはいましたが、たまたまとはいえ、自分のクラスに高身長の同級生がいないと、172〜176で十分高身長という感覚にはなりましたね(苦笑

文武両道でテニス部のエースしている友達(クラスメイト)もいましたが、身長は170くらいでしたしね。
運動神経がいいから、体格・身長もすごいという訳でもないようです。

> 『animi et corporis』番外編1・7話

一話分しか進んでいない中、ご感想頂きましてどうもありがとうございます!!
本当にうれしく思いますっ!(^^)/

> 余裕が無い中で、鏡で今の自分の姿を初確認。
> 余裕が無いからすぐにその場を離れましたけど、美人でかわいいと感じたり、もう少し長田の顔を眺めてみたいと思うなど、けっこうぐっと来たようで、後で余裕ができた時が楽しみですね。

そうですね。
本人も自ら語ってくれていましたが、長田さん宅で自分一人きりになったとき、じっくり眺めてくれることでしょうね(笑

> この辺の表現を見ると、一夏の裕輔に通じる所がありますね。
> もっとも、女子が履いたサンダルだと思えば、男子のそれよりイヤでないっていうのは、今の所は男の勝手なサガってことで良いと思いますよ。
> 将来的に、感じ方がどう変わるのか、分かりませんけどね。

どうもありがとうございます!
設定としましては、裕輔ほど潔癖症ではないという感じではありますけどね。
裕輔は、床にものを落としただけで拭かずにはいられないくらいの潔癖症ですし、、、(^^;

> この後も、色々戸惑いつつも、(スカートとかショーツとか漏れそうとか)ぎりぎり間に合ったようで、ひとまずは良かったのかな?
> ふと思った、……もし間に合わなくて、お漏らしをしていたら、この後どうなっていたやら?
> 私だったら、長田さんに申し訳なさを感じたり、後始末に四苦八苦したり、着替えて(この場合ジャージ?)帰る羽目になったりする話しにしていたかもね。

お漏らししてしまう展開も面白いですよね!
一夏の方では一度やっていますが、相手が相手ですし……普通の『女の子』(女の子)と入れ替わった場合で『お漏らし』となると、大分展開も変わってきそうですから、一度書いてみたいものです!(^^)/

> そういう妄想はともかく、無事にトイレを済ませた後の、続きを楽しみにしています。

はい、何とか振替休日、栄養剤で疲れを何とかしつつ、書いてみたいと思います。(^^;>

> 『一夏の友情』day10 20話

こちらも早速ご感想頂きましてとっても感謝ですっ!!(^^)/

> 今度はしっかり夢と認識できたようですね。
> そして、夢に出てきた女バージョンの恵美、裕輔の昔の知り合いの子がモデルだと、認識できたみたいですね。
> というか、まだそっちの記憶がしっかりしていたことは、読者的にはちょっとびっくりです。

はい、まあ、最近こそ付き合いがなくなってしまったとはいえ、小学生時代はそれなりに一緒に過ごしていた相手ですから、思い出せば色々思い出せるものなのでしょうね。
中学二年生の(裕輔)にとっては、まだ数年前の話な訳ですし。

> もっとも、こういう事態(妙薬で恵美と体を入れ替えられた)でもなければ、昔の知り合いのボーイッシュな子、西条朱莉のことを、思い出すことはなかったのでしょうけどね。
> 裕輔の記憶の中の西条朱莉は、余裕がなさそうで、やっぱり以前の感想で予測したように、イヤイヤながら無理に女らしく振舞っていたっぽいですね。

そうですね。
もし『身体の取り替えっこ』がなく、中学三年生でまた同じクラスになることがあれば、嫌でも思い出してはいたでしょうね。
あと、まれに廊下などですれ違っていた訳ですから、もし朱莉が何らかのアクションを取り出せば、二人の関係性に変化が生じることになったりしていたかもしれません。(^^;

> 作中でも書かれていますが、西条さん、そうする手段が無かったから、(理想の男子として)裕輔に憧れることはあっても、それ以上は何もできなかったのでしょうね。、
> 西条さんも、恵美みたく妙薬を手に入れたとか、秘石とか、あるいはそれ以外のアイテムでも手に入れていたら、一時的に、あるいは場合によっては永久的に、裕輔との入れ替わりを狙ったかもしれませんね。

ええ、ご指摘の通り、手段がない訳ですから、どんなに頑張っても妄想止まり、普段はただ(憧れ)を抱く程度……という感じになっていたでしょうね。
ご指摘の通り、手段を見つかれば、(勝)のようにアクションを起こしていてもおかしくなかったかもしれません(滝汗

> 本来なら、裕輔の顔が元の自分の顔のはずなのに、恵美の顔が兄より女っぽいことを気にしたりしていて、確かに無自覚に認識しはじめたようですね。
> 遅かれ早かれこうなっていたでしょうけど、そうなるのが少し早いようで、なんだかまずそうですね。
> いや、TS物的には、良い兆候なのでしょうかw

(裕輔)の自我を考えると、心配な傾向ではありますよね。
まあ、『二度飲みの作用』が一時的に強まっている状況でありますから、またそれが弱まればある程度元の(裕輔)側に引き戻されるのでしょうけれど、それでも(記憶)は残りますから、複雑な気分になりそうですね、、、(−−;

> それでは、こちらも続きを楽しみにしています。

いつも応援頂きまして大変感謝ですっ!!m(_ _)m
仕事が多忙モード突入していまして、なかなか活動できず申し訳ない限りですが、ようやくまともな振替休日となりましたので、少しは活動できればと思いますっ!

それでは、またどうぞよろしくお願いしますね!!(^^)>
[1005]  Re: 『animi et corporis』番外編1・7話など感想
お名前: つるりんどう 2021/10/19/(Tue) 00:39
皆様、こんばんは、つるりんどうです。

振替休日でしたが、疲れが酷くダウンしておりました。
申し訳ないですが、今週末は移動もない予定なので、もう少しお待ち下さいませ。m(_ _;m
[1001]
お名前:success 2021/9/28/(Tue) 00:26
つるりんどうさん

更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね(^o^)
(本当に簡単ですみません(汗)3年位前から体調に波がありますね(汗)更新でで元気を頂いております)

「あたし」という一人称を使った恵美(裕輔)ですね(^^)
思いっきり(女性)の一人称ですけど、最終的な恵美の一人称はどうなるのでしょうか?(^o^)(一般的な女性が使う一人称は他にも「私」「自分」「うち」などありますけど「あたし」はかなり女性っぽさに踏み込んだ感じですね。カジュアルな場面で使う一人称ではありますね)

それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください(^o^)
[1003]  Re:
お名前: つるりんどう 2021/10/18/(Mon) 00:37
こんばんは、つるりんどう@関東です。
コロナが落ち着いてきたのにあわせ、余分な仕事が激増しまして、お待たせしてしまい本当にごめんなさい、、、m(_ _;m
(先日の10月から失われた祝日のタイミングで、週末+振替休日の三連休化も狙っていましたが、三連休どころか、週末出勤でした、、、)

>successさん
> 更新されたSS、楽しく拝読させていただきました!
> 「一夏の友情」最新話の感想を簡単に書きますね(^o^)

いつも早速ご感想頂きまして大変感謝ですっ!!(^^)/
仕事でぐったり状態化しておりましたが、執筆パワーはしっかり充填させて頂きました!

> (本当に簡単ですみません(汗)3年位前から体調に波がありますね(汗)更新でで元気を頂いております)

いえいえ、どうぞご無理はなさらないで下さいませね!m(_ _)m

> 「あたし」という一人称を使った恵美(裕輔)ですね(^^)
> 思いっきり(女性)の一人称ですけど、最終的な恵美の一人称はどうなるのでしょうか?(^o^)(一般的な女性が使う一人称は他にも「私」「自分」「うち」などありますけど「あたし」はかなり女性っぽさに踏み込んだ感じですね。カジュアルな場面で使う一人称ではありますね)

そうですね。
演技としてなら、今回のように使えない訳でもない一人称ではありますが、その後の精神的ダメージはかなり大きかったようで、当面『あたし』はよほどのことがない限り、使わないでしょうね。
まあ、何かで変なコトに目覚める可能性も否定できませんが(汗

> それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください(^o^)

応援まで頂きまして恐縮な限りですっ!
ようやく(移動日兼振替休日とかではない)まともな振替休日が取れそうですので、執筆リハビリしつつ少し執筆できればと思います。(^^;

それでは、またどうぞよろしくお願いしますね!!(^^)>

#急に冷えてきましたので、お体どうぞご自愛下さいませ!!


各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

このページのトップへ

-- Album BBS v1.2 rp --