投稿する 投稿を見る 「アルバム掲示板」のダウンロード

I N Q U E S T - B B S


() が付いている項目は必ず記入してください。
画像ファイル 画像を選んでください
半角英数字 6-8 文字
パスワード ()
画像の題名
お名前 () お名前・メール等を保存
メール クッキーを削除
URL  
タイトル
メッセージ ()



各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

[833] 『曰く付きのマイルーム』67話など、感想
お名前:あまがさ 2020/11/22/(Sun) 16:11
あまがさです。遅くなりましたが、先週までに更新されたSSの感想です。

『曰く付きのマイルーム』67話

ここまで色々とすったもんだがありましたが、いよいよ器選びの件で萌と相談ですね。

>「海斗君、今あっさり同調したでしょう?」
>「同調……あ!」

>「そ、それは不可抗力さー、さすがにこの中から同調なしに探すのは、ちょっと」
>「はあ、まあ仕方ないわね」

読者的には何を今更って気はしますが、萌からすれば何やってるの、なんですねw
海斗が琉夏になってまだ半日も経っていないのにこの調子で、この先本当に大丈夫でしょうかね?

>『2017年7月22日 萌(海斗君)・高円寺北中学 終業式 → 恩納村移動』
>と書く。
>なるほど、そういう風にまとめるのか!

箇条書きで時空列の状況をまとめますか、なるほどこれならわかりやすいですし、萌さんさすがですね。

>『2017年7月23日 [G出現] 萌、琉夏(海斗君)、その他多数・器選び発生』

>うーん、もしかしてゴキ……ひぃっ、って、ああ、影の男性のことね?
>萌にとってはG扱いなんだ、あははは……。

なるほどあの影の男、G扱いね、あはははは(乾いた笑い)
まそれはそれとして、

>十二月二……あれ、何日だっけ?
(中略)
>あれ、なんで?
>あたしにとってはほんの昨日のことよね?
>海斗だったときの、細かい記憶が思い出せない?

最初は、この辺りを読んでいて、萌や琉夏に同調しすぎて、肝心なことを忘れちゃったのかなと思いました。
でも少し違うようですね。器選びとは違う誓約がかかっていたのかな?

>「でも、そんな酷い頭痛に鼻血って……あたしが西田健太になって、必死に記憶を書き留めたときだって、そこまで酷くはなかったような……。
>海斗君、アイツに何かされたりしてないよね?」

以前の海斗視点では、それらしい描写はなかったですし、実際はどうなんでしょうね?

ところで、鼻血のシーンで、
>うう、何だか恥ずかしいさー!
>これじゃ、まるで中学生のお姉さんに介抱される小学生の妹みたい?

などと書かれていましたが、萌は西田さんになって、一度大学生にまでなりましたからね。
その経験の分大人になってる部分もあると思うのですよ。
案外、この後萌は両親との生活で、その両親から大人っぽくなったと思われることもあるかもしれませんね。


>「それで、日時は分かったの?」
>萌は少し安心したように微笑みながら、尋ねてくる。
>「あー、そうさー、十二月二十二日が終業式で、最後にタイムリープしたのが十二月二十七日で合ってるはずさー!
>時間は十一時半を過ぎた辺りだったはず!」

少し障害はありましたが、肝心なことは思い出せたようで、読者的にも一安心です。
で、実はこの後の萌の発言で、私は少しえっと思っちゃいました。

>「そう、あたしの部屋の壁の向こうはマンションの共用廊下の突き当たりでしょ?
>その廊下の壁に貼り付けば、ぎりぎりその数メートルの範囲に入ると思うのよね」

えっ、萌や海斗の部屋のあった家って、マンションだったの?
そこか、と思われるかもしれませんが、私はマンションだとは思っていませんでした。
念のために一話を読み返してみたら、
>引っ越してきた新しい家の自分の部屋
>中古で駅傍のリーズナブルな物件
とは書かれていたけど、マンションとは書かれていなかったので、漠然と一軒家なのかなと勝手に思っていました。
でもまあ、萌の憶測が正しければ、マンションの廊下からぎりぎり範囲に入りそうで、希望も見えてきましたし、ひとまず良し(?)ですかね。

もっとも、まだまだ超えなければならない障害は多いでしょうし、これからですね。
この続きが楽しみです。




『一夏の友情』day9 64話

>(つーか、オレ……アノ日、出かける前にも、アノとき穿いてたショーツで大丈夫か、とかって気にシてたんだよな?)
(中略)
>『万一ハーフパンツの隙間から見えてしまっても、ブリーフか何かと思ってもらえるだろう』と自分≒恵美(勝)が心配に思っていたコトすら分かってしまう。

まず、恵美(裕輔)の心情とは関係ない事ですが、ハーフパンツのかみパンの心配って、なんか小中学生の頃のことを思い出しました。
私の子供の頃(○○年前)は、ハーフパンツより短い短パンにブリーフが普通だったから余計にw
まあ、いうほど心配していませんでしたけどね、見られたからってどうってことないって感じで。
話は逸れましたが、

>「ぅ、うぅっ! また、オレ、勝の方に……流されちまってたのか!?」
>(勝)の(記憶)と本来の自分=(裕輔)の(記憶)の区別がまた付かなくなりかけていたのにようやく気付き、恵美(裕輔)はまたイヤな汗が噴き出てくるのを感じる。

こちらはこちらで、裕輔はどんどん勝に染まっていってるみたいで、大丈夫なのかと心配になります。
……いずれ時間の経過と共にこうなったのだろうけど、大丈夫じゃないよな。

>(いや……つーか、オレのチンコとキンタマって、普段どんな触り心地だったっけ?)
>普段自分のモノとして触れていたオチンチンとキンタマの表面は、どんな感じだったのだろう?

successさんは感想で、マサル化、恵美化、のことを楽しんでおられるようですが、私は本来の自分、裕輔の喪失のことが気になっていました。
気が付いたら、以前の感覚とか記憶とか、色々な物を失っていって、恵美として生活する以上、変化は仕方がないですが、この先もそうなっていくのでしょうね。

あと、successさんの前回の感想の後に、11/21/23:45にも書き込みがありました。チェックしてあげてくださいませ。
(あの書きかただと、見落とされる可能性が高い? 私も以前見逃されたw
successさん、たとえ感想が短くても、新スレ立てたほうが確実でよいかなと思いますよ)
私は最新話の感想は、また後で、ということにします。

それでは今回はこの辺で失礼します。
[834]  Re: 『曰く付きのマイルーム』67話など、感想
お名前: success 2020/11/22/(Sun) 18:06
あまがささん

ご感想で触れていただきありがとうございます(^O^)
次からは新しい感想コメントを書く時は新スレを立てますね(^O^)
私としてはつるりんどうさんのSSの更新を生き甲斐(大げさかも(笑))にして何とか何とか根性で生きてる(これも大げさかもです(汗))感じです(^∇^)

あまがささんのご感想も常々拝読させていただいております(^∇^)
[832] 毎回楽しみにしています
お名前:てるてる 2020/11/22/(Sun) 00:02
つるりんどうさん
はじめまして。
初めて書き込みさせていただきます。
以前からアップされる小説を楽しく拝読しております。
つるりんどうさんのお話は、主人公の揺れ動く微妙な心理描写が絶妙に表現されており、毎回のお話の展開を楽しみにしています。
一気に替わるのではなく、徐々に心と体が変化していくじわじわ感にひかれます。
これからの更新も楽しみにしています。
最後に、個人的には赤の秘石の続きが気になります。またお話の続きが読めればと思います。
[829]
お名前: 2020/11/17/(Tue) 22:29
以前に読んだ「感情」というSSをもう一度読みたいです!
[831]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/11/21/(Sat) 23:50
こんばんは、つるりんどう@関東です。
仕事が立て込んでおりましてお待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _)m

>麦さん
インクエストBBSに書き込み頂きまして大変感謝です!!(^^)/
ようこそいらっしゃいました!

> 以前に読んだ「感情」というSSをもう一度読みたいです!

リクエスト頂きどうもありがとうございますっ!
今出張中のため、昔のデータの確認ができないのですが、戻り次第見てみたいと思います。

ただ、一部過去のバックアップデータが失われておりまして、特に短編系は復旧できない可能性もありますので、その場合はどうぞご容赦下さいませね!m(_ _)m

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[827]
お名前:success 2020/11/13/(Fri) 19:23
つるりんどうさん

更新された「一夏の友情」の感想コメントを書きます(^∇^)
更新があり本当にうれしいです!
2年前くらいから元気がなく、短文のコメントで申し訳ないです(^^;;
(あまがささん、ご感想で触れていただきありがとうございますm(_ _)m)

(裕輔)の記憶、(勝)の記憶の区別がつかなくなる描写はすごくいいですね(^∇^)
脳にある(勝)の記憶を三度飲みで(マサル)が引っ張ってきたわけですが、
(裕輔)の記憶の方が小池恵美という身体にとっては異物と言えるものですね。

小倉裕輔の男性器の感触を噛みしめる恵美(裕輔)ですね。
これまでに恵美(勝)が触ったことある男性器って(幼少期に)父、兄くらい?
(もしかしたら幼馴染の豊とかも?)
二度飲みの効果で(マサル)人格に近づいた恵美(裕輔)としては、
再び男性器に触ってみたいわけですが、次いつになるのか楽しみですね(^∇^)
(これだけ見ると異性や異性器に興味津々な健全な思春期な女の子みたいですね(笑))

それでは、つるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!
更新楽しみにしてます(^O^)
[828]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/11/15/(Sun) 19:30
こんばんは、つるりんどう@関東です。
お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>successさん
> 更新された「一夏の友情」の感想コメントを書きます(^∇^)
> 更新があり本当にうれしいです!
> 2年前くらいから元気がなく、短文のコメントで申し訳ないです(^^;;
> (あまがささん、ご感想で触れていただきありがとうございますm(_ _)m)

いつも早速ご感想頂きまして大変感謝です!!m(_ _)m
ご体調の優れない中、書き込みいただき恐縮な限りですよ!

> (裕輔)の記憶、(勝)の記憶の区別がつかなくなる描写はすごくいいですね(^∇^)
> 脳にある(勝)の記憶を三度飲みで(マサル)が引っ張ってきたわけですが、
> (裕輔)の記憶の方が小池恵美という身体にとっては異物と言えるものですね。

お互い承知の上で『身体の取り替えっこ』シた、特に(勝)は強く望んでそうしたという前提がなければ、ご指摘の通り、(裕輔)の(記憶)こそ恵美にとっては異物となりますね、、、(^^;
恵美として生きていく分には、(勝)の(記憶)がある方が便利そうですが、(裕輔)の(自我)が大変なことになってしまいそうですから、そう簡単にもいかないですよね。

> 小倉裕輔の男性器の感触を噛みしめる恵美(裕輔)ですね。
> これまでに恵美(勝)が触ったことある男性器って(幼少期に)父、兄くらい?
>(もしかしたら幼馴染の豊とかも?)
> 二度飲みの効果で(マサル)人格に近づいた恵美(裕輔)としては、
> 再び男性器に触ってみたいわけですが、次いつになるのか楽しみですね(^∇^)
> (これだけ見ると異性や異性器に興味津々な健全な思春期な女の子みたいですね(笑))

どうもありがとうございます!!(^^)/
恵美(勝)が触ったことのある対象は、だいたいご分析の通りだと思います(汗
興味津々な思春期の女の子……確かにそうですが、普通の女の子はいざ自分の股間にそれが備わったらパニックになりそうですね(笑
(勝)であれば、大喜びするところでしょうから、そこが大きな違いとなりそうです!

次誰の男性器を触るかにつきましては、本編にて……ということでよろしくお願い致します!m(_ _;m

> それでは、つるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!
> 更新楽しみにしてます(^O^)

いつも応援頂きまして大感謝です!(^^)/
successさんもどうぞご無理はなさらないで下さいね!

連休も振替休日対応となりそうですが、何とか更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致しますね!m(_ _)m
[830]  Re:
お名前: success 2020/11/21/(Sat) 23:45
相変わらず体調は良くなく、、、
更新で元気をもらっている状況です(^o^)
簡単な感想コメントです(汗)

「一夏の友情」最新話拝読させていただきました(^^)
「少量の三度飲み」で記憶は得られるわけですが、(マサル)化が進んで失うものがあるのはとてもいいですね(^o^)
また胸はこれから大きくなりそうですね(^o^)

つるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください!!
[823] 『一夏の友情』day9 63話、など
お名前:あまがさ 2020/11/3/(Tue) 15:29
あまがさです。まずは今回の感想です。

『一夏の友情』day9 63話

今回も恵美(裕輔)は色々考察していますが、私がポイントとして思ったことは、

>「ヤベェ……なんか、オレ、三度飲みシても、大して変わらねーのかなとか思い始めてんのか?」

恵美を知る、第三者視点から見ればそうかもしれませんが、裕輔本人の自我という目で見れば大違いだと思っています。
長い目で見れば、裕輔の人格は元の恵美のそれに侵食されていって、最終的には差が少なくなるのかもしれませんが、元の自分の自我を守るというのは、私は大きいと思いますけどね。

ただまあ、三度飲みの快楽を知ってしまい、恵美(裕輔)は状況に流されそうになっていますからねえ。
状況に流されているのって、状況にながされる裕輔と、快楽に流される恵美の、それぞれの部分が悪いほうにかみ合って、そうなっている気がしてねえ(苦笑)

>(オレ、自分に戻ってる、さっきよりは戻ってるはずなのに……コノマン○より、裕輔のチンコに興奮シちまいそう……)

微量の三度飲み、一時の快楽で、かえって普通の感覚では満足できなくなっている様子。
今後がどうなるのか、不安材料が多そうですねえ。

以前、successさんがちらりと推測を書かれていましたが、一度飲みの分岐があったら読んでみたいですね。
元に戻るために二度目を飲む、という手順がある以上、普通なら可能性の少ないシチュエーションですけどね。
ただ、裕輔の自我を保ったまま、買い物に行って、化粧や女物の服のイベントをこなして、浴衣のイベントもこなして、
さてその場合、裕輔はどうなるのでしょうねw


『シェアワールド(18)』の投稿掲示板で、とある母娘、中学生の場合のIFの続き
「えりな、初めて(?)のトイレ」を投稿しました。

あちらのあとがきでも書きましたが、実はトイレシーンは最初は書くつもりは無く、
(書いてもさらっとのつもりでした)恵理菜を一人にする機会を作るために書きました。
だって今時、自宅ならともかく、お出かけ先の海とかペンションで、五歳の幼児を一人にしないでしょ?
なお、一人になれば因果律の縛りが緩くなることに気づきましたので、今後の恵理菜は、自分でその機会を作ろうとするかもです。

もっとも前回のあとがきでも書きましたが、トイレシーンはさらっと流すつもりでした。
なのに書いてみると、意外に密度が濃くなってしまいました(苦笑)

とはいえ、やっぱりこういう機会ができたら、たとえ体が幼児でも、男女の違いは気になると思いますし、今の自分の体を探索するかな、とは思います。
なので、書き終ってから、ちょっと物足りなかったかな? と思っちゃいました。
まあ、読者的にはともかく、恵理菜(健太)的には、この後でも今は恵理菜の体は自分の体になったのだから、確かめる機会はあるでしょう。w
さすがに幼児だから、触るまでで止まっちゃうでしょうけどね。

あとついでに、これも書いちゃおう。
恵理菜のママ、中身が違うせいもあり、元のママと微妙に反応を違わせています。
恵理菜が作中でちょっとだけ、あれ? と思ったりしてました。
原作者のつるりんどうさんには、因果律の縛り的にはありえない、とか言われそうですが、その辺は考えてあります。
今は、恵理菜ママは、他の方よりも、縛りがやや緩いとだけ言っておきます。
(幼児が影の男と、どんなやりとりをしたのでしょう?)
ママ(恵理菜)視点をやるときに、説明したいと思っています。
……いつになるやら。

それでは今回はこの辺で失礼します。
[825]  Re: 『一夏の友情』day9 63話、など
お名前: つるりんどう 2020/11/9/(Mon) 01:07
こんばんは、つるりんどうです。
仕事が多忙モードに入っておりまして、レスが遅くなりごめんなさい、、、m(_ _;m

>あまがささん
いつもご丁寧にご感想頂き、そして、ご投稿も頂きまして大変感謝です!!(^^)/
今回もお待たせしてしまい申し訳ないです、、、

> あまがさです。まずは今回の感想です。
>『一夏の友情』day9 63話
> 今回も恵美(裕輔)は色々考察していますが、私がポイントとして思ったことは、
> 恵美を知る、第三者視点から見ればそうかもしれませんが、裕輔本人の自我という目で見れば大違いだと思っています。
> 長い目で見れば、裕輔の人格は元の恵美のそれに侵食されていって、最終的には差が少なくなるのかもしれませんが、元の自分の自我を守るというのは、私は大きいと思いますけどね。

『一夏の友情』へのご感想どうもありがとうございます!!m(_ _)m
ご指摘の通り、(裕輔)本人的に言えば、大違いですよね。
今は副作用・二度飲みの作用が強く出ているので、浸食されていることに危機感を覚えていませんが、またそれが弱まってきて(裕輔)の元の(自我)が戻ってきたときには、今以上にその危険性を強く感じることでしょうね!(^^;

> ただまあ、三度飲みの快楽を知ってしまい、恵美(裕輔)は状況に流されそうになっていますからねえ。
> 状況に流されているのって、状況にながされる裕輔と、快楽に流される恵美の、それぞれの部分が悪いほうにかみ合って、そうなっている気がしてねえ(苦笑)

そうですね。
今の二度飲みの作用のピークが過ぎて、危機感が復活しても、また暫くして副作用が強まってきたときについついやってしまいそうな雰囲気がありますよね、、、
それはそれで、また弱まってきたときに後悔しそうではありますが。。。(−−;

> 微量の三度飲み、一時の快楽で、かえって普通の感覚では満足できなくなっている様子。
> 今後がどうなるのか、不安材料が多そうですねえ。

はい、まあ後少しで生理も始まりますし、二度飲みの作用も弱まっていくでしょうから、暫くは我慢できるかもしれません。(^^;

> 以前、successさんがちらりと推測を書かれていましたが、一度飲みの分岐があったら読んでみたいですね。
> 元に戻るために二度目を飲む、という手順がある以上、普通なら可能性の少ないシチュエーションですけどね。
> ただ、裕輔の自我を保ったまま、買い物に行って、化粧や女物の服のイベントをこなして、浴衣のイベントもこなして、
> さてその場合、裕輔はどうなるのでしょうねw

どうもありがとうございます!!(^^)/
例えば、裕輔の両親が予定より早めに迎えに来たなどそういう場合には、二度飲みせずに別れることになるようなパターンもあり得るかもしれません。
まあ、裕輔の両親なら約束の時間をしっかり守りそうですけれどね、、、(^^;

一度飲みの場合、むらじまでの買い物(特に下着関係)や里奈との一緒の入浴は必死に拒みそうですね!
少し取り乱して丁寧な言葉で拒む恵美(裕輔)に、周囲の家族・人間はかなり不審に思いそうです、、、
化粧や浴衣の着付けくらいなら、大人しく受け入れるかもしれませんが(笑


>『シェアワールド(18)』の投稿掲示板で、とある母娘、中学生の場合のIFの続き
> 「えりな、初めて(?)のトイレ」を投稿しました。

シェアワールドへのご投稿大変感謝ですよっ!!m(_ _)m
楽しみにしていましたので、本当にうれしく思います!(^^)/

> あちらのあとがきでも書きましたが、実はトイレシーンは最初は書くつもりは無く、
>(書いてもさらっとのつもりでした)恵理菜を一人にする機会を作るために書きました。
> だって今時、自宅ならともかく、お出かけ先の海とかペンションで、五歳の幼児を一人にしないでしょ?
> なお、一人になれば因果律の縛りが緩くなることに気づきましたので、今後の恵理菜は、自分でその機会を作ろうとするかもです。

なるほど、昨今のご家族だと確かになかなか一人きりになれないでしょうし、因果律に縛られずというのは難しいところでしょうね!
今回ペンション内のトイレながら、絶妙に一人きりの因果律からの解放状態と、すぐ外の母親からの干渉による因果律の縛りの復活が続いて楽しませて頂きましたよ!(*^^*)
自宅なら、もっと色々一人きりで、元の自分の自我で感じられることも多いそうですから、楽しみにしています!(^^)/

> もっとも前回のあとがきでも書きましたが、トイレシーンはさらっと流すつもりでした。
> なのに書いてみると、意外に密度が濃くなってしまいました(苦笑)
> とはいえ、やっぱりこういう機会ができたら、たとえ体が幼児でも、男女の違いは気になると思いますし、今の自分の体を探索するかな、とは思います。
> なので、書き終ってから、ちょっと物足りなかったかな? と思っちゃいました。
> まあ、読者的にはともかく、恵理菜(健太)的には、この後でも今は恵理菜の体は自分の体になったのだから、確かめる機会はあるでしょう。w
> さすがに幼児だから、触るまでで止まっちゃうでしょうけどね。

入れ替わり後の重要なシーンですからね!
密度の濃さ、堪能させて頂きました!!(*^^*)/
さすがに因果律から解放されれば、性別の違いは嫌でも強く突き付けられるでしょうから、今の身体に馴染むまで何度となく確かめることになるのでしょうね!

> あとついでに、これも書いちゃおう。
> 恵理菜のママ、中身が違うせいもあり、元のママと微妙に反応を違わせています。
> 恵理菜が作中でちょっとだけ、あれ? と思ったりしてました。
> 原作者のつるりんどうさんには、因果律の縛り的にはありえない、とか言われそうですが、その辺は考えてあります。
> 今は、恵理菜ママは、他の方よりも、縛りがやや緩いとだけ言っておきます。
> (幼児が影の男と、どんなやりとりをしたのでしょう?)
> ママ(恵理菜)視点をやるときに、説明したいと思っています。
> ……いつになるやら。

いえいえ、因果律の縛り加減については、影の男性の意向次第のところが大きいので問題ありませんよ!(^^)>
出前編でもそうでしたが、冷静で聡明なタイプ(影の男性の好みのタイプ)の相手には、色々サービスしてあげたりしていますしね。
それに年齢差が大きい場合には、それ相応の対応はしているのでしょう……と思います。(^^)/
ご説明の方も楽しみにしておりますね!
ぜひ続編の方もどうぞよろしくお願い致します!m(_ _)m

> それでは今回はこの辺で失礼します。

いつもご丁寧にどうもありがとうございます!!
次の週末くらいには、『曰く付きのマイルーム』も更新できればと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致しますね!!(^^)>
[822]
お名前:success 2020/10/30/(Fri) 12:53
つるりんどうさん

更新された「一夏の友情」の感想コメントを書きます(^∇^)
更新があり本当にうれしいです!
体調が良くなく、気力もなく、短文のコメントで申し訳ないです(^^;;

「少量の三度飲み」で(勝)の記憶が入ってきた恵美(裕輔)で
この描写はすごくいいですね(^∇^)
何度も繰り返す危険性についても触れられましたね!
「少量の三度飲み」、「禁断の自慰行為」も今後の展開が楽しみです(^O^)

それではお仕事もご執筆も頑張ってください(^O^)
[824]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/11/9/(Mon) 00:38
こんばんは、つるりんどうです。
ここのところ仕事が立て込んでいまして、レスが遅くなりごめんなさい、、、m(_ _)m

>successさん
> 更新された「一夏の友情」の感想コメントを書きます(^∇^)
> 更新があり本当にうれしいです!
> 体調が良くなく、気力もなく、短文のコメントで申し訳ないです(^^;;

ご体調のお悪い中、書き込み頂きましてどうもありがとうございます!!
どうぞご無理はなさらないで下さいね!m(_ _)m

>「少量の三度飲み」で(勝)の記憶が入ってきた恵美(裕輔)で
> この描写はすごくいいですね(^∇^)
> 何度も繰り返す危険性についても触れられましたね!
> 「少量の三度飲み」、「禁断の自慰行為」も今後の展開が楽しみです(^O^)

ありがたいお言葉、本当にうれしく思います!(^^)/
危険性は意識しているようですが、二度としない……ということはなさそうですね、、、(^^;
今後、そういう展開もあるかと思いますので、どうぞお楽しみに!

> それではお仕事もご執筆も頑張ってください(^O^)

いつも応援頂き大変感謝です!!
ここのところ多忙なもので更新も停滞気味で申し訳ないですが、何とか振替休日などに対応していければと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致しますね!m(_ _)m
[815] 『曰く付きのマイルーム』65話感想など
お名前:あまがさ 2020/10/11/(Sun) 20:58
あまがさです。遅くなりましたが今回の感想です。

『曰く付きのマイルーム』65話

>玄関先で待ってないと三軒隣の金城さんのところに行っちゃう可能性もあるから、あたしがここで待機しておくのが正解!

少し前に出した某マンガの話題だと、沖縄には比嘉さんが多いって話でしたが、金城さんも多そうですね。
少なくとも三軒隣なんて近所にも金城さんがいるのなら、しょうがないですねえ。

>本当に今朝までは上沢萌として、暫く……数年は沖縄で暮らしていくしかないんだって思っていたのに、西田さんになった萌と出会って、萌に体を譲って、地元恩納の金城琉夏って同い歳の女子になってしまうとは、そして、正義のお姉ちゃん扱いされてしまうとは!
>本当に頭が痛い!

>体感時間で一日と数時間前は、冬の東京にいたっていうのに、半年くらい前の七月の時空で、しかも恩納村とか何なのーって感じ!

何度も感想で話題にしてますが、前日からの海斗の変化は目まぐるしいですね。
海斗が状況に流されやすそうな性格なだけに、この後無事に話を進められるのか、色々心配になってきます。
自分ひとりだけの問題で済むなら話は簡単なんですが、本来の元の琉夏と海音の問題を抱えて、さらに本庄兄妹(美空と優輝)の問題まで抱え込んでしまいましたからね。
海斗一人ではどうにもなりそうもないですし、ひとまず萌との合流が待たれるな、とは思っていましたが……。

>すっと抱擁から解放されてみると、萌が頬を染めながら悪戯っ子な笑みを浮かべてて……ううう、萌、絶対西田さんの悪いトコ残ってるって思ったのさー!

萌が来て、合流してから今回のラストのこの表現まで色々ありましたが、今の萌は確かになんか悪戯好きな悪ガキっぽい所があるっぽいですね。
女の子でもそういう子はいますが、今までの萌の表現だとあまりそういう子ではなさそうだから、西田さん的なものなのかな?
萌の場合、(海斗とは違い)西田さん的なものは全部捨てて、萌に染まりなおしても問題はないはずですが、そうしないである程度は西田さんを残しそうですね。
(これまた以前の感想で、似たようなことをコメントしていた気はしますが)
西田さんはスケベな男子だったっぽいから、今の萌も(表面にはあまり出していませんが)ある程度その要素も残っていそうですね。


『一夏の友情』day9 62話まで

>恵美(裕輔)は、自分が『男の子』(純男)だったという確信が持てるようになったコトにホッとシつつも、少量の『三度飲み』の危うさをヒシヒシと感じ取っていた。

>(勝)がシていたコトが、自分のシていたコトだと思えるコト。
>そして、(勝)のシていた(妄想)までも、自分のシていた(妄想)になってしまうコト。

>「はあ、三度飲みは……やっぱ、止めといた方がイイってコトだよな?」

そのことがわかってるのに、今の恵美(裕輔)は、またやらかしそうな危うさがありますね。
前回までの感想でもそれっぽいこと書きましたが、慎重な裕輔ならやらないことを、マサルなら平気でやってしまう。
性格がマサルよりに振れた恵美(裕輔)は、またやらかしそうで怖いですねえ。
さながら、ドラッグが体に悪いとわかっているのに、つい手を出してしまうみたいな感じですかねえ。
ひと舐めでも効果があるとわかってしまった以上、わかっていてもやらかしそう。
裕輔はともかく、マサルの場合はね。
恵美(裕輔)は、ひとまず正気(?)に戻ったようなので、この後の後始末をどうするのか、この続きもお待ちしています。


と、ここで自分を追い込むように、一つ宣言します。
来週末までに、シェアワールド掲示板の投稿SSの続きを投稿します。
今週投稿しようと思っていて、できませんでしたからねえ、宣言で自分を追い込んで再チャレンジしてみます。w

というところで、今回はここまでです。
[816]  『曰く付きのマイルーム』66話
お名前: あまがさ 2020/10/17/(Sat) 12:37

あまがさです。前回の感想を投稿した少し後にチェックしたら、『曰く付きのマイルーム』66話が投稿されていました。
まあ、65話の感想を書くタイミングが遅かったですから、しょうがないですね。

『曰く付きのマイルーム』66話

萌と合流を果たした琉夏(海斗)、萌を部屋にご招待。

>とはいえ、まだまだ散らかってる自分の部屋は……海音以外にはちょっと見せたくないんだけど、あはは……。

色々突っ込み所の多い心の声ですが、それでも一言、この部屋を散らかしたのは琉夏であって海斗ではないぞ。
海斗も最初は、呆れていたでしょ?

>「ふーん……ここが海斗君が半年過ごすことになる部屋なのね」
>「うーん、ちょっと散らかってるわよね……海斗君、琉夏さんの悪影響とか出てない?」

ですから、散らかしたのは琉夏であって海斗ではないんですって、悪影響の方はまあw

>「大丈夫だと思う? なんか心配ね……。
>いい、海斗君、人がいいのは分かるけど、琉夏さんに同調し過ぎちゃダメだからね」

ご心配はごもっとも、でも手遅れとまではいわないけれど、もうかなり影響が大きくなってると思う。
萌の存在が上手くブレーキ役になってくれればいいけど、それでもこの後が色々大変だw

>「はあ、まあそれはいいわ。
>今は、海斗君の相談事の方を聞かないと……というより、包み隠さず一切合切全部話してね!」

多分この後、事情説明でも色々尋問やするどい突っ込みもあったのだろうけど、どうにか事情説明した模様。w

>「はあー…………」
>「海斗君、お人よし過ぎ……まさか、それも『正義のお姉ちゃん』役を買って出ちゃうなんてね」

萌に深くため息を付かれて、呆れられた模様、まあそりゃまあそうでしょうね。

>まあ、いいわ。 そこまで言われちゃったら、海斗君の信頼には応えないとね」
>「じゃあ、海斗君が助けたい人たちを元に戻すための方法を考えましょうか?」

それでも、萌の強力を得られそうな流れで次回に続きそうで、次回以降も楽しみです。


本筋のそれはそれとして、ついにこのSSでもおばあ手作りサーターアンダーギーの登場。w
つい某コミックスのおばあの話や、カメーカメー攻撃の話を思い出して、にやりとしていました。
マジレスするとサーターアンダーギーは、沖縄定番のお菓子ですね。私も以前食べたことありますが、固めのドーナツって感じの食感かな?
あと、全然関係ないですが、十年ほど前の某バラエティ番組で、まだ新人の山田親太朗(沖縄出身)が、他の出演者にサーターアンダーギーを勧めていたっけなあ。
今思うと、あれはカメーカメー攻撃だったんだなあ。
あ、あの後サーターアンダーギーなんて音楽ユニットもやっていたっけ、なんてことも思い出していました。
何でも良いですが、山田ってこっちでは普通の姓ですが、沖縄では珍しい姓なんじゃないかな?

>「そういえば、海斗君、もしかして小さい頃プリキュラとか見てた?」

『正義のお姉ちゃん』のキーワードで、萌の場合はそうきますかw
海斗は見ていなかったけど、琉夏は見ていたということで、色々ややこしいですね。
優奈ちゃんな優輝君の場合はどうなんだろう?
優輝君は見ていなかったと思うけど、優奈ちゃんは見ていた可能性はあるかな?

では、こんかいはこの辺で失礼します。
[817]  シェアワールド掲示板で、続き投稿してきました
お名前: あまがさ 2020/10/18/(Sun) 17:30

『シェアワールド(18)』の投稿掲示板で、とある母娘、中学生の場合のIFの続き
「えりなのおひるごはん、そして」を投稿しました。
今回は(今回も)短いです。
上の書き込みで、今週末に続きを投稿すると宣言していましたので、短くても確実に投稿することにしました。
そのせいで内容が薄くてすみません。
今回はお昼に簡単な親子の団らんとか、お子様な味覚の表現とか、その程度でしたね。
予定では恵理菜の体での、トイレまで済ませておきたかったのですけどね。

今から予防線として、トイレだからって過剰な期待はしないで欲しいな、とw
女の子とはいえ、あくまで恵理菜は小さなお子様ですから、年頃の女子の体を探索するのとは違うのです。
(と、今からいい訳w)

あと、作中で描写はしていませんが、恵理菜な健太は、先に一回恵理菜の体でおしっこをしています。
海は広いな大きいな……ということで(苦笑)

来週末に、この続きを投稿、できたらいいな、と思っています。(ちょっと弱気)


あと、ちょっと関係のない話題ですが、13日にニュースになりましたが、きまぐれオレンジロード作者のまつもと泉さんが、今月の6日に亡くなられていたそうです。
当時普通に好きな作品でした。連載中に知ったことですが、同郷で高校は母と同じ高校出身で、(藤子・F・不二雄とも同じ高校)そういう意味でも親近感はありました。
この業界的には、男同士とはいえ恭介の入れ替わりネタを何回かやりましたし、連載終了後の読みきりで、恭介とひかるちゃんの入れ替わりネタもやりましたし、そういう意味でも楽しませてもらいました。
まだお若い(とはいえ60だったのか)のに残念です。ご冥福をお祈りいたします。

それでは、今回はこれにて失礼いたします。
[818]  Re: 『曰く付きのマイルーム』65話感想など
お名前: つるりんどう 2020/10/19/(Mon) 00:50
こんばんは、つるりんどう@関東です。
仕事が立て込んでおりまして、対応が遅れていてごめんなさい、、、m(_ _;m

>あまがささん
いつもご丁寧にご感想頂きまして、またご投稿も頂きまして大変感謝です!!(^^)/
先週は、すれ違いになってしまったようでレスができずすみません、、、
どうやらあまがささんがご感想を書かれている間に、私が更新し、BBSに書き込みがないのを確認して撤収した後、あまがささんが投稿された感じになっていたようです、、、(^^;

余裕がないもので、正式レスは振替休日か、今週末となりそうですが、どうぞご容赦下さいね!m(_ _)m
ご投稿頂いた続編は次のお休みにじっくり拝読したいと思います!
[819]  Re: 『曰く付きのマイルーム』65話感想など
お名前: つるりんどう 2020/10/25/(Sun) 20:25
こんばんは、つるりんどう@関東です。
仕事が立て込んでおりまして、大変お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>あまがささん
> あまがさです。遅くなりましたが今回の感想です。

いえいえ、こちらこそ遅くなりまして失礼致しました、、、m(_ _)m
いつもご丁寧にご感想頂きまして本当に感謝しておりますよ!!

>『曰く付きのマイルーム』65話
> 少し前に出した某マンガの話題だと、沖縄には比嘉さんが多いって話でしたが、金城さんも多そうですね。
> 少なくとも三軒隣なんて近所にも金城さんがいるのなら、しょうがないですねえ。

そうですね。
本州の地方でも一部の地域で同じ苗字の人が多いところもありますけど、そういうところだとスマホの位置情報が少しでもずれると近隣の家に行ってしまう可能性もあるんですよね、、、

> 何度も感想で話題にしてますが、前日からの海斗の変化は目まぐるしいですね。
> 海斗が状況に流されやすそうな性格なだけに、この後無事に話を進められるのか、色々心配になってきます。
> 自分ひとりだけの問題で済むなら話は簡単なんですが、本来の元の琉夏と海音の問題を抱えて、さらに本庄兄妹(美空と優輝)の問題まで抱え込んでしまいましたからね。
> 海斗一人ではどうにもなりそうもないですし、ひとまず萌との合流が待たれるな、とは思っていましたが……。

萌にタイムリープしたときは、否応なく萌の感情なども流れ込んで来たりして仕方がなかったというのもあるでしょうが、そのときの感覚が抜けないのか、同調しがちな状況が続いていますね、、、
萌の指摘やサポートがないと、結構あっさり琉夏として生きていくのを受け入れてしまいそうな感じでしたから、ご指摘の通り、何とも危うい感じがします、、、(^^;

> 萌が来て、合流してから今回のラストのこの表現まで色々ありましたが、今の萌は確かになんか悪戯好きな悪ガキっぽい所があるっぽいですね。
> 女の子でもそういう子はいますが、今までの萌の表現だとあまりそういう子ではなさそうだから、西田さん的なものなのかな?
> 萌の場合、(海斗とは違い)西田さん的なものは全部捨てて、萌に染まりなおしても問題はないはずですが、そうしないである程度は西田さんを残しそうですね。
>(これまた以前の感想で、似たようなことをコメントしていた気はしますが)
> 西田さんはスケベな男子だったっぽいから、今の萌も(表面にはあまり出していませんが)ある程度その要素も残っていそうですね。

男子大学生になるまで、男の子としても過ごしてきた訳ですし、元の身体とはいえ、萌自身、異性として意識している部分はあるでしょうから、一人きりになれば、それを堪能するつもりで敢えて同調しきらないようにしている部分もありそうですね、、、(^^;
まあ、その内、ちゃんと同調するようになるのかもしれませんけれど。。

> 『一夏の友情』day9 62話まで

『一夏の友情』の方もご感想頂きましてどうもありがとうございます!
本当にうれしい限りですよっ!

> そのことがわかってるのに、今の恵美(裕輔)は、またやらかしそうな危うさがありますね。
> 前回までの感想でもそれっぽいこと書きましたが、慎重な裕輔ならやらないことを、マサルなら平気でやってしまう。
> 性格がマサルよりに振れた恵美(裕輔)は、またやらかしそうで怖いですねえ。
> さながら、ドラッグが体に悪いとわかっているのに、つい手を出してしまうみたいな感じですかねえ。

そうですね。
今も他人の生活を味わっている状況ではありますが、他人の(記憶)を味わうことはそれ以上のものがありそうですからね。
通常の入れ替わりだけでは、知ることのできない過去の他人の(思い)なども自分のものとして流れ込んでくる訳ですから、繰り返すとクセになってしまうかもしれません、、、

> ひと舐めでも効果があるとわかってしまった以上、わかっていてもやらかしそう。
> 裕輔はともかく、マサルの場合はね。
> 恵美(裕輔)は、ひとまず正気(?)に戻ったようなので、この後の後始末をどうするのか、この続きもお待ちしています。

ご指摘の通りですね。
入れ替わった翌日に、硬派だったはずの(裕輔)がいきなり一人エッ○してしまったくらいですから、性格の変化を考えると、やはり危ういですよね!(汗
続編につきましては、何とか今日中に更新できればと思います!

> と、ここで自分を追い込むように、一つ宣言します。
> 来週末までに、シェアワールド掲示板の投稿SSの続きを投稿します。
> 今週投稿しようと思っていて、できませんでしたからねえ、宣言で自分を追い込んで再チャレンジしてみます。w

既にご投稿頂いていますが、ご投稿大変感謝です!!m(_ _)m
ここ最近は私もなかなか執筆するのが厳しい状況が続いていますが、宣言して追い込むというのもなかなかいい手かもしれませんね(笑
感想につきましては、後の書き込みへのレスで致しますね!(^^)>

> あまがさです。前回の感想を投稿した少し後にチェックしたら、『曰く付きのマイルーム』66話が投稿されていました。
> まあ、65話の感想を書くタイミングが遅かったですから、しょうがないですね。

見事にすれ違いになってしまい申し訳ないです、、、
私も翌日の準備がありましたので、更新後一度掲示板を覗いて、撤収してしまっていましたので、大変お待たせしてしまいました、、、m(_ _)m

>『曰く付きのマイルーム』66話
> 萌と合流を果たした琉夏(海斗)、萌を部屋にご招待。

66話も早速ご感想頂きましてとっても感謝です!!(^^)/

> 色々突っ込み所の多い心の声ですが、それでも一言、この部屋を散らかしたのは琉夏であって海斗ではないぞ。
> 海斗も最初は、呆れていたでしょ?

そうですね。
同調し過ぎて、ここが自分の部屋という意識が強まってしまっているようですね、、、
そろそろ、散らかしたのも自分と思い込み始めているのかもしれません(滝汗

>>「ふーん……ここが海斗君が半年過ごすことになる部屋なのね」
>>「うーん、ちょっと散らかってるわよね……海斗君、琉夏さんの悪影響とか出てない?」
> ですから、散らかしたのは琉夏であって海斗ではないんですって、悪影響の方はまあw

ここの萌は、ちゃんと元の琉夏本人が散らかしたと意識はしているようですよ。
むしろ、そんな琉夏と同調することで、乙女男子な海斗が悪い影響を(これから)受けるのではないかと危惧しているようですが、、、
まあ、海斗が乙女男子というの自体、勘違いなんですけれどね、、、(^^;

>>「大丈夫だと思う? なんか心配ね……。
>>いい、海斗君、人がいいのは分かるけど、琉夏さんに同調し過ぎちゃダメだからね」
> ご心配はごもっとも、でも手遅れとまではいわないけれど、もうかなり影響が大きくなってると思う。
> 萌の存在が上手くブレーキ役になってくれればいいけど、それでもこの後が色々大変だw

まあ、萌と琉夏の影響を受けているからこそ、萌の持つ海斗の印象がかなりよくなっているというのも否定できないのですよね。
元の海斗は鈍感男子でしたし、、、

今の三人の人格が混じり合っている海斗は、萌にとって絶妙なバランスを取れているみたいなので、これ以上琉夏と同調するとさすがにまずいかもしれませんが(笑
そういう意味では、萌がブレーキ役になってくれると、海斗はちょうどいいぐらいに乙女男子でいられるのかもしれません。

> 多分この後、事情説明でも色々尋問やするどい突っ込みもあったのだろうけど、どうにか事情説明した模様。w

今の萌のことですから、根掘り葉掘り訊き出したのでしょうね、、、
そして、琉夏(海斗)はしどろもどろになっていたことでしょうね、、、(^^;

> 萌に深くため息を付かれて、呆れられた模様、まあそりゃまあそうでしょうね。

自分自身のことですら、余裕のない状況で、他人を助けるなんてまあ普通に考えると無謀ですよね。
同情はできるとしても、琉夏(海斗)は特殊能力者と言う訳ではありませんしね。

> それでも、萌の強力を得られそうな流れで次回に続きそうで、次回以降も楽しみです。

はい、どうもありがとうございます!
何とかこのペースを維持していきたいですね!(^^)>

> 本筋のそれはそれとして、ついにこのSSでもおばあ手作りサーターアンダーギーの登場。w
> つい某コミックスのおばあの話や、カメーカメー攻撃の話を思い出して、にやりとしていました。
> マジレスするとサーターアンダーギーは、沖縄定番のお菓子ですね。私も以前食べたことありますが、固めのドーナツって感じの食感かな?

カメーカメー攻撃(笑
はい、サーターアンダーギーは、沖縄に行くとよく見かける定番のお菓子ですね!
本州側でも沖縄物産展や、大都市部の沖縄の人が多く住んでいる地域だと、普通に売っていたりしますが。
固めのドーナツというのは、まさにそれという感じですね(笑
私個人としてはかなり好きなので、見かけたら買うようにしています。(^^

> あと、全然関係ないですが、十年ほど前の某バラエティ番組で、まだ新人の山田親太朗(沖縄出身)が、他の出演者にサーターアンダーギーを勧めていたっけなあ。
> 今思うと、あれはカメーカメー攻撃だったんだなあ。
> あ、あの後サーターアンダーギーなんて音楽ユニットもやっていたっけ、なんてことも思い出していました。
> 何でも良いですが、山田ってこっちでは普通の姓ですが、沖縄では珍しい姓なんじゃないかな?

確かに山田という苗字は珍しいでしょうね。
最も戦後、本土復帰後は、仕事で沖縄に行って、そこで家庭をもったりする人も増えたでしょうし、沖縄生まれでも本州側の苗字の人もそれなりにいそうな気はします。

>>「そういえば、海斗君、もしかして小さい頃プリキュラとか見てた?」
> 『正義のお姉ちゃん』のキーワードで、萌の場合はそうきますかw
> 海斗は見ていなかったけど、琉夏は見ていたということで、色々ややこしいですね。
> 優奈ちゃんな優輝君の場合はどうなんだろう?
> 優輝君は見ていなかったと思うけど、優奈ちゃんは見ていた可能性はあるかな?

そうですね、萌はまさにプリキュラ(敢えて弄ってますが)を幼少期に楽しんでいたのでしょうね。
優奈も見ていたでしょうが、妖怪ストップウオッチが一番流行った時期でしたし、何より今回の相手が妖怪に思えてしまったことで、そちらが強くなってしまったんでしょうね。(^^;

それにしても、プリキュラで育ってきた琉夏と同調してしまった(海斗)は、幼少期にそういう記憶があるような状態になってしまっていますから、余計に乙女化が進んでしまったかもしれませんね(滝汗

>『シェアワールド(18)』の投稿掲示板で、とある母娘、中学生の場合のIFの続き
> 「えりなのおひるごはん、そして」を投稿しました。

お忙しい中、ご執筆ご投稿頂きまして大変感謝です!!m(_ _)m
かわいらしい幼女になってしまった中学生男子・健太君の続きが見られて、本当にうれしく思います!(^^)/

> 今回は(今回も)短いです。
> 上の書き込みで、今週末に続きを投稿すると宣言していましたので、短くても確実に投稿することにしました。
> そのせいで内容が薄くてすみません。
> 今回はお昼に簡単な親子の団らんとか、お子様な味覚の表現とか、その程度でしたね。
> 予定では恵理菜の体での、トイレまで済ませておきたかったのですけどね。

いえいえ、健太君、すっかり恵理菜の因果律に従って幼女していますね(笑
味覚面など、健太君も幼い頃に経験したことでしょうけれど、中学生になり、ほぼ大人の味覚に近付いていたのに、また幼少期に逆戻りとは……まあ身体も性別も異なりますし、もう一度こうした経験ができるのも貴重ですね!

次はトイレですか!
ママの方も普段は自分がしてもらっていたことを今度は自分が大人・ママとしてやるということでノリノリな感じでしょう?

> 今から予防線として、トイレだからって過剰な期待はしないで欲しいな、とw
> 女の子とはいえ、あくまで恵理菜は小さなお子様ですから、年頃の女子の体を探索するのとは違うのです。
> (と、今からいい訳w)

いえいえ、お子様ならでの感性もあるでしょうし、因果律のこともあって、どのような感じになるのか、とても楽しみにしておりますよ!(^^)/

> あと、作中で描写はしていませんが、恵理菜な健太は、先に一回恵理菜の体でおしっこをしています。
> 海は広いな大きいな……ということで(苦笑)

なるほど(笑
まあ、小さい子だとそうですよね。。
とはいえ、水着の感覚だけでも異性なのは意識できていたでしょうし、それはそれでドキドキしそうですね。

> 来週末に、この続きを投稿、できたらいいな、と思っています。(ちょっと弱気)

はい、心待ちにしておりますね!(^^)/
私の方は、曰く付きのマイルームの更新ができるかどうか、ちょっと微妙なところです(滝汗

> あと、ちょっと関係のない話題ですが、13日にニュースになりましたが、きまぐれオレンジロード作者のまつもと泉さんが、今月の6日に亡くなられていたそうです。
> 当時普通に好きな作品でした。連載中に知ったことですが、同郷で高校は母と同じ高校出身で、(藤子・F・不二雄とも同じ高校)そういう意味でも親近感はありました。
> この業界的には、男同士とはいえ恭介の入れ替わりネタを何回かやりましたし、連載終了後の読みきりで、恭介とひかるちゃんの入れ替わりネタもやりましたし、そういう意味でも楽しませてもらいました。
> まだお若い(とはいえ60だったのか)のに残念です。ご冥福をお祈りいたします。

私もそのニュースには驚きました。
私は単行本の方ででしたが、きまぐれオレンジロードを読んでいまして、本当に楽しませてもらいました。
今確認したところ、最終巻(18巻)の第1刷発行は1988年。夢のような80s、本当に80年代の甘酸っぱい青春を閉じ込めたようなお話でしたね。
また、10年後ぐらいに、新規に書き下ろされたひかるちゃんとの入れ替わり、あれもよかったですね!
本当にまつもと泉さんには、素敵な青春群像劇をありがとうございましたと伝えたいです!
ご冥福をお祈り致します。

> それでは、今回はこれにて失礼いたします。

はい、本当にいつもたくさん書き込み頂きどうもありがとうございます!
また活動レベルが低下してしまっていて申し訳ないですが、何とか来週の祝日辺りには、少しサービスできればなと思います。

それでは、またどうぞよろしくお願い致しますね!m(_ _)m
[812]
お名前:Turtle 2020/9/27/(Sun) 11:57
いつも楽しみに拝読しています♫
また『If I were in you』も続き掲載楽しみにしていますฅ^•ω•^ฅ
特に8話と10話が好きです♫
[814]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/10/4/(Sun) 18:15
こんばんは、つるりんどうです。
先週末は出張移動等入りまして対応が遅くなりごめんなさい、、、m(_ _;m

> Turtleさん
インクエストBBSに書き込み頂きましてどうもありがとうございます!!(^^)/
本当にうれしく思いますよっ!

> いつも楽しみに拝読しています♫
> また『If I were in you』も続き掲載楽しみにしていますฅ^•ω•^ฅ

再掲載作業が止まってしまいすみません、、、m(_ _)m
旧作シリーズはリンク等書き換える必要のあるところが色々あり、新作の更新作業後に気力が残っていなかったりしまして、すっかり停滞してしまっておりました(汗

> 特に8話と10話が好きです♫

ありがたいお言葉、とっても感謝です!!(^^)/
何とか更新の度に1話、2話再掲載していければと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致しますね!m(_ _)m
[811]
お名前:success 2020/9/26/(Sat) 22:35
つるりんどうさん

更新された「一夏の友情」の感想コメントを書きます(^∇^)
更新があり有頂天外といったところです( ^∀^)
今回も体調不良で(以下略です(笑))
インラインでコメントします(^∇^)

>インターネットの動画で見た、勃起シた『男性器』=オチンチンがビクンビクンと根本からソレ全体を揺らしている光景。

これは恵美(勝)が興奮しながら見ていた動画ですね。
過去に恵美(裕輔)が実際に見ていたかのように感じているのはゾクゾクしますね。
今の恵美(裕輔)も見れば興奮できるでしょうね。家族がその姿を目撃しようものなら年頃の健全な女の子として男の子や男の子の身体に興味があるように見えますね(ただ普通の女の子とは違う倒錯的な興奮の仕方ですね(笑))

>例えば、裕輔(勝)と連絡が取れない中、かつての恵美(勝)の事情を知る必要が出てきたとき。実際今回だって、(マサル)はかなり的確に(エピソード記憶)を拾ってきてくれたと言えなくもない。今回以降も、(裕輔)が欲すれば、ソレに関する(記憶)を蘇らせてくれる可能性は高いのかもしれない。

言うなら「(勝)にきけないし、代わりに(マサル)が教えてよ」
ということですね(笑)
「小池恵美」の脳に眠っている(勝)の記憶、記憶のストレージから特定の記憶を抽出できるのは(マサル)のみですね((マサル)を呼び出すたびに(裕輔)部分が削られていきますね)

「一度飲み」だけだったら(裕輔)人格は損なわれることはなく完全に保全されたと思いますが、反面、入れ替わり前の(勝)の記憶の引き出しは出来なかったでしょうね。

仮に「一度飲み」だけしたというIFの展開を考えた時、

恵美(裕輔)は最初は小池家の家族に不審がられても、要領良く順応して、人が変わったかのように勉学に取り組み、いずれは大学進学のため上京してエンジニアの道へ。(小池家の両親も娘の成績がトップクラスに抜群なら進学のための上京を認めたかも)
性格がすごく真面目で周囲の期待、人の期待に応える優しい(裕輔)人格のままで、その上、非常に優秀な女性エンジニア、キャリアウーマンですから、優秀な男性から言い寄られそうですね(春日玲奈以上に優秀な女性で、さらには声もかわいくて血筋的に胸の大きい家系ですから、春日玲奈よりもてそうですね(笑))

ただタイムリミットを超過して小倉裕輔に戻れないことには、二度飲みした場合以上に悩んだと思いますし、そこはなんとか精神的に割り切って生きていくとして、男性から言い寄られたとしてもなかなかなびかない、身持ちが固い、ガードが固い女性ですね。
自分は女性と精神的に割り切るとしてもかなり後のタイミングですし、その上で好きな男性と結婚しようとなるとさらに後ですね。今の世の中たくさんいますけど、晩婚のキャリアウーマンですね。

一方の裕輔(勝)は勉強は興味はない(というか全くついて行けない)ですから、勉強そっちのけでサッカーに打ち込み、高校卒業後は大学進学ではなく、なりたかったプロサッカー選手を目指すなどの好きな道でしょうね。

女性に対してぐいぐい行くような肉食系の(勝)人格、その上で端正なイケメンですから、女性から引っぱりだこですね(大好きなサッカーは別にしても興味のないことは飽きっぽくて、欲望に忠実な遊び人気質、プレーボーイ気質の性格の裕輔ですね(笑))
彩乃のような大人しそうで庇護欲を掻き立てられるような女性、その上で胸の大きな女性が好みなので、そういう女性と早い段階で結婚しちゃうかもです(笑)

「一度飲み」だけで二人の人格が保全されたままのIFの展開を想像、妄想するのも面白いですね(笑)「二度飲み」もある意味、二人の人生の軌道を変えてしまったと言えますね。
作中で「二度飲み」した裕輔、恵美ですけど、将来大人になり、二人がどういう仕事を選ぶのかは今からすごく気になる、楽しみなところですね(^O^)

>「まあ、どうしてもダメってときは、一気に全部飲んじまってマジモンの三度飲みをヤらなきゃならねえ場合もあるかもしれねーしなあ」

かなり気になるセリフですね!どうなるのか楽しみですね!
(裕輔)部分が完全になくなる可能性が高い(というか「小池恵美」にある(裕輔)人格がすべて(マサル)に吸収され、取り込まれて、(マサル)が完全に「小池恵美」を支配する感じになるかも)ですね。まだ謎のベールに包まれた部分ですし、妙薬にはまだまだ秘密がありそうですね。

妙薬は1セット(言い方を変えれば妙薬は「二人分」も)ありますし、入れ替わりに使った段ボール箱も、ストーリー上、またクローズアップされるということで楽しみですね!

それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください(^∇^)
[813]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/10/4/(Sun) 18:11
こんばんは、つるりんどうです。
先週末は出張移動等入りまして対応できずごめんなさい、、、m(_ _;m

>successさん
> 更新された「一夏の友情」の感想コメントを書きます(^∇^)

ご体調のお悪い中、ご丁寧にご感想を書き込み頂きまして大変感謝です!!m(_ _)m
本当にありがたく思いますよっ!

> 更新があり有頂天外といったところです( ^∀^)
> 今回も体調不良で(以下略です(笑))
> インラインでコメントします(^∇^)

たくさんご考察、ご感想下さいましてこちらこそ恐縮な限りです!!m(_ _)m
どうぞご無理はなさらないで下さいね!

>> インターネットの動画で見た、勃起シた『男性器』=オチンチンがビクンビクンと根本からソレ全体を揺らしている光景。
> これは恵美(勝)が興奮しながら見ていた動画ですね。
> 過去に恵美(裕輔)が実際に見ていたかのように感じているのはゾクゾクしますね。
> 今の恵美(裕輔)も見れば興奮できるでしょうね。家族がその姿を目撃しようものなら年頃の健全な女の子として男の子や男の子の身体に興味があるように見えますね(ただ普通の女の子とは違う倒錯的な興奮の仕方ですね(笑))

ご考察頂きましてどうもありがとうございます!
そうですね、(裕輔)が思い浮かべている動画は以前の(勝)が興奮しながら見ていたものになりますね!
(裕輔)もいずれ、自分自身が見たものか、(勝)が見たものか区別が付かなくなってくるのかもしれません、、、(−−;
そして、ご指摘の通り、傍目には、『異性』である『男の子』に興味を持った思春期の『女の子』に見えてしまうのですよね。
それに気付いてしまうと、恵美(裕輔)もショックを受けてしまいそうです、、、(^^;

> 言うなら「(勝)にきけないし、代わりに(マサル)が教えてよ」
> ということですね(笑)
> 「小池恵美」の脳に眠っている(勝)の記憶、記憶のストレージから特定の記憶を抽出できるのは(マサル)のみですね((マサル)を呼び出すたびに(裕輔)部分が削られていきますね)

はい、何せ(裕輔)にとっては、少量の『三度飲み』をするだけで(勝)の(記憶)を得られる訳ですから、裕輔(勝)の反応を窺がいながら質問する必要もなくなりますし、ソレが訊き辛いものであればあるほど、『三度飲み』に頼ってしまうのかもしれませんね、、、
とはいえ、ご分析の通り、やはり(裕輔)にとっては、自分の(自我)にダメージを受けるのは確実な訳で……デメリットもかなりあるとも言えるでしょう。(−−;

> 「一度飲み」だけだったら(裕輔)人格は損なわれることはなく完全に保全されたと思いますが、反面、入れ替わり前の(勝)の記憶の引き出しは出来なかったでしょうね。

そうですね。
分からないことはすっとぼけるしかなく、どうしても知っておかなければならないことは、毎回(勝)にメールや電話で訊くしかないという状況が長く続くことになったでしょうね。(^^;

> 仮に「一度飲み」だけしたというIFの展開を考えた時、
> 恵美(裕輔)は最初は小池家の家族に不審がられても、要領良く順応して、人が変わったかのように勉学に取り組み、いずれは大学進学のため上京してエンジニアの道へ。(小池家の両親も娘の成績がトップクラスに抜群なら進学のための上京を認めたかも)
> 性格がすごく真面目で周囲の期待、人の期待に応える優しい(裕輔)人格のままで、その上、非常に優秀な女性エンジニア、キャリアウーマンですから、優秀な男性から言い寄られそうですね(春日玲奈以上に優秀な女性で、さらには声もかわいくて血筋的に胸の大きい家系ですから、春日玲奈よりもてそうですね(笑))

『一度飲み』のケースをシミュレート頂きとっても感謝です!!m(_ _)m
まさに、『一度飲み』の場合、そういう展開になったでしょうね!(^^)
山梨の場合、山で遮られているとはいえ、東京は隣県(隣都?)ですから、東京に進学・就職するのは、比較的し易い訳ですしね。
もっとも、里奈の言うとおり、『女子』の他県への進学率は『男子』よりも低いので、特に山奥の廿日山の恵美の場合、両親の説得に少し苦労はしそうですね、、、

> ただタイムリミットを超過して小倉裕輔に戻れないことには、二度飲みした場合以上に悩んだと思いますし、そこはなんとか精神的に割り切って生きていくとして、男性から言い寄られたとしてもなかなかなびかない、身持ちが固い、ガードが固い女性ですね。
> 自分は女性と精神的に割り切るとしてもかなり後のタイミングですし、その上で好きな男性と結婚しようとなるとさらに後ですね。今の世の中たくさんいますけど、晩婚のキャリアウーマンですね。

そうですね。
『中学試験』の思わぬ失敗でも引き摺った(裕輔)ですから、『小倉裕輔』=『男の子』の身体を失ったことはかなり引き摺ることになりそうですね、、、(−−;
当然、性自認は、生まれ付きの(男の子)のままですし、(勝)以上に苦しむことになったかもしれません。
異性とのお付き合い、結婚についてもやはりなかなか踏み切れない状況が続き、ご分析の通りになりそうですね!

> 一方の裕輔(勝)は勉強は興味はない(というか全くついて行けない)ですから、勉強そっちのけでサッカーに打ち込み、高校卒業後は大学進学ではなく、なりたかったプロサッカー選手を目指すなどの好きな道でしょうね。
> 女性に対してぐいぐい行くような肉食系の(勝)人格、その上で端正なイケメンですから、女性から引っぱりだこですね(大好きなサッカーは別にしても興味のないことは飽きっぽくて、欲望に忠実な遊び人気質、プレーボーイ気質の性格の裕輔ですね(笑))
> 彩乃のような大人しそうで庇護欲を掻き立てられるような女性、その上で胸の大きな女性が好みなので、そういう女性と早い段階で結婚しちゃうかもです(笑)

裕輔(勝)の方もシミュレート頂き本当にうれしい限りです!!(^^)/
(勝)はまさにそんな感じになりそうですね!
両親はかなりご立腹な状態になりそうですが、裕輔(勝)の性格的に、勉強方面で頑張るのは難しそうですし、以前の(裕輔)の進路はまず無理でしょう。
そして、『異性』関係も、以前の硬派な(裕輔)とは打って変わって、『女子』に免疫あり過ぎなくらいの(勝)ですから、かなり早く『彼女』を作って関係をもつのも早そうですね、、、(^^;

> 「一度飲み」だけで二人の人格が保全されたままのIFの展開を想像、妄想するのも面白いですね(笑)「二度飲み」もある意味、二人の人生の軌道を変えてしまったと言えますね。
> 作中で「二度飲み」した裕輔、恵美ですけど、将来大人になり、二人がどういう仕事を選ぶのかは今からすごく気になる、楽しみなところですね(^O^)

はい、『一度飲み』の場合についても(夢で見るかもしれませんが)、やはりそれはそれで『入れ替わりもの』としての面白み(本人たち、特に(裕輔)にとってはたまったものではないでしょうが)がありそうですね。
二人の将来についてもいずれ書いていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!(^^)>

> かなり気になるセリフですね!どうなるのか楽しみですね!
>(裕輔)部分が完全になくなる可能性が高い(というか「小池恵美」にある(裕輔)人格がすべて(マサル)に吸収され、取り込まれて、(マサル)が完全に「小池恵美」を支配する感じになるかも)ですね。まだ謎のベールに包まれた部分ですし、妙薬にはまだまだ秘密がありそうですね。

そうですね。
(裕輔人格)が本当に追い込まれてしまったときに、一気に『三度飲み』という手もあり得ると思うのですが、特に『一度飲み』の場合であり得た展開かもしれませんね。
(裕輔)が恵美として頑張って夢を叶えるという展開もあり得る一方、メンタルをやられて『三度飲み』をしてしまった方がマシという展開も可能性としては結構あったのかもしれません。

ヨーロッパの事例も出てきましたし、『妙薬』にはまだまだ秘密があるのも確かですので、その辺りもいずれ触れていければと思います!(^^;>

> 妙薬は1セット(言い方を変えれば妙薬は「二人分」も)ありますし、入れ替わりに使った段ボール箱も、ストーリー上、またクローズアップされるということで楽しみですね!

どうもありがとうございます!
ちょっとまたその辺りについても結構早くに触れていくことになるかとは思いますが、もう少しお待ち下さいね!

> それではつるりんどうさん、お仕事もご執筆も頑張ってください(^∇^)

はい、今回はご体調の優れない中、たくさんご感想頂き本当にありがとうございました!
successさんもどうぞご自愛下さいませね!m(_ _)m


各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

このページのトップへ

-- Album BBS v1.2 rp --