投稿する 投稿を見る 「アルバム掲示板」のダウンロード

I N Q U E S T - B B S


() が付いている項目は必ず記入してください。
画像ファイル 画像を選んでください
半角英数字 6-8 文字
パスワード ()
画像の題名
お名前 () お名前・メール等を保存
メール クッキーを削除
URL  
タイトル
メッセージ ()



各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

[632] 『赤の秘石』133話
お名前:こん 2020/3/29/(Sun) 20:57
タツヤもいつまでもピアノが弾けるのが秘石のせいだと言い出した方がいいと思ったけど、
今回のところを見ると言い出しにくいよなあ。
[630]
お名前:success 2020/3/25/(Wed) 11:10
つるりんどうさん

更新されたSS群、毎回楽しみに拝読させていただいております!
更新された「一夏の友情」の感想を書きます(^∇^)

鏡の前で(勝)になりきって、自分の中にいる(裕輔)を挑発するような振る舞いをしている恵美(裕輔)。言動も発想も本当に倒錯的で変態的(というか下品(笑))今風の下世話な言い方をするならまるで「痴女」(笑)

品行方正で真面目な少年(裕輔)が変わり果て、こういう言動、発想をしていることは落差があるし、それを考えるとゾクゾクするものがあります(^^)
今の恵美(裕輔)としては以前の(勝)にシンクロしすぎてしまっているし、また(裕輔)が他人であるという感覚が強いし、自分の中にいる(裕輔)が気に食わないんですね。

今回のお話全体を通しても言えることですが、自分の中にいる(裕輔)に女を突きつけること、周囲から女を押し付けられること、広く言うなら、自分(勝)の立場で味わっていた、味わわなければならなかった不快感、屈辱感を代わりに(裕輔)が味わうことに「ざまあみろ」とでもいうような愉悦、性的快感があるのでしょうね。(すごく屈折したサディズム、マゾヒズムですね)

体育着やハーフパンツの着替え。
里奈の古着と違って、恵美(勝)が2年くらい実際に着ていたもの。恵美(勝)の人生が染み付いているものと言えます。恵美(勝)が授業中にこれを着ている間、嫌な体験はたくさんしていたのでしょうね。ハーフパンツに社会の窓がなかったり、体育着の胸の辺りに余裕があったりする女子用のもの。正直着たくはなかったと思います。スクール水着に関しては性差がはっきりしてますし、これこそ絶対着たくはなかったでしょうね。
恵美(裕輔)は、(感覚的には)恵美(勝)の古着を着て、学校やプライベートで恵美(勝)と全く同じ体験をすることになります。恵美(勝)の古着を着て、実際に前の持ち主の追体験をしてしまうわけで、里奈の古着を着るとなったら、すごく落ち着かないでしょうね。
今回のように里奈のガーリッシュな古着を、自分から自発的に着るとなると、自分の中の(裕輔)に精神的大ダメージを与えられますけど、さすがに現状では不快感が非常に強いし、大量の『蜜』が出ている状況限定になるかなとは思います。

また成長、性徴で身体が少しずつ大きくなっていくにしたがって、恵美(勝)時代の古着は捨てられますし、恵美(裕輔)になってから初めて袖を通すような新品のもの(学校指定の制服、スクール水着、体育着も私服も下着もそうですね)を着ることになります。二度飲みの影響を受けますし周囲の状況、環境も移り変わり、成長、性徴で恵美(裕輔)の心身も変わっていきますから、新しい服を身に着けた時にどういう気持ちを抱くのか楽しみですね!

さらに学校指定のセーラー服を着るのは中学生活が人生最後になりそうですけど、いい思い出はないし、(セーラー服を着ていた中学時代に入れ替わりがあったわけですけど)裕輔との『取り替えっこ』の時に着ていた私服も含めてこういった古着は全部捨てちゃうかもしれないですね。セーラー服は母親が捨てる前に一応残すかどうかきくかも?サイズ的に身体は入りませんが、ある意味、恵美の人生最初に着た制服だったり、私服だったりしますね。

なお、スクール水着などの話題が出てきたday1 33話〜34話のあたりを振り返ってみると、作品の根幹をなすような重要な部分が描かれていますね。
二度飲み前の裕輔(恵美)、恵美(勝)の会話、地の文からわかる二人の心境、相手に対する思い。二度飲みで二人に人格変化が起こる前の、二度飲みにより歪められたものではない、二人の嘘偽りない本音、気持ちといえるもの。今後の展開を示唆、暗示するような描写も散りばめられているし、二人が枕を並べて寝たday1 34話の最後の流れ、会話のやりとりは、今後の展開を考えるとドキドキするし、胸にこみ上げてくるものがあります。恵美(裕輔)は本当に優しいし、裕輔(勝)の心をいたわってあげられる子。裕輔(勝)も心根の優しい、いい子なんですよね。二度飲みで誰よりも以前のお互いの気持ちをわかるようになってしまった二人ですし、この辺りの心境もお互いわかる時が来るのでしょうね。

中学入学後、小学校時代の仲間が離れていき、中学校では孤立し、いじめられっ子だった恵美(勝)。友達もいない一人ぼっちだったし、その中で友達になって遊んでくれた、自分を受け入れてくれたのは裕輔(裕輔)のみ。どんなにうれしかったことでしょうね。すごく感謝したし感激もしました。
そんな優しい裕輔(裕輔)だからこそ『取り替えっこ』を持ちかけもしました。

二度飲みする前の裕輔(勝)も、二度飲みの影響を受けた今の恵美(裕輔)も、別人格の(マサル)にしても、(裕輔)にはとことん強気に出ていますけども、こういう風に強気に出られるのは(裕輔)だけ。本来の(勝)はいじめられっ子で、攻めたり、いじめたりする側ではないし、むしろ他の誰かに傷付けられている側なんですよね。入れ替わりの相手で、自分の身体、人生すら受け入れてくれた(裕輔)は親友以上の、唯一無二の存在と言えるし、そういう(裕輔)だから、他の誰でもない、他の誰とも違う、優しい(裕輔)だからこそ、傷つけたいし、自分の痛み、苦しみまでも受け入れてほしいというような、屈折した友情に見えなくもないです。「二度飲み」は痛みを伴いますけど、「入れ替わった相手の身体だけではなく、心までも受け入れること」と言えますし、その痛みを中和するのが『蜜』であるとも言えますね。

作品の冒頭のday1 0話から(二度飲みをする)day2 14話までの、二人の会話、地の文の内容は、二度飲みにより補正がかかる前の、さらには入れ替わりの前の裕輔(裕輔)、恵美(勝)のありのまま、そのままの気持ち、嘘のない心からの気持ちといえるし、今後の展開にも関わってはきそうですね。

ちなみにday 2 13話。妙薬の効果がなかったとすれば男性器を知っておきたいし、裕輔(裕輔)には自分の女性器に触ったり舐めたりしてもいいと思っていたなんて言っていますし(このあたりの感覚まで裕輔(恵美)が引き継いでいるなら今後トラブルになりそうですね)、day 2 14話の二度飲みの直前にやっていることは、、、本番前の男女の肉体関係そのまま(笑)(二度飲みの前ですし、二人の素の反応だったり、感想だったり(笑))
身長差、体格差もあるし、裕輔(勝)が本気を出したら(強引にされたら(笑))なすがままにされてしまう恵美(裕輔)ですね(笑)day 2 18話でも言われるまま裕輔(勝)の男性器を握ったり(笑)
客観的に男女の友情と言えるラインをすでに完全に超えてしまった二人ですね(笑)

つるりんどうさん、それではお仕事もご執筆も頑張ってください!
[631]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/3/28/(Sat) 23:53
こんばんは、つるりんどうです。
お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

状況が状況だけに週末の出張移動などがなくなって、普通にお休みです。(−−;

>successさん
> 更新されたSS群、毎回楽しみに拝読させていただいております!
> 更新された「一夏の友情」の感想を書きます(^∇^)

いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝です!!(^^)/
今回熱いご感想本当にうれしく思いますよっ!

> 鏡の前で(勝)になりきって、自分の中にいる(裕輔)を挑発するような振る舞いをしている恵美(裕輔)。言動も発想も本当に倒錯的で変態的(というか下品(笑))今風の下世話な言い方をするならまるで「痴女」(笑)
> 品行方正で真面目な少年(裕輔)が変わり果て、こういう言動、発想をしていることは落差があるし、それを考えるとゾクゾクするものがあります(^^)
> 今の恵美(裕輔)としては以前の(勝)にシンクロしすぎてしまっているし、また(裕輔)が他人であるという感覚が強いし、自分の中にいる(裕輔)が気に食わないんですね。

まあ、取り替えっこ直後の裕輔(勝)も、そんな感じではありましたしね。
取り替えっこまでは、相当自制していましたけれど、(勝)としては『取り替えっこできるなら取り替えっこしたい、できなくても見せてもらったり、触らせてもらったりしたい』と内心考えていましたから、そういう(勝)らしさが今の恵美(裕輔)に出てきているというのはあるでしょうね。
ご指摘の通り、自分の望むシチュエーションになった以上、(裕輔)には自分と同じ目に遭って欲しいという(勝)の(魂)の残滓の思いが(裕輔)を突き動かしているとも言えるでしょう。

> 今回のお話全体を通しても言えることですが、自分の中にいる(裕輔)に女を突きつけること、周囲から女を押し付けられること、広く言うなら、自分(勝)の立場で味わっていた、味わわなければならなかった不快感、屈辱感を代わりに(裕輔)が味わうことに「ざまあみろ」とでもいうような愉悦、性的快感があるのでしょうね。(すごく屈折したサディズム、マゾヒズムですね)

そうですね。
あんなにも恵まれているのに、自己肯定感が低かったり、謙遜し過ぎたり……(勝)からすれば、面白くないところはたくさんあった訳で、もっと大変な『女の子』(オトコ女)な自分と同じ(思い)を味わわせたいというのがあるのでしょうね。(^^;

> 体育着やハーフパンツの着替え。
> 里奈の古着と違って、恵美(勝)が2年くらい実際に着ていたもの。恵美(勝)の人生が染み付いているものと言えます。恵美(勝)が授業中にこれを着ている間、嫌な体験はたくさんしていたのでしょうね。ハーフパンツに社会の窓がなかったり、体育着の胸の辺りに余裕があったりする女子用のもの。正直着たくはなかったと思います。スクール水着に関しては性差がはっきりしてますし、これこそ絶対着たくはなかったでしょうね。

ご分析頂きどうもありがとうございます!!
そうですね、(男の子)である(勝)にとっては、苦痛以外の何ものでもない『女の子用』の体育着、スクール水着。
ですが、あの(裕輔)が着ることになるとなれば、それはもう手を叩いて喜ぶようなことなんでしょう、、、(^^;

> 恵美(裕輔)は、(感覚的には)恵美(勝)の古着を着て、学校やプライベートで恵美(勝)と全く同じ体験をすることになります。恵美(勝)の古着を着て、実際に前の持ち主の追体験をしてしまうわけで、里奈の古着を着るとなったら、すごく落ち着かないでしょうね。

本来の(裕輔)であれば、色々とネガティブなことを考えがちになってしまったところでしょうね。
ですが、『蜜』のおかげで、(裕輔)の(勝)への同化はポジティブなものに感じられていますから、当面ストレスは抑制気味になるのかもしれません。

いずれ『蜜』のアシストがなくなれば、落ち着かなさも戻ってきそうですが。(^^;

> 今回のように里奈のガーリッシュな古着を、自分から自発的に着るとなると、自分の中の(裕輔)に精神的大ダメージを与えられますけど、さすがに現状では不快感が非常に強いし、大量の『蜜』が出ている状況限定になるかなとは思います。

そうですね。
今回は、里奈が強引に試着を迫ってきそうなのと、(裕輔)が女装させられるのを(マサル)は喜ぶでしょうから、『蜜』のおかげで表面的にはプラスに働きそうです。
ですが、『二度飲みの作用』終了後、里奈の古着を着るようになれば……色々ありそうですね。

> また成長、性徴で身体が少しずつ大きくなっていくにしたがって、恵美(勝)時代の古着は捨てられますし、恵美(裕輔)になってから初めて袖を通すような新品のもの(学校指定の制服、スクール水着、体育着も私服も下着もそうですね)を着ることになります。二度飲みの影響を受けますし周囲の状況、環境も移り変わり、成長、性徴で恵美(裕輔)の心身も変わっていきますから、新しい服を身に着けた時にどういう気持ちを抱くのか楽しみですね!

ええ、何より第二次性徴で体型が変わってくることで、いよいよ『男の子』と見た目で区別が付かないような服装も難しくなってきますしね。
ユニセックスなものもあるとはいえ、胸のサイズが大きくなれば、その辺りの余裕も見なければなりませんし、何より肩幅やウエストは女性サイズになりますから、そうした服装をしなければなくなる度に(裕輔)も色々複雑な感情を抱くことになりそうですね!

> さらに学校指定のセーラー服を着るのは中学生活が人生最後になりそうですけど、いい思い出はないし、(セーラー服を着ていた中学時代に入れ替わりがあったわけですけど)裕輔との『取り替えっこ』の時に着ていた私服も含めてこういった古着は全部捨てちゃうかもしれないですね。セーラー服は母親が捨てる前に一応残すかどうかきくかも?サイズ的に身体は入りませんが、ある意味、恵美の人生最初に着た制服だったり、私服だったりしますね。

そんなところまでご考察頂きうれしく思います!
身体を取り替えっこした直後に着た夏服のセーラー服は特に強烈に記憶に残るでしょうから、捨てるに捨てられないかもしれませんね。

大人になっても肩幅があまり変わらないければ、(脇ファスナーが上がらなくなったりはするかもですが)被ってちょっと着ることくらいはできるかもしれません(笑

> なお、スクール水着などの話題が出てきたday1 33話〜34話のあたりを振り返ってみると、作品の根幹をなすような重要な部分が描かれていますね。
> 二度飲み前の裕輔(恵美)、恵美(勝)の会話、地の文からわかる二人の心境、相手に対する思い。二度飲みで二人に人格変化が起こる前の、二度飲みにより歪められたものではない、二人の嘘偽りない本音、気持ちといえるもの。今後の展開を示唆、暗示するような描写も散りばめられているし、二人が枕を並べて寝たday1 34話の最後の流れ、会話のやりとりは、今後の展開を考えるとドキドキするし、胸にこみ上げてくるものがあります。恵美(裕輔)は本当に優しいし、裕輔(勝)の心をいたわってあげられる子。裕輔(勝)も心根の優しい、いい子なんですよね。二度飲みで誰よりも以前のお互いの気持ちをわかるようになってしまった二人ですし、この辺りの心境もお互いわかる時が来るのでしょうね。

day1を読み返して頂きとっても感謝です!!m(_ _)m
その頃の(裕輔)は、(勝)の気持ち全てを理解するということまではできなくとも、よき理解者になろうとしてくれていますし、ご指摘の通りのいい子なんですよねっ!(^^)

(勝)もまた二度飲みによって、変わってしまった(裕輔)を労わることができるようになるのかもしれませんね!

> 中学入学後、小学校時代の仲間が離れていき、中学校では孤立し、いじめられっ子だった恵美(勝)。友達もいない一人ぼっちだったし、その中で友達になって遊んでくれた、自分を受け入れてくれたのは裕輔(裕輔)のみ。どんなにうれしかったことでしょうね。すごく感謝したし感激もしました。
> そんな優しい裕輔(裕輔)だからこそ『取り替えっこ』を持ちかけもしました。

そうですね。
そんな(裕輔)だったからこそ、甘えてしまったということもあるのでしょうね。

> 二度飲みする前の裕輔(勝)も、二度飲みの影響を受けた今の恵美(裕輔)も、別人格の(マサル)にしても、(裕輔)にはとことん強気に出ていますけども、こういう風に強気に出られるのは(裕輔)だけ。本来の(勝)はいじめられっ子で、攻めたり、いじめたりする側ではないし、むしろ他の誰かに傷付けられている側なんですよね。入れ替わりの相手で、自分の身体、人生すら受け入れてくれた(裕輔)は親友以上の、唯一無二の存在と言えるし、そういう(裕輔)だから、他の誰でもない、他の誰とも違う、優しい(裕輔)だからこそ、傷つけたいし、自分の痛み、苦しみまでも受け入れてほしいというような、屈折した友情に見えなくもないです。「二度飲み」は痛みを伴いますけど、「入れ替わった相手の身体だけではなく、心までも受け入れること」と言えますし、その痛みを中和するのが『蜜』であるとも言えますね。

深いところまでご分析頂き恐縮な限りですっ!!
どんなことを打ち明けてもちゃんと受け止めてくれる(裕輔)相手だったからこそ、強気に出られたとも言えますよね。
そんな(裕輔)だからこそ自分の苦しみだってシェアしてくれよと甘えていたとも言えるでしょう。

ご指摘の通り、屈折した友情ですよね。
そんな(勝)の曲がった気持ちすら『二度飲み』によって(裕輔)は受け止め、『蜜』によって自分のものにもしていくのでしょうね。

> 作品の冒頭のday1 0話から(二度飲みをする)day2 14話までの、二人の会話、地の文の内容は、二度飲みにより補正がかかる前の、さらには入れ替わりの前の裕輔(裕輔)、恵美(勝)のありのまま、そのままの気持ち、嘘のない心からの気持ちといえるし、今後の展開にも関わってはきそうですね。

そうですね。
ある意味、取り替えっこがなければ……もしくは実際に取り替えっこができなくとも、(裕輔)がそれを受け入れるようなことがなければ、(勝)は正直に自分の気持ちを伝えられなかったと言えるのでしょうね。

『女の子』の身体で(男の子)の心を持つ、そのことに対して無理解な人間しか周囲にいなかったことで、警戒していたのでしょうね。

> ちなみにday 2 13話。妙薬の効果がなかったとすれば男性器を知っておきたいし、裕輔(裕輔)には自分の女性器に触ったり舐めたりしてもいいと思っていたなんて言っていますし(このあたりの感覚まで裕輔(恵美)が引き継いでいるなら今後トラブルになりそうですね)、day 2 14話の二度飲みの直前にやっていることは、、、本番前の男女の肉体関係そのまま(笑)(二度飲みの前ですし、二人の素の反応だったり、感想だったり(笑))
> 身長差、体格差もあるし、裕輔(勝)が本気を出したら(強引にされたら(笑))なすがままにされてしまう恵美(裕輔)ですね(笑)day 2 18話でも言われるまま裕輔(勝)の男性器を握ったり(笑)
> 客観的に男女の友情と言えるラインをすでに完全に超えてしまった二人ですね(笑)

お互いに元の自分の身体という前提があったからこそできたことですよね。
あと、精神的にも(同性)というのもあってこそでしょう。(^^;

ご指摘の通り、客観的には『男女の友情』は超えてしまっていますね。
普通、身体と心が別人というのは想定されませんから(笑

> つるりんどうさん、それではお仕事もご執筆も頑張ってください!

応援いつもどうもありがとうございます!!
コロナの影響は色々出てきていますが、これからも何とか続けていきたいと思いますので、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[614]
お名前:success 2020/3/23/(Mon) 15:10
つるりんどうさん

更新されたSS群、毎回楽しみに拝読させていただいております!
「一夏の友情」の感想を書きます(^∇^)

day9 37話について。
蔵の内部の話ですね。蔵は小倉裕輔が「小池恵美」へと生まれ変わった場所。「小池恵美」の人生の始まりといえる場所ですね。
物語の原点である『取り替えっこ』に使った段ボール箱や妙薬の残り1セット(三度飲みや、誰かの一回きりの入れ替わりは可能ですね)はストーリー上、今後どうなるのか楽しみにしてます!
また市松人形は恵美や里奈のご先祖様にあたる女の子が人形遊びに使い、蔵に残したもの。人形の衣装はその女の子のおそらく母親か祖母のお手製で、着せ替え人形のようにして遊んだり、おままごとをしたりしたのでしょうね。
恵美(勝)の性自認は男でしたし、幼少期に人形遊びなどはしなかったと思います。
この市松人形の持ち主の女の子の血縁、子孫が恵美ですが、恵美(裕輔)の人生の出発点である蔵にこの人形が残されていたのも、何か不思議なめぐり合わせを感じます。
さしあたって里奈が持ってきたガーリッシュな服を、さながら着せ替え人形のように着せられることになるし、恵美という女性の人生の暗示のように見えなくもないですね。

day9 38話について。
セックスの話。恵美にしても裕輔にしても今後の人生でいずれは・・・ということでしょうね。フェラチオやクンニリングス(口や舌を使った性器への愛撫。オーラルセックス)は多々ある前戯のうち有名なもの。体位は四十八手と言われるし、マンネリ打破のためにコスプレをしたり、道具を使うカップルも(中には、、、)いますね。
恵美(裕輔)は男性相手に自分が前戯をする、されるなんて、当たり前ですけど今は考えたくもないでしょうね。(逆に身体と性自認が一致している裕輔(勝)は抵抗がない(というか期待している)でしょうね。)
恵美が男性とそういう展開になるのはいつ頃になるのか期待してます。
学校生活やプライベートで自分好みの女子がいても自分も女子。女性の身体で男性器はないし、本気で女子に告白して自分の恋愛感情を打ち明けたとしても「あなたは女子だから」と拒否される可能性は高く、それがきっかけで良好な人間関係がなくなってしまうかもしれない。(LGBTの方の悩みですね)しばらくは本やネットの動画を見て悶々とするしかないかもしれないですね。
裕輔(勝)の場合、多くの女の子たちにとって憧れの存在ですし、恋愛関係、肉体関係になろうと思えばなれるでしょうね。作中の時間帯で春日玲奈を含めた女子グループとお店に行ってますし、意中の相手にモーションをかけたら、はっきりノーと言う女の子は少ないでしょうね。

裕輔(勝)相手の妄想について。
自分の裸や性器を見せつけたり、廿日山中学校のセーラー服、体育着、スクール水着などを着て焦らしたりするなど。week2 54話でもありましたけど、以前の恵美(勝)だったらこういう妄想をするんでしょうね。実際、裕輔(勝)がweek2 50話で冗談半分ですけど、今の恵美(裕輔)の女性器への性欲のことまで電話口で話しています。
今の裕輔(勝)は恵美(勝)だった頃の趣味、嗜好を引きずっている分(本来の裕輔は奥手で健全な優等生でしたし、行為中に女の子にコスプレをしてもらいたいなどのフェチズムはなかったかも?)行為を盛り上げるために女の子の方から、こういうサービスをしてもらうのは嬉しいでしょうけど、他の女の子ではなく、他ならぬ入れ替わりの相手、恵美(裕輔)から実際にされでもしたら、その変貌ぶりに動揺、狼狽するでしょうね。
廿日山中学校の体育着、スクール水着はまだ着ていませんが、学校生活が始まればセーラー服同様、多くのクラスメートたちの前で着なくてはならなくなります。またweek2 23話のチアリーダーのように運動系の部活やサークルでの活動で、女子用の制服を着ることもあるかもしれませんね。
また、近いうちに里奈の結婚式でリングガール、フラワーガールを務めるためにドレスを着る恵美ですけど、結婚式ではウエディングドレスを着た里奈、イブニングドレス、セレモニースーツなどを着た女性ゲスト、黒留袖などの礼装姿の里奈の母もいるわけです。そういう里奈も妊娠、出産でもしたらマタニティウェア、授乳服を着ることになるし、こういう女性の人生の先輩達の姿を間近で見るのは落ち着かないでしょうね。
さらに今後の人生の節目で振袖、羽織袴を着たり、アルバイトや職場で(制服着用のところは)制服を着たりすることもあるかも。(アルバイトや就職の面接の時には女性用のリクルートスーツですね。)
「スーツにネクタイ」でシンプルな男性とは違い、用途によって服装、髪型、靴などを選んだりしなければならないし、エチケット、マナーとしてお化粧(ナチュラルメイク)などもしなくてはならない。
段ボール箱に入った時にまさかそんな未来が待ち受けているなんて思いもよらなかったでしょうね。この箱の中で、小倉家の母から生まれた裕輔が小池恵美へと生まれ変わり、小池家の母から生まれた恵美が小倉裕輔へと生まれ変わったわけで、段ボール箱は二人が転生した場所、新たに生まれた場所(大げさに言うなら転生の母体かも)ですし、転生した恵美(裕輔)が初めて見たものが箱ですね。物語のマストアイテムとなったこの箱については妙薬の残り1セットと共に、今後どうするのか気になりますね。

なおweek2 23話にある通り(FTMでクラスでいじめられてはいましたが)元々の小池恵美は母親似で、その母親の若い頃はかなりの美人。
そしてday3 2話で顔の描写がありますが、ベリーショートの髪を長く伸ばせば可愛くなりそうですし、日焼けした肌が白くなれば、さらに印象がガラッと変わりそうですね。一際目立つ特徴的な歯並びの悪さも歯列矯正さえすれば治せるもの。(黒子もやろうと思えば、、、これはやりすぎかも(笑))
女の子としての自分が絶対に認められず、そういう男の子っぽい姿の自分にこだわっていた恵美(勝)でしたが(仮に入れ替わりがなかったならば、将来的に、ホルモン治療や性別適合手術を受けていたでしょうね)そもそもルックス自体は母親似で「元がいい」女の子です。
両親も恵美が女の子らしくなるのは大歓迎ですし、オシャレやメイクを一生懸命頑張って、成長、性徴を経て大人の女性になる頃には、十分に美人と呼べるかもしれないですね。
また胸はweek2 15話で触れられていたように、現時点では春日玲奈を含めた東京のクラスの女子達より小さいわけです。
しかしweek2 37話のように恵美の父方も母方にも胸の大きい女性が多いし、父方、母方、両家の血を受けた恵美の胸も将来的に、、、、大きくはなりそうですね(笑)
旧版の4年後の描写になってしまいますが、高校三年生の時点でお椀に入らないくらい(!)大きくなっていますし(同年齢の女性の中でも大きい方ですね)最終的には、、、血筋からすれば、立派になりそう(笑)
ある意味TSFの王道中の王道とも言えますけど(笑)week2 34話の通り身体が女らしくなることは、男らしくありたかったかつての恵美(勝)が非常に恐れていたことで、一番(裕輔)に肩代わりしたもらいたかった展開ですね。
恵美が女の子らしくして、そのまま大人になった頃には、勉強はともかく、ルックス面においては春日玲奈に見劣りする女の子ではない(というより胸が大きく、かわいい声の持ち主という設定の恵美ですし、装いや話し方、所作を女の子っぽくすれば、総合的な女の子としての魅力では春日玲奈に負けない女の子)かもしれませんね(^O^)

桃出荷用の箱の組み立て作業。
見返りがないこと、メリットがないことには「いい加減でいい」「適当でいい」と考え、「元の自分に文句を行ってやりたい」とまで思っている恵美(裕輔)です。今の自分は裕輔ではないという感覚、裕輔が自分とは違う人間という感覚が強いし、恵美(裕輔)の変化が見て取れるところですね。
入れ替わりは、性別違和に苦しむ恵美(勝)が、いらない「小池恵美」という身体を裕輔(裕輔)に押しつけて、望んでいた「小倉裕輔」の男性の身体や男性器を得るために(一時的に借り受けるために)自分の性別すら隠して裕輔(裕輔)に持ちかけたもの。
しかし、恵美(勝)の心の底の底にある本心、本音としては『このまま裕輔が「小池恵美」でいるのを望んでくれるなら、一生自分は「小倉裕輔」として生きたい、「小池恵美」になんて二度と戻りたくない』なんて気持ちもあったでしょうね。
一方、入れ替わりに応じて「小倉裕輔」を差し出して、「小池恵美」を引き受けた、裕輔(裕輔)の心にあったものはメリット、デメリットなどの損得勘定ではなく、自分への見返りを求めたわけではなく、計算や打算もない、性別すら考慮していない、廿日山で出会った友達、恵美(勝)への優しくて純粋な「一夏の友情」。
「一夏の友情」で救われた裕輔(勝)ですが、二度飲みもしてしまい自分の苦しみをすべて恵美(裕輔)に肩代わりしてもらうことになりました。
まあ、二度飲みでかつての(勝)に近い人格になる恵美(裕輔)は、以前の裕輔(裕輔)のようなピュアではないし、自分に対するメリット、見返りを求め損得勘定や計算もする、一筋縄ではいかない女性にはなりそうですね(笑)

つるりんどうさん、それではお仕事もご執筆も頑張ってください!
[615]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/3/24/(Tue) 00:05
こんばんは、つるりんどう@関東です。
連休が仕事の予定で浸食されましてお待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m
何とか振替休日が取れました。。(^^;>

>successさん
いつもご丁寧にご感想頂きまして本当にありがとうございますっ!!
今回は特に熱いご感想大変感謝ですよっ!!(^^)/

> 更新されたSS群、毎回楽しみに拝読させていただいております!
>「一夏の友情」の感想を書きます(^∇^)

いつもながら深く読んで頂けてうれしい限りです!!m(_ _)m

> day9 37話について。
> 蔵の内部の話ですね。蔵は小倉裕輔が「小池恵美」へと生まれ変わった場所。「小池恵美」の人生の始まりといえる場所ですね。
> 物語の原点である『取り替えっこ』に使った段ボール箱や妙薬の残り1セット(三度飲みや、誰かの一回きりの入れ替わりは可能ですね)はストーリー上、今後どうなるのか楽しみにしてます!

そうですね。
『遊び』のつもりでやってしまったことではありましたが、別人の人生を歩むことになってしまった訳で、(裕輔)にとっては一生忘れられない場所になってしまいましたね。

段ボール箱や妙薬につきましては、またお話に絡んでくる予定ですので、どうぞお楽しみに!(^^)>

> また市松人形は恵美や里奈のご先祖様にあたる女の子が人形遊びに使い、蔵に残したもの。人形の衣装はその女の子のおそらく母親か祖母のお手製で、着せ替え人形のようにして遊んだり、おままごとをしたりしたのでしょうね。
> 恵美(勝)の性自認は男でしたし、幼少期に人形遊びなどはしなかったと思います。
> この市松人形の持ち主の女の子の血縁、子孫が恵美ですが、恵美(裕輔)の人生の出発点である蔵にこの人形が残されていたのも、何か不思議なめぐり合わせを感じます。
> さしあたって里奈が持ってきたガーリッシュな服を、さながら着せ替え人形のように着せられることになるし、恵美という女性の人生の暗示のように見えなくもないですね。

そこまで読み解いて頂けて大変ありがたく思います!
ご分析の通り、恵美(勝)は人形遊びなんて毛嫌いしていた訳ですが、ご先祖様の女の子時代には、こんな市松人形で遊んでいた訳ですね。
着せ替え人形の暗示、まさに今日この後、恵美(裕輔)自身が着せ替え人形状態になってしまうのですよね。もちろん、この後もずっと『女性』として色々着る羽目になってしまう訳ですが……。
色々気付いて頂けてうれしいですっ!

> day9 38話について。
> セックスの話。恵美にしても裕輔にしても今後の人生でいずれは・・・ということでしょうね。フェラチオやクンニリングス(口や舌を使った性器への愛撫。オーラルセックス)は多々ある前戯のうち有名なもの。体位は四十八手と言われるし、マンネリ打破のためにコスプレをしたり、道具を使うカップルも(中には、、、)いますね。
> 恵美(裕輔)は男性相手に自分が前戯をする、されるなんて、当たり前ですけど今は考えたくもないでしょうね。(逆に身体と性自認が一致している裕輔(勝)は抵抗がない(というか期待している)でしょうね。)
> 恵美が男性とそういう展開になるのはいつ頃になるのか期待してます。

恵美(裕輔)も『女の子』『女性』として『男の子』『男性』と付き合う日が来れば、いずれそういう関係にもなる訳なのですよね、、、
ご指摘の通り、今まで『男の子』の立場で将来のことも想像してきていただけに、いきなり『女の子』の立場を押し付けられても受け入れがたいでしょう。(^^;
(勝)は、肉体的にも本来の『性別』になれて、不満も何もないでしょうけれど、恵美(裕輔)は辛いことになりそうです。。

> 学校生活やプライベートで自分好みの女子がいても自分も女子。女性の身体で男性器はないし、本気で女子に告白して自分の恋愛感情を打ち明けたとしても「あなたは女子だから」と拒否される可能性は高く、それがきっかけで良好な人間関係がなくなってしまうかもしれない。(LGBTの方の悩みですね)しばらくは本やネットの動画を見て悶々とするしかないかもしれないですね。

Lの方のパートナーが見つかれば、恵美(裕輔)の今の(性自認)的にはハッピーなのでしょうけれどね。
もっともまだ中学生である以上、早々深い関係にまではならないでしょうが。

いずれにしても、恵美(裕輔)としては『男性器』が欲しい訳で……悶々とする日々が当面続くことだけは間違いなさそうです、、、(−−;

> 裕輔(勝)の場合、多くの女の子たちにとって憧れの存在ですし、恋愛関係、肉体関係になろうと思えばなれるでしょうね。作中の時間帯で春日玲奈を含めた女子グループとお店に行ってますし、意中の相手にモーションをかけたら、はっきりノーと言う女の子は少ないでしょうね。

そうですね!
これ以上ないくらい恵まれた環境にいる『男の子』な訳ですし、今の立場を利用すれば、(勝)は『男の子』としてやりたかったことを全て実現してしまえそうです。

もっとも二度飲みによって、以前の(裕輔)サイドに近付くことによって、自分の身体を押し付けた(裕輔)のことが気になって、好き勝手できなくなってきそうではありますけれどね。

> 裕輔(勝)相手の妄想について。
> 自分の裸や性器を見せつけたり、廿日山中学校のセーラー服、体育着、スクール水着などを着て焦らしたりするなど。week2 54話でもありましたけど、以前の恵美(勝)だったらこういう妄想をするんでしょうね。実際、裕輔(勝)がweek2 50話で冗談半分ですけど、今の恵美(裕輔)の女性器への性欲のことまで電話口で話しています。

そうですね。
今の恵美(裕輔)は、以前の(勝)と同じようなことを考えたり、妄想したりするようになってきていますし、、、
week2=前日の電話で、(勝)本人も興奮できそうなことを言ってはいますけど、離れ離れで試せる状況ではなく、(裕輔)もまた今回勝手に想像し始めている訳ですが、多分今の裕輔(勝)なら元の自分の『女性器』に興奮はできそうですね(爆

> 今の裕輔(勝)は恵美(勝)だった頃の趣味、嗜好を引きずっている分(本来の裕輔は奥手で健全な優等生でしたし、行為中に女の子にコスプレをしてもらいたいなどのフェチズムはなかったかも?)行為を盛り上げるために女の子の方から、こういうサービスをしてもらうのは嬉しいでしょうけど、他の女の子ではなく、他ならぬ入れ替わりの相手、恵美(裕輔)から実際にされでもしたら、その変貌ぶりに動揺、狼狽するでしょうね。

ご考察どうもありがとうございます!
裕輔(勝)は、かなり好き勝手なことを電話口で言っていますけれど、実際に恵美(勝)が挑発するように、見せ付けるように自慰行為をしたり、見せてはいけないものを見せ付けたりしたならば、ご指摘の通り、動揺しそうですね、、、(^^;

> 廿日山中学校の体育着、スクール水着はまだ着ていませんが、学校生活が始まればセーラー服同様、多くのクラスメートたちの前で着なくてはならなくなります。またweek2 23話のチアリーダーのように運動系の部活やサークルでの活動で、女子用の制服を着ることもあるかもしれませんね。
> また、近いうちに里奈の結婚式でリングガール、フラワーガールを務めるためにドレスを着る恵美ですけど、結婚式ではウエディングドレスを着た里奈、イブニングドレス、セレモニースーツなどを着た女性ゲスト、黒留袖などの礼装姿の里奈の母もいるわけです。そういう里奈も妊娠、出産でもしたらマタニティウェア、授乳服を着ることになるし、こういう女性の人生の先輩達の姿を間近で見るのは落ち着かないでしょうね。
> さらに今後の人生の節目で振袖、羽織袴を着たり、アルバイトや職場で(制服着用のところは)制服を着たりすることもあるかも。(アルバイトや就職の面接の時には女性用のリクルートスーツですね。)
> 「スーツにネクタイ」でシンプルな男性とは違い、用途によって服装、髪型、靴などを選んだりしなければならないし、エチケット、マナーとしてお化粧(ナチュラルメイク)などもしなくてはならない。

そんな先のことまで含めてご分析頂きうれしい限りですっ!
day 9で初めて生理用ショーツを身に付けた恵美(裕輔)ですが、この先どんどん『女性』ならではの初めてを体験していくことになるのですよね。
day 9に限って言えば、里奈の古着もそうですが、洗濯済みのハーフカップブラも待ち構えていたりしますし……色々前途多難と言った感じになりそうです。

少し先にはなりますが、ご指摘の里奈の結婚式で着るドレス……これも(裕輔)にとってはきつい体験になりそうですね、、、(^^;

> 段ボール箱に入った時にまさかそんな未来が待ち受けているなんて思いもよらなかったでしょうね。この箱の中で、小倉家の母から生まれた裕輔が小池恵美へと生まれ変わり、小池家の母から生まれた恵美が小倉裕輔へと生まれ変わったわけで、段ボール箱は二人が転生した場所、新たに生まれた場所(大げさに言うなら転生の母体かも)ですし、転生した恵美(裕輔)が初めて見たものが箱ですね。物語のマストアイテムとなったこの箱については妙薬の残り1セットと共に、今後どうするのか気になりますね。

段ボール箱と妙薬はまさにマストアイテムですね!
人生の転換点となったものですし、それが家の中(蔵ですが)にあることで、恵美(裕輔)は何度となく(あのときこうしていなかったら……)と思いに耽ったりするのかもしれません。
また、何が起こるのかもしれませんね(ゲフンゲフン

> なおweek2 23話にある通り(FTMでクラスでいじめられてはいましたが)元々の小池恵美は母親似で、その母親の若い頃はかなりの美人。
> そしてday3 2話で顔の描写がありますが、ベリーショートの髪を長く伸ばせば可愛くなりそうですし、日焼けした肌が白くなれば、さらに印象がガラッと変わりそうですね。一際目立つ特徴的な歯並びの悪さも歯列矯正さえすれば治せるもの。(黒子もやろうと思えば、、、これはやりすぎかも(笑))

はい、『女性』として魅力を高めていこうとすれば、(見た目性格はきつそうながら)スポーティ美女にはなりそうです。
やはり、ポニーテールが似合うかななどと想像していたりしますが(笑

> 女の子としての自分が絶対に認められず、そういう男の子っぽい姿の自分にこだわっていた恵美(勝)でしたが(仮に入れ替わりがなかったならば、将来的に、ホルモン治療や性別適合手術を受けていたでしょうね)そもそもルックス自体は母親似で「元がいい」女の子です。
> 両親も恵美が女の子らしくなるのは大歓迎ですし、オシャレやメイクを一生懸命頑張って、成長、性徴を経て大人の女性になる頃には、十分に美人と呼べるかもしれないですね。
> また胸はweek2 15話で触れられていたように、現時点では春日玲奈を含めた東京のクラスの女子達より小さいわけです。
> しかしweek2 37話のように恵美の父方も母方にも胸の大きい女性が多いし、父方、母方、両家の血を受けた恵美の胸も将来的に、、、、大きくはなりそうですね(笑)
> 旧版の4年後の描写になってしまいますが、高校三年生の時点でお椀に入らないくらい(!)大きくなっていますし(同年齢の女性の中でも大きい方ですね)最終的には、、、血筋からすれば、立派になりそう(笑)

そうですね。
(勝)がそのまま恵美の人生を歩んでいっていたなら、少しでも身体を『男』に近付けようとしていたでしょうね。

とはいえ、ご指摘の通り、周囲の理解を得られないまま、成人まで何もできない状態でくれば、(一度は)ご分析の通り、体つき含めそれなりに立派な『大人の女性』になってしまう訳で、(勝)としては辛い(思い)をしたことになったでしょう。

> ある意味TSFの王道中の王道とも言えますけど(笑)week2 34話の通り身体が女らしくなることは、男らしくありたかったかつての恵美(勝)が非常に恐れていたことで、一番(裕輔)に肩代わりしたもらいたかった展開ですね。
> 恵美が女の子らしくして、そのまま大人になった頃には、勉強はともかく、ルックス面においては春日玲奈に見劣りする女の子ではない(というより胸が大きく、かわいい声の持ち主という設定の恵美ですし、装いや話し方、所作を女の子っぽくすれば、総合的な女の子としての魅力では春日玲奈に負けない女の子)かもしれませんね(^O^)

ですね。
(裕輔)も性格はかなり変化してしまいますし、恵美が(勝)のままだった場合とは異なって、『女性』として『大人』になるのを受け入れても、春日玲奈ほど態度は女の子らしくならないかもしれませんが、『男性』からして『好きな人は好き』な感じの魅力ある『女性』にはなりそうです。(^^;

> 桃出荷用の箱の組み立て作業。
> 見返りがないこと、メリットがないことには「いい加減でいい」「適当でいい」と考え、「元の自分に文句を行ってやりたい」とまで思っている恵美(裕輔)です。今の自分は裕輔ではないという感覚、裕輔が自分とは違う人間という感覚が強いし、恵美(裕輔)の変化が見て取れるところですね。

はい!
すっかり(勝)側の気持ちが分かる(人格)になってきてしまっているようですね。
もちろん、現時点では一時的に……ではありますが、いずれはこういう性格で固定化されてしまうのでしょう。(−−;

> 入れ替わりは、性別違和に苦しむ恵美(勝)が、いらない「小池恵美」という身体を裕輔(裕輔)に押しつけて、望んでいた「小倉裕輔」の男性の身体や男性器を得るために(一時的に借り受けるために)自分の性別すら隠して裕輔(裕輔)に持ちかけたもの。
> しかし、恵美(勝)の心の底の底にある本心、本音としては『このまま裕輔が「小池恵美」でいるのを望んでくれるなら、一生自分は「小倉裕輔」として生きたい、「小池恵美」になんて二度と戻りたくない』なんて気持ちもあったでしょうね。
> 一方、入れ替わりに応じて「小倉裕輔」を差し出して、「小池恵美」を引き受けた、裕輔(裕輔)の心にあったものはメリット、デメリットなどの損得勘定ではなく、自分への見返りを求めたわけではなく、計算や打算もない、性別すら考慮していない、廿日山で出会った友達、恵美(勝)への優しくて純粋な「一夏の友情」。
> 「一夏の友情」で救われた裕輔(勝)ですが、二度飲みもしてしまい自分の苦しみをすべて恵美(裕輔)に肩代わりしてもらうことになりました。
> まあ、二度飲みでかつての(勝)に近い人格になる恵美(裕輔)は、以前の裕輔(裕輔)のようなピュアではないし、自分に対するメリット、見返りを求め損得勘定や計算もする、一筋縄ではいかない女性にはなりそうですね(笑)

深くご分析頂き、本当にうれしく思いますっ!(^^)/
『一夏の友情』を結んで、『身体を取り替えっこ』して互いに逆の立場になった二人ですが、この夏休み以降、本当に暫くの間接点なしの生活を続けていくことになる訳です。
(勝)の意図や、(裕輔)の優しい気持ちがあってこそ成り立った『取り替えっこ』ですが、相手の身体で別々の生活を送っていく中で、二人は相手の気持ちを深く知りつつ、(別人)に染まってしまうことになりそうですね。

ご分析の通り、恵美(裕輔)は、以前の(裕輔)のような自分にも戻れず、将来また裕輔(勝)が再会したときには、かなりの衝撃を受けることになりそうですね。(^^;

> つるりんどうさん、それではお仕事もご執筆も頑張ってください!

応援いつもどうもありがとうございます!!
年度末の仕事はだいぶ片付いてきましたので、振替休日や年休消化(新型コロナで移動も減ってますし、、、)で少しサービスできればと思いますので、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[569] 一夏の友情の感想など
お名前:feelfine 2020/3/11/(Wed) 16:29
いつも楽しみに読ませて頂いてます。
今年に入り何か感想をと思いつつ3月になってしまいました。

ここ最近は恵美(裕輔)と裕輔(勝)とのスペック・立場などの格差がより刺激に蜜に→『同化の喜び』……(生まれ変わり)の快楽の沼にハマってるように思います。day9-32ではいかに変化したのかがまとめられてましたが、性格の変化も実感する事になってしまいましたね。『(勝)の短所』と言える起伏の激しい感情への変化も如実になりましたが、恵美(勝)の過去の言動・行動を(裕輔)が自分の事として受け入れる事も蜜と化してしまいましたね…

意識の変化…能力の変化も深刻なはずが受け入れる事が何よりの蜜となってますね…夏期講習をちゃんと受けたくてたまらなかったはずが仮に参加しても着いていけない性格・能力となり好きだったPCも興味を失い、(勝)から受け継いだ苦手意識も手伝い出来なくなってしまいましたね…
綺麗な字も絵を書く能力も失い(マサル裕輔)化するのが何よりの喜びになってしまったように思います。
度々見返している恵美(勝)の酷い通知表に恵美(裕輔)が同化していってるようでドキドキします!
9−34では
夢のような生活に身を置いていたアノ(裕輔)が、恵美の世界に染まっていくコトに、恵美(裕輔)はたまらなくなり…という事で恵美として過ごす日常・習慣の一つ一つに染まることが興奮材料になってしまい…9−35でいずれやってくる恵美としての将来を実感する事になりましたね。
深刻なはずなのに→自分こそが(裕輔)のはずなのに、本来の(裕輔)が『女』になり、山梨県廿日山町の『小池恵美』になるコトで、大学にも大学院にも行けなくなるというのが可笑しくてたまらない…という自分の将来が新たな燃料になってしまいPCも勉強も苦手になったため…『小池メグミとして、大学に行くとか、ちょっと、あり得ねぇ』と高卒でも地元の廿日山高でも構わないという意識になってきているようですね。

偏差値高い月川高卒の里奈に宿題の進捗が芳しくない事を見抜かれ、酷い期末の成績を心配され勉強を見てもらう事になりそうですが勉強を教わる事で今の学力を実感してしまうかもしれないなぁと思いました。
想像ですが本来の裕輔が目標としていた都心の難関私立校は偏差値70前後位の学校だと勝手に思っておりますが廿日山は40前後で里奈の所はこの地域では高いとはいえ本来の裕輔の目標高よりは低い(50〜60)だと思われます。
本来余裕なはずの宿題を里奈に教わらなければわからない事を実感し以前PCで高校比較サイトを見た場面がありましたが、自分は偏差値40の廿日山しかないんだと実感する事も恵美(裕輔)には強烈な刺激になりそうな気がします…

日々元の自分(裕輔)が(別人)に思える感覚・恵美(勝)の日常・立場になじむ事とユウスケとの格差を感じるだけで蜜になっていってる展開が面白いここ何作かでした。

まとまりがなく恐れ入ります。
昨今色々と大変な状況かと思われますが
今後も各作品を楽しみにお待ちしております。
[571]  Re: 一夏の友情の感想など
お名前: つるりんどう 2020/3/15/(Sun) 23:59
こんばんは、つるりんどう@関東です。
現在の社会情勢の変化もありまして、バタバタしまして、お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m
皆さんも大丈夫でしょうか?

>feelfineさん
> いつも楽しみに読ませて頂いてます。
> 今年に入り何か感想をと思いつつ3月になってしまいました。

いえいえ、ありがたいお言葉を頂きましてうれしい限りです!!m(_ _)m
ご丁寧にご感想頂きまして本当に感謝感謝ですよっ!

> ここ最近は恵美(裕輔)と裕輔(勝)とのスペック・立場などの格差がより刺激に蜜に→『同化の喜び』……(生まれ変わり)の快楽の沼にハマってるように思います。day9-32ではいかに変化したのかがまとめられてましたが、性格の変化も実感する事になってしまいましたね。『(勝)の短所』と言える起伏の激しい感情への変化も如実になりましたが、恵美(勝)の過去の言動・行動を(裕輔)が自分の事として受け入れる事も蜜と化してしまいましたね…

はい、自分が元の自分とは違う(マサル裕輔)に変わっていくということに快楽を覚えてしまったようで、本来の(裕輔)の自我からすると危ない状況と言えるでしょうね。
一方で、恵美として振る舞い、生活していく上では、かなり役立ってくれそうではありますが、本当に大丈夫なんでしょうか?(^^;

> 意識の変化…能力の変化も深刻なはずが受け入れる事が何よりの蜜となってますね…夏期講習をちゃんと受けたくてたまらなかったはずが仮に参加しても着いていけない性格・能力となり好きだったPCも興味を失い、(勝)から受け継いだ苦手意識も手伝い出来なくなってしまいましたね…
> 綺麗な字も絵を書く能力も失い(マサル裕輔)化するのが何よりの喜びになってしまったように思います。

細かく(裕輔)の変化を追って頂き、恐縮な限りですっ!
そうですね。
自分が好きなこと、得意なことが、(勝)のものと入れ替わっていく。
本来の自分を失いたくないと思えば怖いことですが、その倒錯感に身を委ねられれば、たまらないことなのかもしれません。(−−;

> 度々見返している恵美(勝)の酷い通知表に恵美(裕輔)が同化していってるようでドキドキします!

どうもありがとうございますっ!
今まで恵美のような立場の同級生のことをほとんど考えてこなかった(裕輔)ですが、アノ(裕輔)が自分と同じになればいいのにと願ってしまった(勝)の思い通りに、同化が進んでいってしまいそうですね。(*^^*)

> 9−34では
> 夢のような生活に身を置いていたアノ(裕輔)が、恵美の世界に染まっていくコトに、恵美(裕輔)はたまらなくなり…という事で恵美として過ごす日常・習慣の一つ一つに染まることが興奮材料になってしまい…9−35でいずれやってくる恵美としての将来を実感する事になりましたね。

はい。
入れ替わり後に元の相手と同じ行動パターンを取るようになってしまうというのは、それなりにある展開ではありますが、細かい行動パターンまでなぞり始めているのを自覚すると結構くるものはありそうです、、、
将来のこと……やはり大都市圏のハイスペックな『男の子』と田舎の柵に囚われた『女の子』では、まるで違った人生になってしまいますよね。
『二度飲み』なしだと、(裕輔)は相当堪えたかと思います、、、

> 深刻なはずなのに→自分こそが(裕輔)のはずなのに、本来の(裕輔)が『女』になり、山梨県廿日山町の『小池恵美』になるコトで、大学にも大学院にも行けなくなるというのが可笑しくてたまらない…という自分の将来が新たな燃料になってしまいPCも勉強も苦手になったため…『小池メグミとして、大学に行くとか、ちょっと、あり得ねぇ』と高卒でも地元の廿日山高でも構わないという意識になってきているようですね。

ええ、勉強の好き嫌いだけでなく、(裕輔)のときに持っていた拘りもなくなり、敢えて裕輔の望んでいた人生を歩む必要性すら感じなくなってきているようですね、、、
それだけでなく、(勝)側の視点で、自分(裕輔)を見ることも増えてきて、変わっていく自分にゾクゾクきているようでもあります、、、(−−;

> 偏差値高い月川高卒の里奈に宿題の進捗が芳しくない事を見抜かれ、酷い期末の成績を心配され勉強を見てもらう事になりそうですが勉強を教わる事で今の学力を実感してしまうかもしれないなぁと思いました。

そうですね。
習ったということは覚えていても、次第に解き方なども分からなくなってきているようですし、里奈に勉強を見てもらうことで自分の立場を改めて実感することになりそうですね。(^^;

> 想像ですが本来の裕輔が目標としていた都心の難関私立校は偏差値70前後位の学校だと勝手に思っておりますが廿日山は40前後で里奈の所はこの地域では高いとはいえ本来の裕輔の目標高よりは低い(50〜60)だと思われます。
> 本来余裕なはずの宿題を里奈に教わらなければわからない事を実感し以前PCで高校比較サイトを見た場面がありましたが、自分は偏差値40の廿日山しかないんだと実感する事も恵美(裕輔)には強烈な刺激になりそうな気がします…

色々ご分析、ご想像頂きうれしく思いますっ!
まさに(裕輔)はそんな私学を目指していましたから、これからの恵美としての進路を自覚するのは、かなりの『蜜』の放出を伴うものになりそうですね、、、(^^;

> 日々元の自分(裕輔)が(別人)に思える感覚・恵美(勝)の日常・立場になじむ事とユウスケとの格差を感じるだけで蜜になっていってる展開が面白いここ何作かでした。

本当にありがとうございますっ!!
普通の入れ替わり作品ではなかなか迫れないところまでじっくり……というのがこの新作版ですが、かなりじれったくなってしまってすみません、、、

> まとまりがなく恐れ入ります。
> 昨今色々と大変な状況かと思われますが
> 今後も各作品を楽しみにお待ちしております。

いえいえ、細かいところまでしっかり読んで頂き、うれしい限りです!!
何とか今後も続けていきたく思いますので、どうぞよろしくお願い致しますねっ!!m(_ _)m
[568]
お名前:success 2020/3/7/(Sat) 00:22
つるりんどうさん

更新されたSS群、毎回楽しみに拝読させていただいております!
「一夏の友情」の最新話についてすごく簡単に感想を書きます(^∇^)
(この度、体調がかなり良くなく、簡単な感想になり申し訳ございません、、、)
男性とのキス、ペッティング、セックス(性交)について。
恵美が学生生活を送るうちに、周りの女子達からそういう噂、前戯、後戯も含めた赤裸々な体験談を聞くこともあるでしょうね(廿日山でも稀に学生の間に妊娠する女子もいるかも)
前のつるりんどうさんのレスポンスで言及されてましたが、今の恵美(裕輔)は二度飲みの効果で(勝)と同様、男性器に(性的な関心ではなく)興味があるわけですが、どうなるのか期待してますね。
また恵美はペッティング(と言っても数秒)を済ませてしまったわけですけど、キスやセックスはいつ頃になるのか(今は男性に恋愛感情など持ちようがないですし、キスも嫌でしょうけど)楽しみですね!
そして「豊」のように恵美に好意(恋愛感情)を持っている男子もいますし。
下世話な言い方になりますが、豊に比べると裕輔はハイスペック過ぎますし、ある意味、豊の方が恵美と釣り合いが取れる相手なのでしょうね。
蔵に入り浸っていないことについて。
副作用の影響が顕著に出ているところですね!
妙薬は残り1セットありますけど、こちらはストーリー上、どうなるのか楽しみですね!
それでは、つるりんどうさん、お仕事もご執筆もがんばってください!
[570]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/3/15/(Sun) 23:59
こんばんは、つるりんどう@関東です。
新型コロナ関係で余計な仕事も増えてバタバタしておりまして、遅くなってしまいごめんなさい、、、m(_ _;m
皆さんも大丈夫でしょうか?

>successさん
> 更新されたSS群、毎回楽しみに拝読させていただいております!
> 「一夏の友情」の最新話についてすごく簡単に感想を書きます(^∇^)
> (この度、体調がかなり良くなく、簡単な感想になり申し訳ございません、、、)

ご体調のお悪い中、ご丁寧にご感想頂きまして大変感謝です!!m(_ _)m
本当にうれしく思いますよっ!(^^)/
嫌なウイルスも広がってきているようですので、どうぞご自愛下さいませ!!

> 男性とのキス、ペッティング、セックス(性交)について。
> 恵美が学生生活を送るうちに、周りの女子達からそういう噂、前戯、後戯も含めた赤裸々な体験談を聞くこともあるでしょうね(廿日山でも稀に学生の間に妊娠する女子もいるかも)

そうですね。
(裕輔)が裕輔だったときは、かなり偏った知識だったようですが、廿日山の『女の子』たちと接している内に色々生々しい話を聞くこともありそうですね、、、(^^;

> 前のつるりんどうさんのレスポンスで言及されてましたが、今の恵美(裕輔)は二度飲みの効果で(勝)と同様、男性器に(性的な関心ではなく)興味があるわけですが、どうなるのか期待してますね。
> また恵美はペッティング(と言っても数秒)を済ませてしまったわけですけど、キスやセックスはいつ頃になるのか(今は男性に恋愛感情など持ちようがないですし、キスも嫌でしょうけど)楽しみですね!

どうもありがとうございます!!(^^)/
やはり、当面は自分のモノとして『男性器』が欲しいという思いを持ち続けることにはなるでしょうが、いずれそういうことをする相手も現れる訳ですので、そのときにはしっかり描いていければと思いますっ!

> そして「豊」のように恵美に好意(恋愛感情)を持っている男子もいますし。
> 下世話な言い方になりますが、豊に比べると裕輔はハイスペック過ぎますし、ある意味、> 豊の方が恵美と釣り合いが取れる相手なのでしょうね。

キャンプ場では、唯一の同学年の(男の子)同士ということで仲良くなった恵美(勝)と裕輔(裕輔)ですが、肉体的性別での男女のカップルとしてみると、確かに裕輔がハイスペック過ぎて釣り合わないのは確かですね。(^^;
ご指摘の通り、幼馴染の豊の方がつり合いが取れる相手と言えるのでしょう。

> 蔵に入り浸っていないことについて。
> 副作用の影響が顕著に出ているところですね!
> 妙薬は残り1セットありますけど、こちらはストーリー上、どうなるのか楽しみですね!
> それでは、つるりんどうさん、お仕事もご執筆もがんばってください!

そうなんですよね。
二度飲みしていなければ、元に戻れなくなったことに(裕輔)は、相当精神的にやられていたはずで、蔵に入り浸っていたはずですから。
『妙薬』の残り1セットにつきましては……うーん、結構早めにストーリーに絡ませる予定でしたので、さすがsuccessさん鋭いっとだけ書かせて頂きます。(^^;

仕事に新型コロナの影響も出ていますが、不定期で振替やお休みを入れられそうですので、何とか少しは活動をまともに再開できればと思いますので、またぜひよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[558] 『曰く付きのマイルーム』60話、『赤の秘石』131話、132話まで
お名前:あまがさ 2020/2/16/(Sun) 09:10
今週の初め、『曰く付きのマイルーム』60話が更新された時のリンクの不具合時、私は過去ログのリンクを辿って続きを見ていました。
それはともかく、更新されたSSの感想です。

『赤の秘石』131話

久しぶりに赤の秘石の感想から、
バスに乗ってサヤカの家に帰宅中、物憂げな様子なミサキに心配そうなタツヤ、ああ、そういえばそういう状況だったっけ?
久しぶりなので状況確認から入ってましたw
でもまあわりとすぐに思い出せました。

個人的にはミサキに何があったのか、描写がタツヤ視点で限定的なので色々心配、色々気になっています。
あとタツヤ、サヤカの自宅付近の降りるバス停付近で、発作で体が反応って、さらっと流してるけどカヤカ化が早くて色々やばそうですね。
そしてサヤカの自宅に到着、ミサキに女装(?)を勧めていますが、ミサキは今までの描写的に、精神的な方向での橘ショウへの同化は遅そうなので、女装でのダメージはまだなさそうですね。
むしろ今は女物の服を着るほうが精神衛生上良いのかな?
将来的にはどうなるのかわかりませんが。

ミサキ、もしタツヤと一緒に着替えてたら、どんな反応をしたんだろう?
赤の秘石は単純な入れ替わりモノじゃないから、まだタツヤは男(っぽい)外見だろうし。

『赤の秘石』132話

>赤の他人の家のはずなのに、今日は一段と自分の家のリビングって感じがする。
>発作を繰り返し度に、この家にいるのが普通になってきてる気がするよね。

>僕、なんで忘れてたんだろう?
>ジャスミンティーあんなに好きだったじゃない?
>昨日も一昨日も飲んでなかった……。
>いつもなら、ジャスミンティーのペットボトルを部屋に持って上がってるのに……。

色々ヤバイな、と思わせる描写が増えていますね。

>「あたし、気が付かない内に、好みまで金木サヤカに近付いてきちゃってるんだ」
>「そういえば、カナも……好きだったっけ?」

自分で気づいて自覚までしちゃってますし、その流れでカナのことまで連想しちゃってさらにまずい流れに。

>ダメよ、カナのことを考えたりしたら!
>少しでも楽しいこと、思い出して!

だからといって、ピアノを弾くのはそれはそれでサヤカ化を進行させるような気はして、それもどうかとは思いましたが、

>でも……あたしは、決して、カナのせいでピアノに触れられなくなり、音楽科も諦め、自分の世界に閉塞感を感じて、他人の男の子に逃げた今の金木サヤカなんじゃないんだから。
>「そう、負ける訳にはいかないの……」

もしかしたら、オリジナルの金木サヤカを乗り越えるために必要なイベントだった?
などと色々勝手なことを連想しちゃったりしました。

そこでやってきたミサキと今度は連弾、ミサキと一緒にいると良い流れになるような気がしますね。
少しでもこの良い流れが続くと良いのですが……。

あと
>振り返ると、サヤカの私服に着替えたミサキがいた。
>スカイブルーのブラウスに、ドット柄のプリーツスカート。
>梅雨をイメージした感じのコーデ?
>そんなコーデがとっても似合ってるミサキが、目を赤くして拍手してくれていた。

さすがにこの辺は(服のコーデとか)、ミサキは生来の女の子なんだな、なんて思ったりしてました。
[559]  Re: 『曰く付きのマイルーム』60話、『赤の秘石』131話、132話まで
お名前: あまがさ 2020/2/16/(Sun) 09:53
『曰く付きのマイルーム』60話

まず60話の冒頭から

>美空になってる海音と、海音になってるホントの琉夏を一緒に連れて行くってだけでもハードル高いはずなのにさー、何調子乗って、二人にいい顔しようとしてるのよー!
>あたしを琉夏だと思ってる海音と、海音だと思ってる琉夏、そして本物の琉夏と思ってる優輝君と美空ちゃんが一緒になったら、何が起こるか分からないじゃない!
>それに加えて、二人の家族までとか……ホントにあたし一人で対処できるの?
>因果律的に大丈夫なのっ?

うん、読者的にも、琉夏(海斗)たちの置かれている状況がわかりやすくて良いですw
人を集めることに関しては、なんとかなるとは思いますが、やっぱり因果律の縛りがネックですね。
ここはやっぱりドラえも……ではなく(ほんのジョークです)
因果律の縛りのない萌にある程度協力してもらう、あと知恵も借りる、かな?
萌は元の自分を確かめるために、北海道から沖縄まで来たほど行動力もあるのですしね。
(だからって過剰な期待はできませんが、この場合は自由に動ける人手も必要ですしね)

そういえば、萌って北海道からも自由に動けたんですね。(今更だが)
もしあの部屋のタイムリープ者に因果律の縛りがあったら、北海道から動けなかったはずですからね。
もし今回の集団入れ替わりの件が無かったら、萌(海斗)は、あのタイミングに東京まで行っただろうか?
ふと、そんなことを考えちゃいました。

話は脇道に逸れましたが、琉夏(海斗)は、優輝、優奈の兄妹との会話や意思疎通である程度の状況はわかってきたようですね。
とはいっても、この兄妹以外は家族の中身がどうなったのかわからないですし、

あとあとがきで書かれていた、
>(海斗はまだ気付いてないですが)今家族の器に入っている人たちが、すんなり言うことを聞いてくれるとも限らないですしね……。
これは前から思っていました。全員が協力的とは限らないし、入れ替わりを肯定的に受け入れている人ってそれなりに居そうですしね。
優輝の父親の中の人は、入れ替わり直後の反応的にそうみたいだし、多分元の優奈は、大人のお姉さんになっててそう思ってるんじゃないかなと。

>「琉夏先輩ですか?」
>「あー、先輩じゃなくて」
>「琉夏さん?」
>「まー、それでよしとしよう!」
>あたしがそう言うと、優輝君な美空ちゃんはおかしそうに笑ってくれた。

あと、このやりとりもまあ好きです。一応外伝キャラと本伝の主人公に繋がりができたので、この後どうなるのか楽しみです。

……今回SS更新とまったく関係ない話題。
現在アニマックスで放送している天空のエスカフローネ見てます。(そろそろ終わりますが)
以前器選びの感想で引き合いに出したせいでか、ついそういう目線でも見ちゃってますw
ひとみちゃんかわいいな、ディランドゥ様は顔芸がw 終盤の再登場が楽しみ。

[560]  Re: 『曰く付きのマイルーム』60話、『赤の秘石』131話、132話まで
お名前: あまがさ 2020/2/16/(Sun) 21:49
シェアワールド掲示板の投稿SS、とある母娘、中学生の場合のIFの続きの話を投稿してみました。
この話の主人公(?)の矢野健太くんの設定を、中学三年生から高校一年生に変えてみました。
……変えて投稿してから気づいた。SSのタイトルの「とある母娘、中学生の場合のIF」
の中学生の部分が矛盾になってしまうと(苦笑)
別に内容そのものは大きく変わらないので、次回更新の時にどっちかを再修正するかもしれませんが、今回はこのまま行ってみます。
(さらにまた修正は面倒だし)

今回の作中、ママな恵理菜(作者的には確定とは言っておきます)
因果律の縛りは(少し?)あるのですが、今のところはさほど苦にしていないようですし、深刻に受け止めていないようです。
体は大人、頭脳は子供、だからという部分もあるのでしょうがw
(作中でもちらりと書きましたが、キーワードはおままごと感覚です)
ただ、いずれ因果律の影響で、ママの中身の幼い恵理菜ちゃんは、心も大人の女性のママになっていくのかな?
どう影響を受けて変化していくのか、色々なパターンを考えてみたりしてます。
つるりんどうさん的にはどうでしょうね?
なお、基本は恵理菜(健太)視点なので、ママの心情の変化は具体的には書かない予定だし、基本短編なのでそこまで書かないかもです。
[561]  Re: 『曰く付きのマイルーム』60話、『赤の秘石』131話、132話まで
お名前: つるりんどう 2020/2/23/(Sun) 23:10
こんばんは、つるりんどうです。
お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _;m

>あまがささん
いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝です!!(^^)/
ちょっと体調を崩しておりまして、活動停止中です。
大変申し訳ないですが、来週末には復帰&レス&更新できるかと思いますので、もう少しばかりお待ち頂けますと幸いです。(−−;;

どうぞよろしくお願い致しますねっ!!
[562]  Re: 『曰く付きのマイルーム』60話、『赤の秘石』131話、132話まで
お名前: アイラ 2020/2/25/(Tue) 23:38
つるりんどうさん、こんばんは
体調を崩されているということですが、どうぞお大事になさってください!

体調が元に戻られましたら、赤の秘石だけでなくあいり愛莉の方もお願いします!
[563]  Re: 『曰く付きのマイルーム』60話、『赤の秘石』131話、132話まで
お名前: つるりんどう 2020/2/29/(Sat) 22:11
こんばんは、つるりんどう@関東です。
先週末はちょっとダウンしていまして、遅くなりましてごめんなさい、、、
そっちはただの風邪でしたが、うーん、ちょっとコロナ関係が心配なことになっているみたいですね。
私も出張移動を可能限り見合わせるよう指示が出てる感じです、、、
皆さん、大丈夫でしょうか?

>あまがささん
いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝です!!(^^)/
本当にうれしく思いますよっ!

> 今週の初め、『曰く付きのマイルーム』60話が更新された時のリンクの不具合時、私は過去ログのリンクを辿って続きを見ていました。

なるほど!
確かに各話の間のリンクがありますから、それを使えばいけますね!(^^)

> それはともかく、更新されたSSの感想です。
>『赤の秘石』131話

長らく停滞しておりました『赤の秘石』へのご感想、ありがたい限りですっ!!m(_ _)m

> 久しぶりに赤の秘石の感想から、
> バスに乗ってサヤカの家に帰宅中、物憂げな様子なミサキに心配そうなタツヤ、ああ、そういえばそういう状況だったっけ?
> 久しぶりなので状況確認から入ってましたw
> でもまあわりとすぐに思い出せました。

書く側も結構確認が必要でしたね、、、(^^;
構想はちゃんとイメージとしてありますが、細かい設定やどこまで進んだかなどは忘れていることも多くて、、、書いていて結構焦りました(爆

> 個人的にはミサキに何があったのか、描写がタツヤ視点で限定的なので色々心配、色々気になっています。

そうですね。
朝の様子もおかしかったですし、更に学校でも何かあった様子で、、、心配ですね、、、(−−;

> あとタツヤ、サヤカの自宅付近の降りるバス停付近で、発作で体が反応って、さらっと流してるけどカヤカ化が早くて色々やばそうですね。

はい、赤の秘石もやはりサヤカ本人の意向もあって、カスタマイズされていそうですね。
サヤカの感じていた閉塞した世界をタツヤも感じ始めていそうです、、、

> そしてサヤカの自宅に到着、ミサキに女装(?)を勧めていますが、ミサキは今までの描写的に、精神的な方向での橘ショウへの同化は遅そうなので、女装でのダメージはまだなさそうですね。
> むしろ今は女物の服を着るほうが精神衛生上良いのかな?
> 将来的にはどうなるのかわかりませんが。

はい、今のミサキにとっては、表面的にだけでも『女の子』の自分を出せるのは大事なことなのでしょうね。
ご指摘の通り、精神的に橘ショウに近付けば、女装を拒むようになりそうですが、、、そうなってほしくないものです。

> ミサキ、もしタツヤと一緒に着替えてたら、どんな反応をしたんだろう?
> 赤の秘石は単純な入れ替わりモノじゃないから、まだタツヤは男(っぽい)外見だろうし。

うーん、まあこの後の相談とも絡むところなので、何とも言えませんが。
その状況ならば、直接タツヤに相談をもちかける形で……お話が進行していたかなと思います。(^^;>

>『赤の秘石』132話
> 色々ヤバイな、と思わせる描写が増えていますね。

はい、まあサヤカとして生活しているだけで発作が続きますしね。
夢の中で幼い頃のサヤカの記憶も蘇っていますから、余計にサヤカの自宅にも馴染んできているのでしょうね。

> 自分で気づいて自覚までしちゃってますし、その流れでカナのことまで連想しちゃってさらにまずい流れに。

ええ、上にも書きました通り、幼いときからのカナとの記憶が戻ってきていることで、発作の連鎖が止まらない感じになってきているようですね、、、

> だからといって、ピアノを弾くのはそれはそれでサヤカ化を進行させるような気はして、> それもどうかとは思いましたが、
> もしかしたら、オリジナルの金木サヤカを乗り越えるために必要なイベントだった?
> などと色々勝手なことを連想しちゃったりしました。

おお、さすがあまがささん、鋭いですね、、、
今のタツヤ自身、サヤカに近付きつつも、元のサヤカと全く同じになってはいけないという自覚だけはあるようです。(^^)

> そこでやってきたミサキと今度は連弾、ミサキと一緒にいると良い流れになるような気がしますね。
> 少しでもこの良い流れが続くと良いのですが……。

そうですね。
連弾は、ピアノ少女であるミサキにとっては、元の自我を守るという意味でも、かなりいい効果が期待できそうですが……さて、どうなりますでしょう?

> あと
> さすがにこの辺は(服のコーデとか)、ミサキは生来の女の子なんだな、なんて思ったりしてました。

はい!
タツヤも女子寄りになってきてしまっていますが、元のタツヤのままなら、男子としてかなりドキドキできたのかもしれませんね。


> 『曰く付きのマイルーム』60話

『曰く付きのマイルーム』へもご感想頂きまして大感謝です!!(^^)/
本当にうれしく思いますよっ!

> まず60話の冒頭から
> うん、読者的にも、琉夏(海斗)たちの置かれている状況がわかりやすくて良いですw
> 人を集めることに関しては、なんとかなるとは思いますが、やっぱり因果律の縛りがネックですね。
> ここはやっぱりドラえも……ではなく(ほんのジョークです)
> 因果律の縛りのない萌にある程度協力してもらう、あと知恵も借りる、かな?
> 萌は元の自分を確かめるために、北海道から沖縄まで来たほど行動力もあるのですしね。
> (だからって過剰な期待はできませんが、この場合は自由に動ける人手も必要ですしね)

器選び組は、あの部屋に住んでいたタイムリープ組とは状況が異なりますから、ご指摘の通り、因果律関係の問題を何とかしなければならないのでしょうね。
ドラえも……(笑
元海斗が琉夏に同調し過ぎている状況ですので、元の自分を取り戻しつつある萌に期待がかかりますね!(^^)

> そういえば、萌って北海道からも自由に動けたんですね。(今更だが)
> もしあの部屋のタイムリープ者に因果律の縛りがあったら、北海道から動けなかったはずですからね。
> もし今回の集団入れ替わりの件が無かったら、萌(海斗)は、あのタイミングに東京まで行っただろうか?
> ふと、そんなことを考えちゃいました。

タイムリープ組は、強制同調で元の自分の記憶が曖昧になってくる感じですかね。
ある程度情報さえ残しておけば、未来で元の自分に会いに行くことくらいはできた感じでしょうか。

ちょっとネタばれし過ぎましたか……f(^^;

> 話は脇道に逸れましたが、琉夏(海斗)は、優輝、優奈の兄妹との会話や意思疎通である程度の状況はわかってきたようですね。
> とはいっても、この兄妹以外は家族の中身がどうなったのかわからないですし、
> あとあとがきで書かれていた、
> これは前から思っていました。全員が協力的とは限らないし、入れ替わりを肯定的に受け入れている人ってそれなりに居そうですしね。
> 優輝の父親の中の人は、入れ替わり直後の反応的にそうみたいだし、多分元の優奈は、大人のお姉さんになっててそう思ってるんじゃないかなと。

そうなんですよね。
人数的な問題だけでなく、元に戻すのに必要なメンバーの中にこのままでいいという人がいる可能性は充分にありますし……難しいところだと思います。

> あと、このやりとりもまあ好きです。一応外伝キャラと本伝の主人公に繋がりができたので、この後どうなるのか楽しみです。

どうもありがとうございますっ!!m(_ _)m
うまくお話をリンクさせつつ、これからも続けていきたいですね!

> ……今回SS更新とまったく関係ない話題。
> 現在アニマックスで放送している天空のエスカフローネ見てます。(そろそろ終わりますが)
> 以前器選びの感想で引き合いに出したせいでか、ついそういう目線でも見ちゃってますw
> ひとみちゃんかわいいな、ディランドゥ様は顔芸がw 終盤の再登場が楽しみ。

おお、放送されていたのですね!
懐かしい!
当時地上波で見ていましたが、またじっくり見てみたいものです。(^^)/

> シェアワールド掲示板の投稿SS、とある母娘、中学生の場合のIFの続きの話を投稿してみました。
> この話の主人公(?)の矢野健太くんの設定を、中学三年生から高校一年生に変えてみました。
> ……変えて投稿してから気づいた。SSのタイトルの「とある母娘、中学生の場合のIF」
> の中学生の部分が矛盾になってしまうと(苦笑)
> 別に内容そのものは大きく変わらないので、次回更新の時にどっちかを再修正するかもしれませんが、今回はこのまま行ってみます。
> (さらにまた修正は面倒だし)

おおお、ご投稿頂きまして本当にありがとうございます!!
楽しみにしておりましたっ!

思春期男子が幼い女の子になってしまうというのは、そのいけない感じにドキドキしますね!
因果律的にそう振る舞うしかないと分かっていても、振る舞っているその中身のことを考えると色々くるものがあります(笑

> 今回の作中、ママな恵理菜(作者的には確定とは言っておきます)
> 因果律の縛りは(少し?)あるのですが、今のところはさほど苦にしていないようですし、深刻に受け止めていないようです。
> 体は大人、頭脳は子供、だからという部分もあるのでしょうがw
>(作中でもちらりと書きましたが、キーワードはおままごと感覚です)
> ただ、いずれ因果律の影響で、ママの中身の幼い恵理菜ちゃんは、心も大人の女性のママになっていくのかな?
> どう影響を受けて変化していくのか、色々なパターンを考えてみたりしてます。
> つるりんどうさん的にはどうでしょうね?

そうですね。
本人が望んでいたというのもあるでしょうが、精神的に幼い部分も『大人としての振る舞い』『大人としての判断』が迫られるところでは、因果律で本来のママらしく振る舞わされることになりますので、少しずつ大人らしさも身に付けていくことになると思います。

ママ、こんなこと考えてたんだ……大人も大変よねーという感じで、大人の自分を受け入れていく感じでしょうか。
少なくとも幼い子が考える大人の(表面的に)輝かしいところだけではないと気付いていくことになりそうですね。

この辺りのママの変化も楽しみですね!

> なお、基本は恵理菜(健太)視点なので、ママの心情の変化は具体的には書かない予定だし、基本短編なのでそこまで書かないかもです。

バスで那覇空港に移動したり、飛行機に乗ったりするだけでも大人の常識が必要になりますし……まあ恵理菜視点でもママの変化はちょっとずつ見えてきそうな(予感)ですね!

また、健太君の中身は女(の子?)みたいですね。
こちらはこちらで、反応が気になるところですが、私も優輝(美空)の方を何とかしないといけないのですよね、、、(^^;

ある母娘、中学生の場合のIFの更なる続きの方、楽しみにしておりますので、ぜひよろしくお願い致しますねっ!(^^)/

>アイラさん
お待たせしてしまいごめんなさい!!
インクエストBBSに書き込み頂きましてどうもありがとうございますっ!(^^)/
お気遣い、ご要望まで頂きまして大変感謝ですよっ!m(_ _)m

> つるりんどうさん、こんばんは
> 体調を崩されているということですが、どうぞお大事になさってください!

ありがとうございますっ!
先週末は疲れで出て、風邪気味になっていましたが、何とか回復しています。
まあ、コロナの方が心配ですけれど、暫くは新幹線移動も控えて、関東滞在になりそうです、、、

> 体調が元に戻られましたら、赤の秘石だけでなくあいり愛莉の方もお願いします!

はい! 以前もご要望が来ていましたので、少しずつ再開の準備を進めていますので、もう暫くお待ち下さいませね!!m(_ _)m

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い致しますっ!!(^^)>
[552]
お名前:N 2020/2/11/(Tue) 05:49
新作/連載中(18)のページが全年齢版と同じになっていませんか?
[553]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/2/11/(Tue) 14:31
こんにちは、つるりんどうです。

>Nさん
インクエストBBSにいらっしゃいませ!!
書き込み頂きましてどうもありがとうございますっ!(^^)/

> 新作/連載中(18)のページが全年齢版と同じになっていませんか?

ご指摘大変感謝です!!
アップロードミス、ご迷惑をおかけしました、、、m(_ _)m

修正致しましたので、どうぞよろしくお願い致しますね。(^^)>
[554]  Re:
お名前: こん 2020/2/11/(Tue) 19:13
直ってないようです・・・
[555]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/2/12/(Wed) 01:00
こんばんは、つるりんどうです。

>こんさん
ご連絡頂きましてどうもありがとうございます!!
更新直後にも確認していますが、特に問題ないように見えます。

おそらくキャッシュが残っているのではないかと思いますので、『更新ボタン』を押して再度ご確認頂けますでしょうか?

もしそれでも問題が解決しないようでしたら、お気軽にご連絡下さい!(^^)>

それでは、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!m(_ _)m
[556]  Re:
お名前: こん 2020/2/12/(Wed) 04:45
>つるりんどうさん
レスありがとうございます。
更新ボタンを押したらうまくいきました。
ありがとうございました。
[557]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/2/16/(Sun) 01:20
こんばんは、つるりんどうです。
お待たせしてしまいごめんなさい、、、m(_ _)m

>こんさん
ご確認頂きましてどうもありがとうございますっ!
無事再アップ後のファイルを読み込むことができたようでよかったです。

それでは、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[549]
お名前: 2020/2/7/(Fri) 23:59
通りすがりです。赤の秘石が面白いので、続きが気になります…!!
[551]  Re:
お名前: つるりんどう 2020/2/9/(Sun) 20:22
こんばんは、つるりんどう@関東です。

>てさん
インクエストBBSにようこそいらっしゃいました!
書き込み頂きましてどうもありがとうございますっ!!m(_ _)m

> 赤の秘石が面白いので、続きが気になります…!!

ありがたいお言葉、大変感謝です!!(^^)/
年始から再開するつもりだったのですが、なかなか余裕がなく、今年も停滞気味で申し訳ないです、、、

何とか近い内に再開していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致しますねっ!(^^)>
[548] 『曰く付きのマイルーム』58話、59話など
お名前:あまがさ 2020/2/2/(Sun) 16:36
『曰く付きのマイルーム』58話、59話などの感想です。
まず58話から、

>いや、もしかしてそ、優奈ちゃんと優輝君は……家族同士で『器選び』しちゃったとか?

もしそうなら、優輝くん的には良かったか?
いやでもその場合、優輝になった美空とのつながりは無く、その縁と流れでるかお姉ちゃんと接触する機会もまったくなかったでしょうね。
それでも家族が一緒のほうが良かったでしょうか?
番外編の事情も知っているものとしては色々考えちゃいます。
本編は本来海斗視点なのに、海斗のバカっぽい反応よりつい番外編キャラたちの反応や心情のほうが気になってしまってます(苦笑)
その辺はいずれ番外編の更新を楽しみにすることにします。

>『見捨てないで下さい』って言われて、連絡先もらったところで、マンガの相談って!?

海斗でなくても今するの? ですよね普通なら。
でも番外編の事情を知ってる読者的には、ようやく来たかですね。
それに、時間が無いから、相談するなら今しかないですしね。

>い、今何言った!????
>え、聞き違い?!
>優輝君、今『大事なワタシの体……ですし』的なこと言おうした!?
(中略)
>ちょっと待って!???
>今の間は何!?
>海音も、何悟ったような顔で、意味ありげに言ってるの!???
>あたしは通じ合っていそうな二人に焦りを感じずにはいられなかった。

新旧美空同士、察しが良いようですね。
それとも琉夏に染まった海斗が察しが悪い?
まだ萌に染まった状態のほうが察しが良かったのかもしれませんね。
……なんでだか作中の琉夏(海斗)の内心や反応を見ていたら、琉夏がおバカキャラなような気がしてきたw


59話

さて、なぜかこのタイミングでマンガの相談? でしたが、

>すごい、特徴をしっかり掴んで少女マンガ風にデフォルメされた絵が描かれてる!!
(色々中略)
>えっ、何、優輝君、中身……本当に『星美空』さんだったのー!!?
>『本庄優輝お兄ちゃん(中身 星美空お姉ちゃん)』
>一度は否定しちゃったけど、ホントにホントだった……。
>そりゃー、気絶した海音の心配をする訳だわー、ホントの自分の体な訳だし!
>あの視線の感じも納得さー!!

さすがに察しの悪い、鈍い今の琉夏(海斗)も、事情を察して納得したようですねえ(苦笑)
そしてさすがにビーチで会話を聞かれていたことも察したようですね。
とはいえ、

>そりゃ、海音が器をお借りしてるホントの持ち主である美空ちゃんだって、海音のピンチに駆け付けてくれた優輝君だって助けてあげたくはあるけど、それを言い出すと際限がなくなっちゃう。
>まだ、さっき考えてた本庄家の家族内だけの入れ替わりなら、家族全員連れて行くだけで済むけど……美空ちゃんが混じってた通り、『(優輝君)→優奈ちゃん』がイレギュラーなだけで、家族間の『器選び』になってない可能性が高いよねー。
>あの影の男性だよ?
>絶対簡単に戻れないように、ランダムで複雑な入れ替わり状態になってるはずさー!

影の男は対象者の希望はある程度聞いているし、別に意図してランダムで複雑な入れ替わりにしてる訳ではないと思うが(誘導はしているが)、結果的にはあちこちで複雑な入れ替わりにはなっているでしょうね。
影の男じゃないけど、完全に希望なんて聞いていたら、かえって収拾はつかんと思いますし。
それはまあ良いとして。

>「そうね…………マ、マックス、十人くらいかな」

私の感覚だと、正直十人はきついと思う。
さすがに言った直後に、琉夏(海斗)もまずいと思ったようですが、現実にはどこまで絞り込むことができるでしょう?
この後の話の展開で、どのくらいまで希望者を集めることになるのでしょう?

読者としてちょっと思考。

琉夏(海斗)、海音(琉夏)、美空(海音)、優輝(美空)、優奈(優輝)

この五人で妥協するのが現実的かなあ。
一人増やしたら芋づる式に人数が増える可能性もありますし、難しい問題です。
この後どうなるのか、続きを楽しみにしています。
[550]  Re: 『曰く付きのマイルーム』58話、59話など
お名前: つるりんどう 2020/2/9/(Sun) 20:18
こんばんは、つるりんどう@関東です。
先週末も仕事が入ってしまい、遅くなりましてごめんなさい、、、m(_ _)m

>あまがささん
いつもご丁寧にご感想頂きまして大変感謝です!!(^^)/
仕事がもう少し落ち着きましたら、サービス更新もできればと思いますので、
もう少しお待ち下さいませ。

> もしそうなら、優輝くん的には良かったか?
> いやでもその場合、優輝になった美空とのつながりは無く、その縁と流れでるかお姉ちゃんと接触する機会もまったくなかったでしょうね。
> それでも家族が一緒のほうが良かったでしょうか?
> 番外編の事情も知っているものとしては色々考えちゃいます。
> 本編は本来海斗視点なのに、海斗のバカっぽい反応よりつい番外編キャラたちの反応や心情のほうが気になってしまってます(苦笑)
> その辺はいずれ番外編の更新を楽しみにすることにします。

難しいところですね。
家族内での『器選び』であれば、家族の誰がどこの誰になったか探さなくてよいという利点はありますが、頼りになる美空や因果律には囚われていない琉夏(海斗)と接触することはできなかったでしょうしね。

番外編の方のキャラに感情移入して頂いているようで、作者冥利に尽きる思いです!
まあ、海斗は……琉夏と同調してしまったところが大きく影響しているようですし、その辺りはバカっぽくなってしまったのも同情の余地ありとは思いますけれどね。(^^;

> 海斗でなくても今するの? ですよね普通なら。
> でも番外編の事情を知ってる読者的には、ようやく来たかですね。
> それに、時間が無いから、相談するなら今しかないですしね。

はい、因果律のこともあり、その縛りに引っかかることなく、気付いてもらうにはこのチャンスを活かすしかなかった訳ですから、番外編側のキャラ的には必然とも言えるでしょう。(^^)/

> 新旧美空同士、察しが良いようですね。
> それとも琉夏に染まった海斗が察しが悪い?
> まだ萌に染まった状態のほうが察しが良かったのかもしれませんね。
> ……なんでだか作中の琉夏(海斗)の内心や反応を見ていたら、琉夏がおバカキャラなような気がしてきたw

そうですね。新旧美空同士、通じ合えたようでよかったです。
旧美空側としては、信頼できそうな海音が入ってくれていて少しばかりホッとできた感じでしょうか。

琉夏は……元々成績も海斗と同じくらいの出来で、萌や美空たちに比べるとやはり抜けているところがあるのは確実ですから、同調し過ぎたのは失策だったと言えるでしょうね。。。(−−;


> 59話
> さて、なぜかこのタイミングでマンガの相談? でしたが、
> さすがに察しの悪い、鈍い今の琉夏(海斗)も、事情を察して納得したようですねえ(苦笑)
> そしてさすがにビーチで会話を聞かれていたことも察したようですね。

59話にもご感想頂きまして大変うれしく思いますっ!
どうもありがとうございますっ!!(^^)/

本当に優奈にマンガを描けるだけのセンスがあってよかったですね。

> とはいえ、
> 影の男は対象者の希望はある程度聞いているし、別に意図してランダムで複雑な入れ替わりにしてる訳ではないと思うが(誘導はしているが)、結果的にはあちこちで複雑な入れ替わりにはなっているでしょうね。
> 影の男じゃないけど、完全に希望なんて聞いていたら、かえって収拾はつかんと思いますし。
> それはまあ良いとして。

まあ、影の男性は、同期体の状況も把握しながら、自分が楽しめるように誘導しているところがありますから、希望を聞いているといっても、そうとう自分好みの展開にもっていけるよう選択肢を狭めていると言えるでしょうね。
それに、回数を重ねるごとにただの『器選び』では満足できなくなったのか、更に面白い状況を作るべく、タイムリープ+強制入れ替わりまでやってのけてますし、本当に自由な方です……巻き込まれる方は大変ですが。

> 私の感覚だと、正直十人はきついと思う。
> さすがに言った直後に、琉夏(海斗)もまずいと思ったようですが、現実にはどこまで絞り込むことができるでしょう?
> この後の話の展開で、どのくらいまで希望者を集めることになるのでしょう?
> 読者としてちょっと思考。
> 琉夏(海斗)、海音(琉夏)、美空(海音)、優輝(美空)、優奈(優輝)
> この五人で妥協するのが現実的かなあ。
> 一人増やしたら芋づる式に人数が増える可能性もありますし、難しい問題です。

ご考察頂きましてどうもありがとうございますっ!(^^)/
(優輝)、(美空)にしても家族も一緒に元に戻したいというのはあるでしょうね。
まだ中学一年生ですし、(現状では)家族の中に赤の他人が入っている状況を受け入れがたいでしょう。

そうなると、海斗が言った人数もあながち悪くないようにも感じますが、海斗にそこまで状況コントロールできる能力があるかというとやはり厳しいでしょうか。

> この後どうなるのか、続きを楽しみにしています。

はい、ちょっとまだ暦通りに休めるか、微妙ではありますが、祝日サービス等で何とか進めていければと思いますので、どうぞお楽しみに!

それでは、またどうぞよろしくお願い致しますねっ!m(_ _)m


各ページには親記事数で9件ずつ表示されています。 記録できる記事の総数は親子合計で100件です。

このページのトップへ

-- Album BBS v1.2 rp --